ウサビッチさんの最新Blog

*メンバー様のプロフィールを詳しく見るには、ログインする必要があります。   ブログ登録の説明
*ブログのタイトルに[PR]と表記されたものは、ブログシステム提供会社が表示しているPR広告です。
2019年10月10日 19:32
泣いてるのは虫歯と違う
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
. これは肩が痛いから泣いてるんじゃない。母の介護が煩わしいと思って泣いているんじゃない! 銀行に行けないから…… 外へ出られないから…… 風呂もシャワーも全然浴びる余裕がないから…… 家族全員病院通いで忙しいから…… 夜に起こされるから…… . . . . そんな、その程度の事で、 ジッと車の中で大声で泣いているんじゃない! そんな事じゃないんだ!!! . . . . . 何故だ? 本州で北緯39度線と言えば、泣く子の涙さえ凍る寒い所なのに、しかも10月も中旬なのに、 . . やたら 暑い!! 暑いぞ!! いつまでも暑いんだ!!! もう汗をかくのも沢山だあああぁぁ~~~あぁ! . . . . 以上、今日の愚痴と雄叫びでした。 . ....ブログで全文を読む
2019年10月10日 13:10
愚痴溜まり
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
溜まって溜まって胸の中が窒息しそうなので一旦ここに吐き出します。 銀行に行きたい! 湿布が欲しい! 痛め止めが無くなった。バファリンが欲しい! 冷蔵庫がガラガラ! カップラーメンでも買いたい! 野菜が食べたい! 夜全然寝れない! 眠剤効果なしだが朝が来てから眠くなり昼間活動出来ない! 夜呼び出しチャイムで呼び出される! 母、ボケ率70%ぐらいで進行中! まだ秋来ない。暑い!未だににTシャツで夏バテ進行中! 梅干しが大量に欲しい! 漬物の塩分が少なくその分を唐辛子で誤魔化してる! 偽物漬物、消えろ! 辛いと利尿作用でトイレばかり行く! 減塩糞食らえ! 湿布と筋弛緩剤が欲しい! ああ、買い物に行きたい❗ . . . . 階段疲れる! ...ブログで全文を読む
2019年07月12日 02:12
四回目の輸血
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
梅雨は苦手だ。 . . 汗が蒸発しないまま皮膚にへばりついて、尚一層身体が蒸し暑くなる。 . . 母の診断確定から1ヶ月が経った。 貧血予防の輸血を続けているが、これまでと何ら変わっていない。 . . . 私は今も、今でも、この決断で良かったのか迷っている。 . . . 多発性骨髄腫には幾つかタイプがあるようだが、どんなタイプであろうと治療方法は同じ。 . 使用する薬剤も同じだし、その後の移植も同じ。 更に言えば、治癒する事はなく再発しては抗がん剤治療の繰り返し…… . 結局、骨破壊が進行し死に至る。 ハー・・・(;´Д`) . . . 骨破壊の無い白血病と異なり、多発性骨髄腫には『年齢制限』がある。 . 治療推奨は65歳までで、それより高齢の場合、治療対象から外れている。 無論、本人や家族が承知で治療を望むなら別だが、高齢の場合、逆に抗がん剤の副作用で悪化したり、認容性で苦しむ事になると…… . . つまり、抗がん剤治療は若い人が対象となる。 最初に異常を発見した病院も、母が膝の人工関節の手術をした病院も、そして医大の医師も同じ意見だった。 . . 治療の苦しみは耐え難く、むしろ自然な成り行きにまかせた方が良いと……。 . 元々骨は弱く、脊柱管狭窄症の手術もしているので、病院通いが絶えなかったが、若い人でも、男女とも発症する病気である事から、必ずしも骨が弱いから発病する訳でもなさそうだし……。 . . . 役場から介護認定で、家の中で使う車椅子とおまるがレンタル出来た。 買おうと思っていたので、これは助かった。 . . それから日中、居間で過ごせるように、リクライニングのソファーベッドを購入。 テレビを見ながら家族と相撲を観たり、食事をしたり。 . . . いつ自力で食べられなくなるか分からないが、その日まで、母と一緒に過ごす。 . それが、私の生きている意味なのだから……。 . . . . ....ブログで全文を読む
2019年06月05日 00:35
確定診断持ち越し
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
暑さも一段落した四日、母が 総合病院を退院。 血液を専門とする別の病院で診てもらう為、紹介状を書いてもらった。 岩手県内で血液腫瘍を診る事が出来て、抗がん剤治療が可能で、無菌室のある病院は3つ。 最も強く薦められたのは、赤十字病院だった。 総合病院から比較的近いと言う事と、 岩手医大が9月に場所を市内から大きく大移動すると、 通院がやたら遠くなるからだ。 しかし、どんな診断で、どんな治療になるかは分からないが、 造血幹細胞移植が出来るのは、東北では、岩手医大と宮城の東北大学しかなく、あとは東京になるらしい。 母は高齢なので、移植の前治療そのものが難しい。 しかも再発のリスクはさほど変わらないと言う。 それならば、医大か、中央になる。赤十字はやはり遠いのだ。 多発性骨髄腫は未だに完治が望めないという難治腫瘍で、しかも寛解しても多くが再発する。 治療薬の進歩は、この3年余りで劇的変化を遂げたが、高齢者に多い事もあり、強い薬は使いにくい。 年齢を考慮すると、経験豊富な専門医の判断にゆだねるしかないのかも……。 . . . ....ブログで全文を読む
2019年05月23日 01:25
人にも換毛期はあるのか?
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
犬や猫には換毛期という体毛の生え変わる時期があって、春先に脱毛し夏用の毛に生え変わり、秋の終わりには再び換毛期が来て、冬毛に生え変わる。 人間でいう五月病は春から猛暑の夏に身体が切り替わるまでの不調かと思いきや、なんでも憂鬱な精神病らしい。 しかし、急に気温が高くなったり、夜中も暑いと気温の変化になかなか付いて行けない。 しかも朝はまだひんやりすると、身体がジタバタしてしまい、昼間は暑くと身体がダルく眠い? そして夕方になると元気になる……という昼夜逆が起こるのが『わたし 』。 実に厄介だ。 最近はその昼夜逆が激しいので、直近5月の気温を調べると、15日を境に最低気温が10度を越えている。 それ以前はずぅーっと5度以下だったのが、急に高くなり…… つまり16日以降、夏バテ☀️??になっていた。 気だるく、ずっと眠いのは家中脱水の熱中症! 早っ! それはさて置き、今日、母が入院した。 以前、膝関節の人工関節置換術をしてもらった所。 どういう診断になるか分からないが、色々な精密検査をすると言う。 しかし個人の整形外科でも、今度の外科でも気付かなかった臀部の尻もちを、まさか内科の先生が、 『臀部、骨折してますね』と見つけてくれた。 見たのは単純なレントゲン写真なのに、まさか内科医が発見するとは……何んてこった❗ そのせいで、あんなに痛がった訳だ。 ようやく納得が出来た。 しかも、既に少し石灰化しつつあり治り始めていると。 あとはただひたすら大事にならない事を願うばかり。 . . ....ブログで全文を読む
2019年05月22日 05:46
母、入院す
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
またしても戻って来ました。 意外にソーシャルメディアは沢山あるのに自由に呟き、書ける場所がなく、結果ここに戻る事になりました……かな。 母が今月、家の中で転び臀部を打ってから歩けなくなった。 暫く湿布や痛み止めを飲んだり介護保険でマッサージを受けていたが、 痛みが引かない為、脳神経外科で診察を受けた。 この病院は過去に、脊柱管狭窄症の手術を受けた所。 直ぐにCTとMRIを撮り、結果、側湾症と診断され5月13日に入院したものの、その後、血液検査で重度の貧血と判明。 転院する事になり、15日に退院。 斯くして総合病院への紹介状を書いてもらい、慌ただしく本日入院する事に…。 事前のX線で、強打した尻にぶつけた跡がクッキリ写っていた。 あらら、脳神経外科のレントゲンには何も映らなかったのに、どうした事か? 臀部の傷にヒビはなく治り掛けているとの事。 では足腰が痛くて歩く事さえ出来なくなったのは貧血のせいなのか? 母、本人に眩暈やクラクラの症状はなく、不自然な皮下出血もない。 何がどう悪くて自力で歩けなくなったのか、調べてもらうしかない。 謂わば検査入院の様な感じだが、期間がどれくらいになるかすら未だに分からない。 ...ブログで全文を読む
2018年03月01日 23:35
冬眠から醒めて
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
お久しぶりの更新。 まるで、今年の冬を乗り越えた野生の動物たちの様に、やんわりと温かさを感じる気温に、ホッとするばかり。 北陸の豪雪も凄かったですが、ここも、観測史上最低気温を記録するなど、 2月は6日間連続、一日中氷点下を記録‥‥。 最低気温はマイナス20℃付近をウロウロ。 積雪量は2月14日以降、90㎝以上となり、ここでも210㎝まで到達。 しかも連日真冬日が続いたので、降り積もった雪がそのまま減る事もなく、 ずぅーっと壁の様になったまま‥‥。 この雪は、5年ぶりと言う事でしたが、やはり、寒さと雪のダブルは、 史上最悪と言われた、『三八豪雪』を思い出したほどでした。 きっと「冷凍怪獣ペギラ 」の仕業なのかもしれません‥‥ しかも大雪の2月19日、初めて雪かきをしてしまいました 氷点下15℃の中、ほんの少しだけ、玄関先を。 で、凍った冷気で気道が狭くなり、呼吸困難に‥‥アレーーーッ! 慌てて、苦しい呼吸の中、玄関の中へ辿り着き、バッタリ!! 気が遠くなりかけて、ようやく深呼吸をして、危機一髪! ヒーフ―ヒーフ―ヒーフ―ヒーフ― 玄関の廊下に倒れたまま、ボヤーーッと腹式呼吸をしてました──。 そしたら、両親が病院から戻って来て、 母に、注意されてしまった さすが、軽自動車でも4WDなら、多少雪が積もっても、グイグイと押して進むとは、 とんだ無駄骨でした‥‥。 除雪機があるんだから、手で雪かきする事はもうしない事にします(猛反省) でも不整脈のように、胸が苦しい事はなく、 そこはペースメーカーが上手くコントロールしてくれたんだと、感謝するばかりです。 そして27日、3ヶ月ぶりの病院。 乾癬の軟膏が無くなり、悪化してしまったので、紫外線治療と軟膏の処方箋。 更に、肝臓内科では肝エコー。 更にさらに、心血管内科での診察と、午前~午後までビッシリ! おまけに相変わらず、病院は暖房が効き過ぎ。 先生も看護師も全員半そでだから、相当温度が高いのだろうが、それにしても他の患者さんは、汗をかく風でもなく、コートを着て、帽子をかぶって‥‥。 あたしゃ、毎回、タオルで汗ふきに大忙しですよ。 ホントに半そででもいいくらい‥‥とか言ってると、外は極寒だしねぇ~~ その結果、案の定、脱水状態となって、昨日は全然起きれない いつもなら、ポカリスエット900mLを2本買ってきて、6時間置きに丸ごと1本ずつのむのだが、 疲れてしまって、何も買わずに帰宅。 そこでインスタント味噌汁をカバカバ飲む やれやれです。ブログで全文を読む
2018年01月07日 19:55
銀河ラーメン
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
久しぶりの病院… しかも、眼科の定期健診は瞳孔を開くので、検査が終わっても、 約5時間‥‥、 眩しくて、夜の道など車で帰れたもんじゃない訳である。 そういう暇な時間が出来たので、 なんと、15年ぶりくらいで、病院の食堂で、ラーメンを食べた (むろん、カップラーメンではない) ツユの中に油が浮く、本物のラーメン タイトルは【銀河ラーメン】 見た感じ、インスタならぬ、写真映えはしない感じ… ちょっとメニューの写真と違うが、まぁ、久しぶりのラーメンなので、興味津々。 最初は『シンプルな醤油ラーメン』で、あっさりしてちぢれ麺が美味い 中央の白い塊りは食べたが、何か全く分からなった。 (卵でもなし、アイスでもなし、ヨーグルトでもなし、不明な味) そして、その下の茶色っぽいものが、徐々に溶け出すと、 これが『味噌』だった。 つまりこのラーメンは、食べ始めは醤油ラーメンだが、途中から、味噌っぽいラーメンに変わるのである。 しかも、過去にたった一度だけ食べた事のある『じゃじゃ麺』の味噌のように、 やや酸味がある。 結果として、【銀河ラーメン】と言うメニュー名の由来を何となく理解し、 美味しく全て食べ終えた。 ゴマの風味が一番良く、アイデアの苦労が伺える一杯だった。ブログで全文を読む
2018年01月04日 16:23
快晴なれど
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
年が変わって、晴れの日が続く。 * * * しかし、さて、何をするべきか? ぼぉーっと過ごすばかり。 * * * * 考えて見ると、何故、「町民大運動会」の行政区の名前が、突然、5区・6区に変わったり、〇〇部落から〇〇行政区の呼び名に変わったのか?? * * 唐突に変わったから、「5区ってどこだ?」とか「〇〇行政区ってどこぉ?」と、あたふたするばかり‥‥ うちの親も唖然としてましたし‥‥ * * 広報にも何も書いてないから、ビックリさ! * * * * なんか風の便りによれば、西日本の方で『部落差別』が何たらこうたらで、そのトバっちりで『部落』と言う呼称を廃止して、何んたらかんたら‥‥で、いきなり数字にされたんだとか! * * 又かよ! 又しても、東日本・西日本の差別発言のしわ寄せかッ!! * * * * 村八分とか、ゴミ集積所使わせないとか、祭り不参加者は金払うとか…、 まぁ差別のオンパレードの関東甲信越地方や関西や中国・四国や九州の、今も蔓延する住民差別のトバっちりで、 そんな、 戦国時代の落ち武者の里じゃあるまいし、よそ者排斥にも程がある。 * これじゃアメリカの移民排斥とおんなじ様なものじゃないか‼ * * 岩手県で「部落差別」なんか聞いた事ないし、普通に使ってたし、 だいたい、この辺の家には殆ど表札が無い。 * * 家を自慢したり誇示したりしないし、転居者に自治会費の強制支払いも無い。 みんな事情があるし、収入にも差があるからね。 * * * 誰彼構わず有無を言わせず、ゴリ押しや因縁つけて無視って、明治政府の弾圧や刀狩りの時代じゃ有るまいし、いつまで戦国時代の領主気取りなんだ?! * * * そい言う悪しき慣習は、さっさと止めてもらいたいし、こっちにまで押し付けらるのは甚だ迷惑です。 * * * * それからさ、スッゴク疑問なのは、東京・千葉・神奈川・埼玉とか、愛知とか、大阪のように、面積が狭くて海に面している大都市って、毎日甚大且つ膨大なゴミが出ると思うけど‥‥ * * 燃えるゴミの燃えカスや、大きな粗大ごみ、産業廃棄物から家電ゴミや、食べ残し残飯からカセットボンベのような不燃ゴミまで、ありとあらゆる膨大なゴミはどこへ? * * どこでどんな風に処理され、有機化合物はどうなっているのか? それらは染み出したり、漏れだしたり、空気中に漂ったり、海に混じったり、地下水に滲み出たりしないのだろうか? * * 未来永劫、環境を汚染する事は無いのか? 東海道線かどこかで、鉄道の架線が海水で腐食し、火花が出たとか‥‥ それは時が経つと、海水に浸食されるし、海水が汚染されていれば、沿岸には何が蓄積しているか分からない、と言う事なのか?? * * * 東京湾夢の島は、今どうなっているのか…? * * * * まあ、そんな事拙者が気に掛けても仕方ないので、どうでもいいんですが、米軍の弾道ミサイル早期警戒衛星が軌道高度を数十キロ下げたとも伝えられているので、次に高高度軌道弾道ロケットを打ち上げたら、潜水艦発射迎撃ミサイルがアリューシャン列島沖から発射されるかも~~。 エンジン点火と同時に熱源を捕捉出来るから、戦闘機なら滑走路で離陸の際、アフターバーナー点火で探知しロックオンされるからね。 だから米軍のステルス爆撃機は、アフターバーナーが外に漏れない構造なんだって。 * * * *ブログで全文を読む
2017年10月30日 15:35
前田亜季ちゃんの3年前の映画「やがて水に歸る」が陽の目を見る
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
平成になって29年、それもアト2か月を残すばかり。 振り返ると、今年の夏は暑い日が長く続いた気がしますなぁ‥‥ 毎年夏は、ナイアガラの様な汗をかきながら、病院に行ってましたが、 今季は、5月から9月まで皮膚科には一切行かず、ただひたすら麓に籠ってました しかし、軟膏が切れて、背中とか腕に乾癬が復活して来たので、 10月中旬、ようやく行って来ました。 そんなこんなで、只今、 わたくし『脱皮』の真っ最中でございます そして、とうとうTwitterと言う手段に、手を染めてしまいました。 そしたら、前田亜季ちゃんの映画の小さなニュースをキャッチ 12月2日から、単館モーニングとレイトショーと云う事ですが、勿論、麓住まいには見に行けるはずもなく‥‥ それがこちら 【やがて水に歸(かえ)る】 スポットライトを浴びる事が無かった、無情報の映画が、陽の目を見る事になったようです。 いい事じゃないですか えぇ~~と、どんな経緯かと云うと、 亜季ちゃんの母校、桜美林高校の上級姉妹大学「桜美林大学」の映画専修共同研究作品…らしい。 その縁で、桜美林大学総合文化学群教授の榎戸耕史監督(魚影の群れ、晴れ,ときどき殺人、台風クラブ、ポップコーンLOVEなど)が、2014年に監督した作品…らしい…らしい。 亜季ちゃんは単発ドラマには、結構出演してますが、2013年1月公開の映画「青木ヶ原」に出演以来、全くのご無沙汰‥‥ とは言っても、毎度DVDレンタルですが 『やがて水に歸(かえ)る』は、 桜美林つながりで出演したんでしょうか とにかくいがったいがった 名前順では一番先頭なので、「主演」かな… DVDになる事を期待して待ちましょう!ブログで全文を読む
2017年10月24日 18:38
またたく間に過ぎて…へこきむし襲来とインド?
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
ぬぐだまる日々が続く中、連日、大騒ぎの台風21号と、衆議院選挙が、 強風と共にアッと言う間に過ぎ去った今日、 更新が空いてしまい、何を書いてよいか、頭を絞りつつ、綴ります。 いやはや、選挙の区割りがとんでもなく変形して、何んでも本州一広いらしく、その範囲が凄い事になってしまって、すっかり興ざめしてしまいました。 もう、いっその事、岩手県は北部と南部の2選挙区でもいいくらい……呆れ返ってしまった。 何だったら、隣の秋田県大仙市に投票したいくらい、めちゃめちゃ範囲が広くて、この大きさは青森県に匹敵する9650平方キロとか。 そこに2人の候補だからねぇ、無投票当選に近いよね、これは。 やれやれ……と。 先月一旦、冷え込んだ折には、慌てる隙もなく、鼻カゼを1週間ほど引きずってしまったが、 再び暖かくなって、岩手山、駒ケ岳も初冠雪し、早々に紅葉を終わり、 もう冬かぁーーーと思っていたが、 ここで思わぬ敵が襲来した! こいつだ! 触ると、クッサーい、へこき虫…かめ虫だ。 10月になってから、急に網戸にへばり付き、いつの間にかマジックの様に、中に侵入している…ワナワナ。 触ると臭いので、即座に殺虫剤を噴射!! それでも、やはり臭いを放ち、バタバタしてる・・・。 こ奴ら、いきなり網戸の手前側にへばりついているので、窓を開けたら、直ぐ入り込んで来る厄介な連中! 朝が氷点下になったら活動も収束するだろうが、 こ奴ら、そもそも稲刈りの時期に、どこからともなくやって来て、稲にくっついていて、 コンバインで稲刈りが終わると、田んぼから、飛来して来るようだ。 しかし窓を開けて換気するための網戸に、「これは足を引っ掛け易い」とばかりに、狙い撃ちして来るから厄介。 今年、これだけ襲来すると言う事は、メスが一杯誕生しただろうから、来年も厄介だな…… 福田こうへいさんの「南部蝉しぐれ」の歌碑が、建っちゃった まさか福田こうへいさんが、地元の出とは、まったく知らなかった…。 民謡を歌っていた、と言う話は聞いてたが、まさかねぇ…。 ここは確かに民謡の街ではあるし、小学校の運動会では、最後の締めに、「よしゃれ」を全員で踊るし、 多分、街人全員、踊れると思うし、地元の民謡の会には、幼稚園頃から多くの子供が手習いに通い、発表会も年に何度もあるし。 そこそこ有名な歌手とか呼んでも、有料で、金額が高いと聴衆は少ないが、 民謡の大会や発表会となると、様相は一変して、 多少入場料を取られても、朝から並んで、超満員 しかも郷土芸能発表会ともなると、朝から夕方まで、延々民謡と手踊りが続くが、誰も帰らず、休憩なしで続く。 昼食は、好きな時に、手弁当を広げて食べ、ただひたすら、民謡に酔いしれる…。 その道では超一流の、民謡細川会は、『全国民謡民舞大会』で、連続、内閣総理大臣賞に輝き、全国民謡大会も開くし、民謡と手踊りの宝庫で、しかも幼稚園児から、小中高、20代~高齢まで、出るわ出るわの凄い人数。 年に一度開催される、「南部よしゃれ全国大会」は、数十人が各部門別に歌い、頂点を決める大会なのだが、凄いのは、最初から最後まで全員同じ歌を歌う(当たり前ですか…)。 これを聴衆は、飽きもせず全部聞く訳で、その熱心ぶりには舌を巻く。 だいたい50人、70人ともなれば、さすがに飽きて来るものだが、どうやら、微妙な違いが分かるらしい…。 だから民謡を聴く耳と目(手踊り部門)は相当肥えてるはず。 でも、まさか福田こうへいさんがここの出だったとは…。上手い筈です。 民謡を極めたい、と言う人は是非、移住して下さい。 更に、もう一つ、変化が。 今まで、確かラーメン屋だったと思うが、 46号線の盛岡市内に入った所に、『インド料理店』が出来ていた そして、横の階段から現れた、初インド人に遭遇 確か、ラーメン屋さんだったような気がするが、唐突に、インド料理店に変わっていて、驚き。 しかも何と、小岩井農場へ行く十字路のドライブインにも、インドカレー店が出現 こちらは、インドカレー始めました、と言う事らしいが、本場のシェフが作る・・・とデカイ看板が登場。 どうしたんだ このいきなりのインド料理ブームは 今月、障害基礎年金の更新だった。 久しぶりに役場に行ったら、元役場の出先機関の職場で一緒だった人に会って、ちょこっと話が出来た。 まだ病気になる前の、懐かしい時の一コマが甦って来た。 職場の人たちに連れられて、人生初の「じゃじゃ麺」を食べた事を思い出した。 もう随分前の話で、みんな定年退職して、今どうしているのだろうか…。 . . . .ブログで全文を読む
2017年09月06日 15:11
三分の二
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
随分とご無沙汰してしまいました。 取り敢えず何とか元気ですが…、 うぅ~む、今年の夏は暑い期間が長くて、3回、脱水症状に陥ってしった。 しかも、ダイエットも重なり、しんどい夏でした。 伸びた向日葵も、頭を垂れて、夏の終わりを告げている。 8月は何度も病院で検査があり、暑さに輪を掛けてバテる日が増えたのがしんどかった。 9月。 朝は程好く、10度台で肌寒いものの、まだ9℃以外にはなっていないので、未だTシャツです。 日中が25℃位なんで、暑い方がやっぱり厳しい! そんな暑い中、恒例の心エコーの結果が意外な程良くなく、 現在の心機能のうち、全身に血液を送り出す力が、三分の二になっている…… と言う診断。 2010年のペースメーカー埋込み時より、やや弱いと…… しかしその弱いは去年と変わらない… との慰めの言葉を戴いたものの、 こればっかりは、逃げられないな… やっぱり、やっぱり、このタイトルを想い出しました。 もう直ぐ「電池が切れる」ので、交換手術を受けますが、 次の交換まで生きているか、 心配ですがねぇ~~。 そんな事を、この何日間、考えてばかりいます。 医療の進歩で、これまで何度も命を助けられて来ましたが、あとどのくらい心臓がもつか……。ブログで全文を読む
2017年02月12日 21:50
嫌いじゃないけど好きでもない
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
朝、今季、初めての家庭用除雪機で雪かき。 それ程、今年は少雪となっていて、奥羽山脈の麓の盆地らしからぬ、楽な冬 しかし気温は、平年のごときで、ここしばらく真冬日が続いている。 国道の積雪は、こんな感じ・・・ 近くの御所湖は、こんな感じ・・・ 橋の所に、微かに鳥・・・(鴨?かも) 湖畔の道路を走って見ると、ちょっと多めの鳥の群れ。 氷ぎわで休憩。 近づくと、ワヤーっと手前から飛び立った。 今年、白鳥の姿は見当たらない。 元来、大雪になっても、ならなくても、うちの周りでは屋根の雪下ろしはしないので、降って、積もってもほったらかし‥‥ 基本的に昔は萱葺屋根で、年月が経ち、その萱葺屋根を銅板屋根に張り替えたものだから、勾配がきつく、足場を組まないと屋根に登れないし、雪下ろし要らず。 近年、豪雪と言う年が減っていても、新築の家はやっぱり勾配がキツイ! そりゃぁ屋根の雪下ろしは、それだけ難儀だからねぇ。 しかし何故か、目と鼻の先の三つのスキー場には、雪がどっさりあるようだが、 麓まで雪が辿り着かない年が増えている―― しかも今年はまだ一度も、マイナス20度を下回っていないから、やはり「温暖化」なのか・・・・ それより苦労しているのが、 肝臓内科の先生に言われた‥‥『腹八分目』と『肉を食べる』のふたつ。 小学校以来、事ある毎に、肉を残し、肉を避けて来た人生で、 この期に及んで、『肉を食べよう』とは、ご無体な! しかし全くのベジタリアンではない。 空腹で、肉が焼いてあり、タレで味付けしてあれば、何とか食べる事も出来る。 だが、自ら率先して食べようとは思わない‥‥ つまり、完璧に嫌いじゃないけど、好きではないのだ。 微妙~~~ 斯くして、去年より、積極的でなかった「肉」を、やや増やしている。 「焼き鳥(ネギマ)」、「鳥もも肉の唐揚げ」、「牛肉コロッケ」、「親子丼」など‥‥ そんな挑戦のような日々を過ごしていると、 去年10月、テレビにいしらさん、いやいや石田ゆり子さんが料理番組に登場し、 こうおっしゃった―――。 『35歳くらいから、肉を食べたほうがいい』と! う、ウロコが落ちた、とはこの事かぁぁぁぁ!! では、そのシーンをちょっとプレイバック! 確かに、肝臓内科の先生も、米は糖質なので、「脂肪肝」の人にはあんまり良くない。 それより豆腐とか、肉を食べてみましょう、と‥‥。 もちの論、石田ゆり子さんが、女子栄養短大を出ているのを知っていたので、 やっぱり肉か! 肉なんだねぇ・・・! 納得!! しかしほぼ毎日は無理なので、 週2回ぐらいは、コンビニ(ローソン)で、 生姜焼肉弁当を買い、カツ丼弁当を買うようになった。 これは、私の人生に於いて、劇的変化と言えるもの。 焼き肉の焼き方も分からず、巷に林立する焼き肉屋へも一度も入った事が無いのに、この期に及んで肉をメニューに加えるなど、予想もしなかった。 ・・・そして本格的に肉(味の付いたもので焼いたものに限る)を少しずつ取り入れて、3カ月余り‥‥ どうにかタレの味で誤魔化しながら食べている。 果たして、体脂肪は減ったのか? 肝機能値は改善されたのか? 通電する体脂肪計に乗れないので、血液検査をしなければ分からない。 持久力は付いたような雰囲気なのだが‥‥ブログで全文を読む
2017年01月25日 19:41
なんて雑なspモード
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
近い将来、確実に姿を消すだろう、これまでのガラケー。 docomoの携帯を3年使って来て、折りたたみ部の接触不良なのか、時々、動作しなくなる事があり、 充電端子の接触不良で、満杯充電にすご~く時間が経かるようになり、 遂に、機種変更する事に‥‥ しかし無論、スマホは高くて、年金暮らしには買える値段ではないし、使用料も高い。 そこでチラッと目・耳にした、ガラケーなんだけどスマホの様にWebが見られると謳う、 spモードの携帯に変えて見る事に‥‥ しかしイザ買い替えて使ってみると、ヒドイ!! まずビックラこいたのは、同じメーカー製なのに、 「戻るボタン」が逆になり、しかも右上に変わっている。 何故、こんな小細工をしたんだ?! 更に驚いたのは、「アプリをダウンロードしてください」と頻繁に表示されるのに、一つもダウンロード出来ない。 追加のアプリはメーカー(シャープ)提供のものだけで、それ以外は全くダメ!! それなのにサイトを変えるごとに、毎回毎回出てくる‥‥。 更に雑なのは、OSをAndroidと認識している為か、サイトは表示されるが、全くクリック出来ない。 クリック出来るのは、赤枠で囲まれた所のみで、それ以外では無反応! しかもどのボタンや項目がクリック出来るのか、スクロールしないと分からず、googleの検索サイトやブログサイトでは履歴を全削除しないと、ログアウトが出来ない!! 最も厄介なのは、芸能人の多いアメブロで、プロフィールが全く表示されない事。 しかもブログタイトルの下にデカイ広告が表示され、更に画面の下にも広告が現れるので、携帯の小さな画面では本文が殆ど見えない。 スクロールしても広告が追って来るので、全文読むのに、かなりの時間が掛かる。 iモードでは、様々なニュースサイトで記事をクリックして表示させた後、「戻る」とカーソルは同じ位置だったのが、 spモードでは、必ず、しゃにむに、トップになっている。 なんだ、この煩わしさ、と言うより雑なプログラムは‥‥。 なので、記事の先を読むには、また同じ位置までスクロールさせる必要があり、 ただひたすら、超不便!! とにかく事ある毎に、Google Playが表示されるものの、「利用できません」の拒否が表示されるのは、 甚だストレスなり!! 無理矢理、ガラケーの身体にAndroidを組み込んだものだから、 プログラムがかなり雑ッ!! Androidなら、それなりにGoogle Playのアプリを利用できればよいものを、シャープで用意したもの以外は受け付けないって‥‥ そして輪を掛けてややこしいのが、スマホもどきのキーボードのタッチパネル風モード。 EXとやらだが、これが曲者‥‥! 現れるものの、横スクロールがなかなか反応しなかったり、 カーソルに切り変わったり、挙句にクリックしても全く反応なし!! 目的の場所をクリックするには、結局、カーソルより、「下」ボタンで移動してからクリックとなる。 タッチパネル風モードは、大まかに画面を移動させるのみ。 最悪と感じたのは、Wikiのサイト。 Wikiのサイトで見かける「折り畳み式」項目だが、これを開く事が出来ない!!! この項目を見るには、親切に現れる、Wikiサイトの「パソコン」表示のみで、 ここをクリックすると、全体が表示されるが、勿論、携帯画面の小ささから、全く読めない。 拡大表示しても、横移動が出来ないので、文章が読めない。 これはもしや、虫眼鏡でも使えって事かァ-----------?! これは、ただ単に「表示」されるだけで、全く無意味。 いやはや、何と無駄な事を!!  ドラマ「トリック」の山田奈緒子のセリフが、後から後から、連発しまくりじゃわい!  己、謀ったな‥‥?! 貧乏人を欺き、こんな雑な製品を送り出すとは・・・ む、無念じゃ・・・・・・ しかしガラケーをもう1台と言う事も出来ず、 もはや消滅の危機にあるガラケーにも戻れず、 このspモード携帯は、しばらく休眠します! やはり、台湾の鴻海に身売りしただけの事はあります。 旧来の使いやすいシャープ製品のイメージは、一気に崩れてしまいました。 尚、スマホにはしませんので・・・・ブログで全文を読む
2017年01月09日 03:25
どうした眠剤
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
去年暮れ頃から、眠剤を飲んでも、頭がハッキリして眠れなくなってしまった……。 理由は分からない。 長い冬の夜が…、 しらじらと明け、ぼんやり明るくなると、睡魔がやって来る日々。 しかしこの状態は明らかに異常なので、 精神科に相談のため、急遽行って来た。 それまで普通に効いていた眠剤が、全く効かない! 実は、2カ月前、それまで飲んでいたブロチゾラムが長く効くので、超短期作用薬の、ルネスタ錠に変更したばかり。 ルネスタは新薬で、寝つきが良くなると期待したが、 眠気が来ない。 結局、夜明け近くなると、自然に眠くなる。 これでは昼夜逆転じゃないか!! 眠剤の意味が無い! 斯くして、眠剤を変更して貰う事に…… と言っても、再びブロチゾラムにしようか迷ったが、 結局、新しい薬剤ではなく、昔ながらのハルシオンの後発品と、 抗不安薬のロラゼパム錠を一緒に飲んで見る事に……。 そして二日。 余り効き目を感じない…… 今年、還暦を迎える身と言う事で、1人寝が寂しくなったのか? 自身の気持ちを、推し量る術すら見つからない。ブログで全文を読む
2016年11月16日 17:18
更新
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
雲間からスーパームーン。 人間が考えたゲームに果敢に挑み、クリア出来る人を見ると、その動体視力と言い、先を読む力と言い、他にもその能力を活かす事が出来るのではないか と思ってしまう程、尊敬してしまうのだが‥‥ ポケGOは、スマホが無いので、全く訳が分からない その昔、ファミコンの将棋ソフトで完膚無きまでに敗北して以来、computerゲームには勝てないと悟り、 以来、全くトライした事はなく‥‥、つまりはゲーム機としてのスマホに興味は無いのだが‥‥ 「iモード」ガラケーからドコモが撤収すると言うニュースは、 些かショックなのだ LINEと言う名のコミケツールも、SNSも、おちゃらけ写真も必要ない貧乏人に、 高額なスマホを買わせようと言う商魂は、まだまだ使える物を「ゴミ」として廃棄し、 無駄に高額な物品を買わせる、勧誘商法と言うか、悪徳商法に近いな 携帯メーカーは、いつから宝石の通信販売の、更にお薦め商品攻勢のような、御下劣なメーカーになってしまったのか アナログTVに何ら不自由なく、まだまだ映るので使っている我が家にとって、家電は壊れるまで使うのが至極当然の筋なので、「iモード」を手放す気は、まだ無い。 「i menu」と「NHKニュース」が分かれば、今の所、不自由は無い しかしそんな地方の、片田舎の、貧乏人の意見に耳を傾けていたら、商売は成り立たない‥‥。 と言う事で、この世から間もなく携帯電話は姿を消すのだろう‥‥ おっと、愚痴が長くなってしまったが、 先週、ようやく副鼻腔炎も軽快して、免許証の書き換えに行って来ました 更新期間が、誕生日の前後1カ月まで余裕があって、この法律改正には本当に、大助かりです 更に、ポンコツ車の車検の更新も終わり、一安心。 今回は、そうです あのガリっと擦ったドアからタイヤハウスの上部までの擦り傷も、何んとかしなければ見っともない状況でした その悲惨な擦りキズは――― ドアのデカい傷。 タイヤハウスの右側の無数の擦り傷。   そしてサイドシル‥‥逆輸入車の為か、この部品は国産のプリウスより、相当大きい。これが外れた ちょうどこの柱が出っ張っていて、  なんだか他にも擦った傷がいっぱいついているなぁ―― この哀れな傷を見て、ショボンとしたその帰路、コンビニで思わず中古車雑誌を買ってしまったほどでした‥‥ しかし、もはや同じエクリプスは一台も見つからず、更に同形車もなく、スポーツカーっぽい車は、とてもとても高くて買える値段ではありません(当たり前ですが) 板金塗装屋さんに頼むと、これまた35万円ほど‥‥と言われ、 オイオイ、それじゃあ中古で買った値段より高いじゃん―――と、ため息 このままじゃ車検は通らないだろうと言う事で、父がイエローハットに行って、エクリプスのボディ色と同じ色を調合してもらい、更に欠けてしまった、ドアの角隅に硬質ゴムを充て、 何んでも貼り付く強力接着剤とやらで、貼り付けた。 その後、調合した塗料を適当に塗ると‥‥ 欠けたドアの隅っこも、なんとなく形になってる サイドシルもしっかり貼り付いて、ボディの傷も目立たない・・・すご~い これで車検も通り、やれやれ そうそう、ポロっと取れてしまったパワーウィンドゥのボタンも、ドアパネルを外して、なんとか元通りになり、これで窓の上げ下げも楽になる。ブログで全文を読む
2016年11月03日 00:16
副鼻腔炎
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
どことなく、冬の気配が足早に近づいている気配の、今日この頃 連日氷点下の朝が続いていて、毎朝、霜が降り、庭一面、凍り付いています。 賑やかな「かぼちゃ風の祭り」もようやく終わり、ヤレヤレ、なんだかんだと金の掛かる催し物ばかり、とボヤく日々。 こんなに新しい行事や、催し物が増えると、東京住まいは出費がかさむばかりでしょうなぁ~~ 次はクリスマスで、またまた出費‥‥ 更に、遊園地に水族館にテーマパークに、あれやこれやと‥‥考えると、ゾっとしますね それにも増して騒がしてのは、 都知事選から始まった、東京ローカルの話題が、いやはや長引く事、長引く事‥‥ オリンピックの新設施設超々過料金やら、市場の盛り土やらの、至って凄く東京ローカルな話題が、連日、いちいち全国放送‥‥ 地方の人たちに伝えて、どうしろって言うんだか‥‥ゴタゴタは東京ローカルだけでやってもらい、結果だけ伝えてもらえば十分なのに‥‥ 話してる金額のレベルが、とても付いて行けない額のゴタゴタに、やはり東京都は金持ちなんだと実感させられる事ばかりでござる。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ 数百億単位の話で、ここまで贅沢な話になると、どっか別の国の話のように思えてくる。 10月中旬、 どっぷりと副鼻腔炎になり、頬はボワ~~んと熱っぽいし、 眉毛の付近は、ズキズキ痛むし、熱は無いのに顔は火照るし‥‥ 病院で処方してもらった、抗アレルギー薬は案の定、全く効かない 副鼻腔に、膿が溜まって、膿んでいるのは分かっていたし、多分、内科を受診し、抗生剤を飲めば、良くなるだろう事も分かっていたが、慢性の場合、ずぅ~~っと抗生剤を飲み続ける訳にもいかず、思案した所‥‥ そうだ 抗生物質の軟膏があるじゃないか と言う、怪しげな発想が浮かんだ。 化膿性皮膚炎のめんちょう、とびひ、毛のう炎、おでき用に市販されている抗生物質軟膏を、少量、ティッシュに塗って、鼻の奥まで入れて、そのまま様子を見る‥‥ 注意書きには、目の周囲には使用しない、とあるが、鼻の穴に入れるな、とは書いていない。 半日ティッシュを入れたままにしていると、何となく頬が楽‥‥。なので、次にもう片方にも同じように入れて様子を見た。 2日、そんな事を続けると、頭重も楽になり、眠気も少々緩和された気がして、 ここでようやく市販の鼻炎薬を飲み、3週間掛かって、副鼻腔炎から離脱~~ 抗生物質軟膏にも2種類あって、「抗生物質とステロイド」と、「抗生物質と抗真菌剤」のうち、ステロイドは効果なしで、抗真菌剤入りの方が効果がある事も判明。 そして先週の精神科クリニックで、その事を伝え、抗アレルギー剤を止めて、過去に飲んでいた漢方薬の「荊芥連翹湯」を15年ぶりくらいに、再び飲む事に‥‥ 「荊芥連翹湯」は、20代後半から20年くらい飲み続けていた漢方薬で、当時は、今以上に副鼻腔炎に苦しめられていて、20年以上飲み続けて、大分軽快したのだが‥‥ブログで全文を読む
2016年10月20日 16:44
想い起こせば
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
またまた、しばらくのご無沙汰、してしまいましたm(_ _)m 季節は人間が思っているように、スムーズに移り変わってくれないもんです。 10月になって朝も幾分冷え込んで来たので、そろそろ冬の準備を‥‥ と思っていた所、10月8日、今季最低気温を記録した日、とうとう、厄介な鼻風邪をひいてしまいました しかも日中は晴れて暖かいので、眠い眠い 連日12時間近く眠っても、まだ眠い‥‥ 北東北育ちにとって、こういう気候は慣れていない。 そうだ これは間違いなく副鼻腔炎の兆候なのだ そのまま何んと一週間、顔の熱っぽさに、うなされる事に。 先週の精神科診察日には、なんとか出向いて、この毎度の鼻炎‥‥と言うか、副鼻腔炎の頭重と熱感はどうにかならないですかね? と訊くと、排膿剤は以前から飲んでいるので、とりあえず抗アレルギー剤を処方するので、それで様子を見ましょう、 てな事で、寝る前に1錠だけトライしてみる事に‥‥。 市販の総合鼻炎薬も色々飲んでみたが、副鼻腔から眉毛に掛けての熱感に効く薬は、中々見つからず、 畑違いとは分かっているものの、先生にお願いしてみた訳だが、 これが、効いているのか、さっぱり分からない 果たして、抗アレルギー剤の処方量を増やすべきか、 回数を1回から2回にするべきか迷ってるうち、 とりあえず排膿を促し、炎症を抑えるのに最も有効な、点鼻液に頼ってしまう‥‥ 先週は、昼間も過ごし易く、ようやく外出で半袖がピッタリの気温になって、ホッとしていたが またしても日中が、暑いィィ そして、朝は放射冷却で、寒い~~ そう言えば、去年も殆ど同じ時に、やはり鼻カゼを引いて、2週間以上苦しめられ、気だるい日々を過ごしているのだ。 季節が行ったり戻ったり。 チラホラと、トンボも飛び始めたし、今年は台風の直撃が一つもなく、同じ県内でも、幸運だった――。 この前、約2カ月近くぶりに医大の皮膚科に行って来たが、 ここでしか売ってない病院の帯が付いた「龍泉洞天然水」を買って来た。 岩泉・龍泉洞も大きな被害を受けたので、ほんのささやかな気持ち‥‥ そんな悠長な事してたら、ぬぁんと 昨日の朝、怒涛の鼻血で目が覚めた 点鼻液の使い過ぎ 鼻のかみ過ぎ‥‥膿の気張り過ぎ‥‥ どっち道、枕は血だらけ、ティッシュを詰めても中々止まらない――。 ぎゅうぎゅうに詰めて、グッと押さえる やらかしたな鼻粘膜‥‥ 斯くして、もはやダラダラ副鼻腔炎を放置しておく訳にはゆかぬと、 秘技 無理に重ね着汗出し作戦 也を実施中  これで退治せねばならん 今年の夏は、真夏日も数日で、昨年より過ごしやすい夏だった。 鼻風邪も引かず、順調で、「名物 たきざわスイカ」も安く食べる事が出来た。 しかし、季節の移り目と言うのは、なかなかスムーズに移行してくれない。厄介なものよ‥‥ブログで全文を読む
2016年09月25日 14:25
最近、また夏か?
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
先日の台風が過ぎ去ってから、 秋はどこへ消えたのでしょう? 何だかんだと、晴天の日が続き夏にタイムスリップ! 暑いですなぁ…… また夏バテと言うか、初秋バテに陥っている情けない日々〜〜 やっぱり肉料理を食べないと、体力的に苦しいのか…… されど、何度も挑戦すれども毎日はとても食べられないし、毎回、食べる肉種も限られているし、辛い所。 所で、ステーキと言うやや厚い肉の塊は、家ではどうやって食ったらいいのだろうか?? 何故スーパーの肉売り場には、あんなにたくさんの種類の肉があるのか? 全く分からない。ブログで全文を読む
2016年09月14日 19:22
何回バテたか
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
前回、CTの検査で病院へ行った と話したが、次の日からすっかりドップリ夏バテに陥落 斯くして、6日間、ただひたすらグッタリしておりまして、月末…重い身体を引きずりつつ 台風が上陸するかも~~ しかも三陸沖から、よっこらしょと岩手県に‥‥と 天気予報に脅されながら、 それでも心血管内科と肝臓内科のダブル診察の為、再び病院へ だが、この日、どういう理由か、どこもかしこも駐車場は満車 昼過ぎだと言うのに、停める場所がなく あちこちをグルグル探し廻る そしてこの時、アチャーッという衝撃の瞬間が まっ、これは後程。 しかし、心血管内科が3階のおNEWのフロアにあって良かった 程良い冷房が効いていて、滴り落ちる汗は、徐々に引いてゆき、 扇子でのんびり扇ぎながら、順番を待つ‥‥ 血液検査の結果は、γGTは横ばいで、他は前回との差異はなく、少しホッとした。 処方箋をもらい、会計へ提出後、次はいよいよ肝臓内科へ‥‥ 頭部と胸から心臓、腸、腎臓、肝臓、膀胱、膵臓と、今回頚部以外、十数年ぶりのCT画像だったので、血栓でも見つかったらと言う思いをずぅ~~と抱いていた。 とにかく体脂肪計を使えないので、 血液検査とCT検査で肝臓の状態を見る以外に方法はなく、 数値との掛け合いで、どの程度進行しているかが問題だった 結果は「画像診断報告書」で説明され、 ■ 診断は「脂肪肝」 ■ 内臓中心に脂肪沈着あり。皮下脂肪は軽度で殆ど無し。 ■ サルコイドーシス疑いについては、両側肺門部リンパ節腫大に著変見られず。 ■ 右肺上葉、下葉の結節が散在するも、前回と同様の所見で、変化見られず。 ■ 肝臓は、肝腫瘤を認めず。 ■ 膵臓は、脂肪による浸潤を認める。 ■ 上腹部から骨盤部にかけて、有意なリンパ節腫大、腹水を認められず。 ■ 脳についても血栓や瘤は見られず。 ■ 心臓の冠動脈の所見も前回同様の所見で、変化見られず。 心臓に関しては、リード線によるCT反射のため、正確な所見は得られず。 肝臓には白いモヤのように、全体が脂肪の浸潤で覆われ、ぽやっとしている。 これが脂肪肝です、と もはや何度目かの警告に 指示として、炭水化物を控え、ご飯を少なめにして、野菜をたくさん摂るように、と てんこ盛りは止めましょう 特に薦めるのは、ご飯の代わりに豆腐を摂るのもいいですよ‥‥と。 更に、糖質(果糖ブドウ糖、果汁)も摂らないように もはや控えましょうではなく、摂るな とのご沙汰が下った。 特に砂糖入り飲料を止めるのが一番 ここで先生に白状‥‥ 今年の夏は超絶に長く、梅干しに水を飲んでいたが、吹き出る汗に追い付かず、スポーツ飲料を飲んでしまいました、と 早く秋が来る事を祈るばかりです‥‥トホホ 順調に体重が減少していたのに、今年の夏の長さで夏バテを繰り返し、ポカリに頼ってしまった‥‥トホホ しかもこの日、これまで停めた事の無い、地下駐車場に停めようとしたら、 スペースが狭く、 コンクリートの柱に車を擦ってしまったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ ドア側面に出来た傷を見た瞬間、 『 世界の果てまでイッテQ』に登場したティーナ・カリーナさんの『あかん』が、 どこまでもどこまでも果てしなく、頭の中で響き渡っていた‥‥ そして、台風10号はこの日、大船渡市付近に上陸。 所が、盛岡では小雨‥‥ 愛車が痛手を負い、沈鬱な気持ちで自宅へと戻ったら、当地は更に雨はポツリポツリ程度で、2013年8月の大雨による洪水のようにはならなかった。 最も、我が家は河川のそばではないし、近くに崖もなく、前回の洪水の時も、何んとも無かったので、ニュースを見て驚いた程。 斯くして、数日前から天気予報で大雨、大雨、大雨と連呼されたものの、被害はなく、 むしろ、車を擦ってキズをつけた事の方がダメージは大きく‥‥ (中古屋で1万以下で買った19インチ) 台風10号の被害に関するニュースは、ずぅーっと続き、 一昨日まで、テレビの画面は小さくなっていた。 アナログテレビを使っている我が家では、更に画面が小さくなってしまったが‥‥ 更に蒸しかえした暑さで、再び、夏バテに陥り、傷ついた車を前に、更に更にグッタリ・ガックリ気落ちした毎日を送っている間に、 結局、先週の予約だった、年に1度の『ペースメーカ外来』の診察日を忘れ、スッポカシ 病院からの電話で、初めて気づいたものの、担当医がいなくなると言うので、 まことに申し訳ないが、今週に変更させて頂いた 実の所、今年の夏、 当地で30度を超えたのは、3日くらいしかなく、むしろ過ごし易い夏だったようだが、 私個人は、春から夏の変わり目の気温と湿度の変化に対応出来ず、 朝と昼の寒暖差に付いて行けてなかった―― その結果、8月中旬から、鼻水だらけの夏カゼが続き、 そのまま夏バテへと突入してしまった 結果的に、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいって無かった為、 四六時中、夏バテッポイ状態が続いてしまった。 毎年夏はやって来るのだが、やはり夏は苦手である。ブログで全文を読む
2016年08月26日 16:16
覚悟して病院
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
これまでと打って変って、朝から大粒の雨降りの金曜日‥‥ 多分、今年の夏、初めての本気の雨 これが、一昨日や、先週だったら…と、ちょっと残念。 先週、台風が三陸沖を北上する時は、エリアメールが届き、 避難準備してくださいと、再三警報が出たのに、 今回は、全く音沙汰無し  果てさて、どういう事なのか…この仕組みはさっぱり分からない 台風北上の時は、この辺は殆ど雨が降らなかったのだが… しかし、最初の台風が抜けたあと、きっつ~~い暑さが襲来した 突き刺さる程の強い日差しの中、 雨も殆ど降らず、安心していた先週‥‥ 新しい精神科クリニックは、盛岡市内ではないので、 国道ではなく、近道の峠越えを毎回利用する 三週間ぶりに精神科クリニックへ行ったのだが、 峠を越えると、隣街は、激・暑い~~!! それでも危機意識はあって、計4本‥‥2リットル分のペット飲料で水分を補給 鉢巻きタオルが2本、汗でびっしょり もう車から降りて買い物するのも、薬局で薬を受け取るのも、ぐったり…うんざり… 帰宅した時には、頭が朦朧とする状態で、もはや汗も出ないほど‥‥ 一番汗をかく、首の周りに、汗が蒸発した後に出来る塩の結晶…ナトリウムの粒がポロポロ 斯くして、すっかり夏バテを起こし、週末を過ごす事に 病院行きがたて込んで来た途端、連日の暑さでバテバテ‥‥ しかし本当の厳重注意は、一昨日の肝臓内科の検査だった~~ 今夏、地元は3回ほど、30度を越えたが、 ちょっと内陸というだけで、盛岡は連日30度越えが続いている しかも設備は充実しているが、建物は古い大学病院は、余り冷房が効いていないのだ。 前日から覚悟して、替えのタオルを2枚と、着替えのTシャツまでも1枚カバンに入れて、 午後からの検査に向かった。 案の定、市内は猛々と、鬱陶しい暑さ 取り敢えず、屋根付きの駐車場が空いていたので車を止めて、 きっちり受付時間に病院の外来に到着 私にとっては、全身の造影CT検査は、ペースメーカを植込んでから初めての事。 もう既に、還暦に、足の爪先の影がちょっぴり入りかけている年齢だし、 こういう機会でもないと、中々検査出来ない。 脳の血管とか、心臓の血管とか、MRIが出来れば簡単なんだけど、 ペースメーカが対応していないので、 今回、無理を言って、頭の血管造影CTも撮影してもらう事になった まず検査の前に点滴をすると言うので、 言われるまま、処置室のベッドに横になると、 用意されたのは、重炭酸リンゲル液「ビカネイト輸液」‥‥ 点滴反射と言うか、夏バテの余波もあって、瞬く間に寝入ってしまい、 「検査に行きますよ…」と起こされたのは、かれこれ1時間以上経っていた~~ この病院では過去に、MRI検査をした事があるが、 CT検査はいつも隣接する循環器センターでするので、本院のCT室は初めて‥‥ しかも血管造影ともなると、20代に一度した事があるが、それ以降、久方ぶりだ。 これが又、遠い‥‥ 点滴スタンドを押しながら、長い長い通路を行くと、CT室が4室。 本来の目的は、肝臓、膵臓、心臓、腎臓と、大腸・小腸の造影検査なので、 順番が来れば直ぐ始まるはずが、 ペースメーカ外来の専門医が、ちょい忙しく、循環器センターからまだ来ていない、 と言う事で、ざっくりと40分程、待たされる事に‥‥ 冷房は効いているのだが、私は待っている間も、タオルで汗を拭き、 扇子でパタパタ~~ 扇子は有り難い!これぞ日本文化の粋な道具!! さてようやく、ペースメーカの検査機器を持って、専門医が来たので、 ようやく検査の始まり。 服は来たまま。 スポンをちょっい下げる程度。 造影剤の点滴は、現在進行形の点滴に混入させるのかと思いきや、 看護師ではなく、医師でないと出来ないとの事で、太い血管から一気に注入するとの事。 その際、物凄く、全身がカッカッと熱くなるらしい~~おやおや‥‥ 使用CT装置は、64列マルチスライス型と言うもの。 身体の固定も、頭の固定もなく、医師が造影剤を注入 造影剤は、イオメロン350注シリンジ135mL。 造影剤:イオメロン350注シリンジには、50mL、75mL、100mL、135mLと4種類あるが、私が注入したのは一番大きい135mL。 これが凄い 最初、頭がギャボーっと熱い 続いて身体がボボボーーッと熱い 熱さは尾骶骨まで行き渡り、しばしボボーっと熱い こ、これは初体験だぁ~~~ 直ぐに頭部CTの撮影。 ペースメーカの動作具合を確認し、今度は腹部から下の撮影と、ペースメーカを避けて2回に別け撮影。 ペースメーカをCTで撮影すると、反射して、非常に眩しく輝くので、周辺の血管は全く確認出来ない。 従って、一気に撮影するのではなく、ペースメーカ植込み部位と、心臓のリード線固着部位を避けて撮影された。 撮影が終わる頃には、造影剤による熱感は、収まり、平常に戻っていた。 考えれば、点滴してる最中に、上着を脱ぐというのは、やや無理がある。 Tシャツにはボタンが付いているので、どうするのかと思いきや、 なるほど、首の周辺は撮影しないのね~~~って、終わってから気づいた‥‥ CT室から外来に戻って来ても、点滴はまだ少し残っている。 看護師に「これもう取ってもいいんでしょうか?」と訊くと、 処置室の椅子で、全部落ちるまで待つ事に‥‥ そこで周りに看護師さんが数人いたので、訊いてみた。 「この点滴って…、重炭酸リンゲル液って何のためにするんですか?」と尋ねた。 すると、 全員、ハッキリとは分からないらしい。 Σ( ̄ロ ̄lll) そこでネットで調べても、生理食塩水っポイのだが、電解質および水分補給という至って普通のようだ。 それが何故、血管造影時に必要なのかは、全く分からない。 斯くして、少し、熱中症気味になりながら、車のエアコン最大で、どうにか午後6時過ぎに帰宅。 太陽が山脈の稜線に隠れた途端、涼しい空気が漂い、激署の中の病院検査は終わった‥‥ もう二度と脱水で入院はしたくないので、 がっつり水分・塩分補給 やれやれ、超汗っかきには、辛い夏である。ブログで全文を読む
2016年07月26日 00:40
カーBGM交換
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
久方振り――とか言っても、一カ月ぶりの更新になりますが、 諸氏の方々はお元気でありましょうか‥‥ この一カ月、ほぼ3~4日置きに風邪をひき続けている昨今。 とにかく朝が寒くて、低体温注意報に悩まされています。 巷ではほにゃららの絶景と言う事で、雲海を見に、わざわざ遠出をして、わざわざ高い所まで登ってと‥‥、そう言う観光も流行っているとか、いないとか‥‥ しかしここでは年中と言う訳では無いが、比較的簡単に麓から雲海を見られる。 最近は特に、昼と朝の気温差が激しいので、ちょっと小雨が降った朝には、地上から雲海っぽいのが出現 盆地ならではの光景らしい。 しかし地上から見て、これを雲海と言うのか、定かではないが、こう言う日の朝はひんやり‥‥ そんなこんなで、まだまだ夏本番には程遠い状況ではありますが、 車のBGM装置が壊れて、既に2年近く―― つまり、CD、DVDプレーヤーが、単なるラジオになってしまい、運転時間と運転距離は短いものの、なんとなく物寂しい日々を過ごしていましたが、 約5年発起して、新しいCD、DVDプレーヤーに買い替えを実行 これまで何年かお世話になったCD/DVDプレーヤーが、2DINの上の段のオーディオ。 その下はCDプレーヤーだが、取ると穴になるので、そのまま‥‥ 車には時計が無いので、別途時計をペタリ 夜でも光るので、便利である。 メーカーはどっか知らない物で、無論、カーナビもテレビも映らないシンプル・プレーヤーだが、ここ2年程、DVDが読み取りエラーになり、せっかく買った「アイドリング!!!」のベストMVが見られない しかも1DINサイズで、画面を引き出すと‥‥ エアコンつまみが隠れてしまう‥‥ 更に、このCD/DVDプレーヤーの電源を入れると、電動アンテナが連動して伸びるので、立体駐車場や車庫の入口ではいちいち電源オフにしなきゃならない‥‥ しかしそれぐらいは仕方ないと思っていたが、 さすがにDVDもCDも読み取れないとなると、もはや無用の長物 そこでちゃんとした、カーオーディオメーカー品を買おうと、楽天で探すと、オートバックス楽天店で要求にピッタリの製品を発見 しかもお近くのオートバックスで受け取り、そのまま日時を予約すれば、直ぐに取り付けてくれるサービスまで付いていた 早速、盛岡のオートバックスに電話すると、 な~んと、在庫有りと言う事で、即刻、予約して、後日、交換・取り付けに参上した KENWOOD  DDX3016 2DINモニターDVDレシーバー【DVD/CD/USB/iPod】 価格:27,800円(税込) それが、こちら。 税込みで、取り付け料も、以前、車検を受けた事があるので会員と言う事で、ちょっと割安。 良く見ると、ちょっと高いがディスク挿入口の閉じているタイプの方が、ホコリに強いかなと思ったものの、こちらの製品、画面全体がスライドして、前に出て来る 【300円OFFクーポン配布中★7/26(火)23:59迄】KENWOOD DDX6016W 2DINモニターDVDレシーバー【DVD/CD/USB/iPod】 価格:35,800円(税込) 2DINボックスが低いので、ちょうどシフトレバーにぶち当たって、ディスクの出し入れがほぼ出来ない 斯くして、新CD/DVDプレーヤーはすっぽり収まりました。 位置は低いですが、画面を見る事はほとんど無いし、カーナビも全く使用してないので、単なるBGM代わりとしては十分でしょう‥‥ 更に賢くて、ラジオに切り替えないと、電動アンテナは勝手に出て来ないので、これも至れり尽くせりで、便利。 これでデジタル放送を録画したものも見られるとかで、スカパーの音楽PVでも録画して聴こうかな‥‥ブログで全文を読む
2016年06月25日 17:27
汗っかきの梅雨
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
少し湿度が高いものの梅雨らしい天気にはまだ遠く、無駄にジメッとして、中途半端に暑い日々。 苦悶していた足の痛みもようやく和らぎ、 かれこれ2ヵ月近く行ってなかった皮膚科に、昨日ようやく行って来た。 その間、乾癬の状態は悪化して、鱗屑状態にはならないものの、 紅斑と浸潤、それに出血が段々ひどくなって、 塗り薬が底をついてしまったので、午前中を目指して病院へ‥‥ しかし、いつもなら15分と待たないのに、 何故か昨日(金曜日)は、すっごい人混み しかも何だかジメジメと暑い‥‥ そんな事も予想して、薄い半袖シャツにして着たが、案の定、それでも汗がでるぅぅぅ しかも何んと、半袖は数人のみ‥‥あとは皆が皆、長袖や背広ばかり。 カバンからタオルを取り出し、汗を拭くのも気が引けるが、仕方がない。 それもそのはず、昨日は最高気温25度ぐらいで、心地よい初夏と言う感じで、天気も良かった、らしい。 しかしまぁ、待てども、待てども、患者の数は減らず、隣の泌尿器科の椅子が空いて来たので、横になって寝る事にした。 そして待つ事、2時間、ようやく呼ばれた頃には、患者は、午後の専門外来の受付を待つ人に代わり、 どうやら一番最後になってしまったようだ。 あとで知ったが、金曜日の午前は、位の高い先生が診察すると言うので、毎回混むらしい‥‥ Oh my God! そして約2ヵ月ぶりに光線療法も受けて、処方箋をもらい、次へ。 病院の地下で食事を‥‥と考えていたが、 時間が迫っている      午後2時、精神科クリニックに到着。 前回、ちょっと心外な事を言われ、軽く憤慨してしまったので、昨日は、淡々と病状と心情を話し、待ち時間なく、診察を終え、そばのコンビニでハンバーガーを買い、車の中で軽く腹ごしらえ その後、スーパーで夕食を買い、さっさと帰宅した。 梅雨入り前、 我が家の庭には、色とりどりの草花が今年も華を咲かせた そして、これらの花が散って、今度は次の新しい花たちが咲きだした‥‥ 垣根の隙間、地面から、何やら小さな花‥‥ 名前はトンと良く分からぬが、季節が移り替わるごとに、色々な草花が芽を出し、咲いてくる。 今は全く気配もない、ひまわりも、梅雨が終わって暑さが本番を迎えると、垣根の間から姿を現す‥‥ とか言いながら、梅雨本番はまだ来ない。ブログで全文を読む
2016年06月14日 00:38
懦弱な宿因
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
6月3日、疲れ切った身体を起こせない──。 足の不自由な母にとって、利用できるのはタクシーのみ。要介護認定を受けているが、デイケアを受けていないので、急に病院までの足の確保は無理‥‥。 残る方法は、往復1万円程度のタクシーか‥‥。 その時‥‥、午前6時、玄関のチャイムが鳴った──。 母が出ると、妹がいた。 父が、手術日の決まった日、妹に電話して、「休み取れるなら来てけろな」と、連絡していたのだった。 結局、ヘバッていた私は麻酔開始までに起きられないので、着いたばかりの妹が、母を連れて赤十字病院へ向かう事になった。 本当は、一緒に暮らしている私も手術直前に立ち合いたかったのだが、医師の腕を信じて、私は午後になってようやく起きて、朝食も食べずに病院へ向かった──。 着いたのは午後1時過ぎ。 家族待合室には、母と妹がいて、私が着いた時には手術は終わり、麻酔が覚めるのを待って、病室に戻って来るとの事で、それまで長椅子に横になり、売店で買ったパンを食べ、瞬く間にウトウトしてしまった。 手術の最中の写真を見せられ、「非常に上手くいきましたよ」と。 病室に戻った父はまだボーっとしていたが、二、三言葉を交わし、病院をあとにした。 そして帰宅した途端、左脚の痛みに苦悶する事なる‥‥ 右太腿全体の痛み 何故こんなにも痛いのか、理由が分からない とにかく足を曲げれないので、側面の筋に沿って湿布をベタベタ貼る。 買い置きのポカリスエットを、ガブガブ飲んで‥‥ 湿布は、もしもしの時の為に買い置きしてあるので、その日はそのまま痛みと疲れで、グッタリしたまま就寝。 翌日から蠢く痛みとの、追いかけっこが始まった 一夜明け、太腿の痛みは正面に移動。病院に行く事も考えたが、肉離れや疲労骨折でもなければ、結局、湿布を貼る事しか出来ない。 低周波治療が出来ればいいのだが、出来ない物を欲しても無駄。 6月5日の退院には、もはや車の運転が出来ない程痛いので、またまた妹と母が、病院まで迎えに行った‥‥。 だらしない 不甲斐ない 全くの役立たず イザと言う時、一つも足しにならない── 足は痛いし、心は更に痛い── 足の痛みは、お尻から太腿の裏へ移り、次の日は膝の周囲に移り、更にフクラハギに移り、それからまた太腿の横に移り‥‥それと同時に、痛みの度合いも少しずつ小さくなり、歩けるように‥‥ やがて痛みの大本営が現れた。 最も痛めた所は、膝の裏の2本の太い筋の外側の筋。 太もも裏側の「ハムストリングス」と言う部位の、大腿屈筋群の中の「半腱様筋」と言う太い筋肉。 ここから派生した痛みが左脚全体に響き、約10日間、蠢く痛みとなって襲って来たのだった。 家に戻った父は、至って元気。 1週間は無理しないように、と言われたらしく、それでも以前と変わらない日常を送っている。 まだ自分で車は運転できないが、食事も散歩も、普通に戻った。 妹は、昨日、「そんなに有給取れないから、帰るわ」と、颯爽と帰って行った。 考えれば──、足の痛みは置いといて、何故こんなにもスケジュールを詰め込んでしまったのか──と言う反省点。 日程を更にズラす事も出来た、と今になって思った。 そもそも私のこれまでの習慣と、体力からすれば、週に2回までが、行動の限界と分かっていたはずなのに、予定をギューっと詰め込み過ぎた。 見た目、外観はデカいし、体格もいいので、丈夫そうに見えるが、残念ながら、カラータイマーが切れる時間は相当早いのだ そして、復活するにも時間が掛かる、実に厄介な体質である‥‥‥‥ブログで全文を読む
2016年06月12日 23:47
蠢く痛み
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
農家の長男として生まれた私には、自分がこれから先、何をするべきか‥‥どんな人生を進むべきか、などと言う疑問は皆無だった。 たった一つ言われたのは、『両親を看取る』こと。 そして、その為には私が先に死なない事だった。 その曾祖父の言葉は、幼い私の中に、たった一つ残った言葉だ。 私の記憶は──唯一、南向きの縁側に並んで座り、穂を垂れた稲にやって来るスズメに、桜の木で出来た拍子木を叩き、スズメを追い払う事。 とても反響する拍子木を、曾祖父と並んで叩く。 そして私が小学生の時、曾祖父は亡くなった──。自宅で、老衰による大往生だった──。 それから月日が経ち、幾度、意識不明で入院したか‥‥。多分、人間はそれぞれに体力の限界があって、その際、無理して働くと、取り返しのつかない病になる。 しかし私の限界は他の人より容易くやって来て、直ぐ、倒れて意識を無くし、入院する羽目になる。 跡取りとして一人前になろうと努力して来たが、それは意図も簡単に体力的な限界が訪れ、結局、家族に迷惑ばかりかけて来た‥‥。 長い時は、1年半も入院生活が続いたり、汗っかきのせいで、1週間の入院は毎年のように繰り返された。 しかし不思議な事に、これまで幸運にも、致命的な病気は2度。 癌ではなく、急性肺炎と急性心不全。 「あなたのお子さんは心臓が強い」と、母が医師から言われたよ、と話してくれた。 そう──。 私には、どうしても成し遂げなければならない宿命があるのだ 『父と母の介護だ。』 そして死に水を取るのが私の宿命──。それが農家の長男に生まれた者としての役目。それが代々続く、先祖からの習わし。 所が何んと不甲斐ない有様だ。 5月25日、赤十字病院で手術についての説明があって、朝早く両親と3人で出かけた。 赤十字病院は、診察は午前のみ。全ての診療科で午前だけが診察で、午後は全て手術に充てられている。 物凄~く長い廊下の隅から端まで、8つの手術室が並んでいた。 父の病名は、「鼠径ヘルニア」で、通常の5センチの手術と腹腔鏡手術の2通り。 赤十字病院は県内で最も腹腔鏡手術による、「鼠径ヘルニア」の手術件数が多いので、この病院を選んだ。 実際、私は別の病院で、16年前、「胆嚢胆管結石」の全摘腹腔鏡手術を受け、次の日には退院したので、年齢的にも身体に負担の掛からない腹腔鏡手術をお願いした。 自宅で手術日の知らせが来るのを待っている間、母のリハビリの送迎は私がする事になった。 母のリハビリは27日。 そして今度は5月31日が私の心臓血管内科の受診日。 肝臓内科の精密血液検査も同時に行い、肝臓内科の診察は6月3日に──。金曜日の午後しか、肝臓内科の専門医がいないので、早く結果を知りたくてその日に設定。 通常の血液検査は、心臓血管内科で聞かされた。 物凄く気になっていた肝機能値は、大幅に減少 食事制限が功を奏した形となった。 体重も4kg減で、とりあえずホッとする。 そして手術日を知らせる電話──。 6月2日の午前中に入院、6月3日の昼前に麻酔して、そのまま手術室へ。 と言う日程を知らされた。 私としては、これまでこれ程頻繁に盛岡まで行く事がなく、既に、バテ始めていた。──この日、盛岡はジトジトと小雨が降る──。 肝臓内科の診察と重なった為、1週間延ばしてもらう事にした。 しかしまだ体力に余裕があると、6月2日、早朝、赤十字病院へ入院のため向かい、午後、帰宅した。 この時点で、呼吸が荒くなって、お腹で息をする状態──つまりぐったりして、バテている、こりゃマズイ。 更にとうとう、何故か分からないが、右脚が痛い そのまま手術当日の朝を迎えた──。 麻酔前までに家族は来るように言われていたが、どうする‥‥。ブログで全文を読む
2016年06月02日 21:54
入院
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
今年に入り、たびたび不調を口にして来た父が、手術を受ける為、本日入院。 手術は明日。 私も、5月下旬は、絶え間なく検査や診察や申請やらで、 これまでで最高・・・かな、と思うほど出歩く機会が増え、 筋肉痛と、寝不足で、気持ちに余裕が無くなって来てます。 入院した病院が遠いと言う事と、 何もかもが朝早く、暇なく目をショボショボする毎日。 今年は母の帯状疱疹での入院もあり、 又、人工関節にもなかなか慣れずに、自力で出歩く事もまゝならない日常。 リハビリへの送り迎えは、父が不調の為、今は私が送迎役になっています。 私自身も不自由な身ですが、 曾祖父の教えを守り、出来る限り、頑張りたいと思う毎日・・・。 明日はまたまた早朝から病院へ行き、手術の成功を見守ります。ブログで全文を読む
2016年05月21日 21:36
冬から春モードへ
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
毎年、4月から5月の気温差の変動期に、必ず風邪引きを連発する 4月最終週に体調を崩して、グッタリして‥‥ボーっと過ごしてしまい、 眼科の定期検査を忘れてしまった 何んとか、交感神経と副交感神経の切り替えもスムーズになって、ようやく身体が春夏モードになったようだ しかもそれに気づいたら、あいにくのゴールデンウイークで病院は休み・・・ 6日に電話して、17日に急遽、予約を入れてもらいました。 深刻では無いものの、 僅かずつ、左目の視野が狭くなっているとの診断。 以前から、左目が怪しいと言われていたので、何んとなく片目にすると、確かに・・・頷けるんだなこれが・・・ でも緑内障の気配は今の所無いので、視野検査だけ続けましょう、と言う事に。 そういえば最近、近くが良く見えなくて、遠近メガネを掛けた方がハッキリ見える。 これは、もしや老眼・・・かも 更に、すっぽかしは続き~~ 5月24日が納期限の自動車税の免除申請・・・ 先週末、県税部から『忘れていませんか』なる手紙が届き てっきり今月末と思っていた期限が直ぐそこに迫ってる事に・・・唖然 昨日、新・精神科医院受診のあと、慌てて申請して来ました 性格的に期限とか、そういう類いに追いつめられると、緊張で「お腹が緩く」なって、不安が増強されるので、そればっかり考えて、殆ど、何も手につかなくなる。 日記代わりの手帳を見たら、去年も、全く同じ日に申請していたので、 どうしようもなくトボケ屋である事が、明白になった・・・ いや~、昨年免除申請した人で、まだ申請していない人、全員に「納期限」の手紙を送付しているとの事で、本当に助かります そう言えば、三菱自動車の燃費不正、 そんないい加減だったとは、かな~り印象悪いですが、 それよりも、三菱自動車の現在の生産車種の方が遥かにガッカリです。 現役ぃぃ~ 純粋なスポーツカーのGTO、FTOが消滅して以降、逆輸入のエクリプスだけとなってしまい、その2代目エクリプスに今、乗っている身とすれば、エクリプスも無くなり、スタイリッシュから燃費と軽自動車重視へと変貌した三菱自動車。 時代の流れ・・・と言えば、そうなのかもしれないが、 日産がスカイラインをいまだに作っている事を考えると、 スポーツクーペが日本メーカーからどんどん消えているのは、寂しい限りです。 ちなみに、燃費は殆ど気にしません。 寒冷地なので、冬は特に、暖機運転して、ガラスを温めないとワイパーが張り付くし、 足元の室内の雪を溶かすためにも、エアコンは必須。 それと、雪道でスタックしないように、軽自動車でも四駆を購入する人が多いので、どうしても燃費は低下しますよね。 坂道でスリップしないように、四駆にする人もいますから・・・。 それに高速道路も全く使わないので(そもそも近くに無いし)、年式も古いので・・・。 殆どの人は燃費重視で購入するかもしれないが、私はスタイル最重視 エクリプスの前は、FTOだったしね(古い世代なもので・・・)。 第一、新車なんて、とても買えたもんじゃありません・・・ さていよいよ、体重検査── ではなくて、肝臓内科の診察日と、心臓血管内科の予約日が迫って来ました。 体重は順調に、微妙に、減っていますが、血液検査をしないと詳細は分かりません。 悪化してない事を祈りつつ、今の状態をキープするよう頑張りますブログで全文を読む
2016年04月23日 22:06
乃木坂6000
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
木曜日、なんと、乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー東北シリーズ盛岡公演に、 行って来てしまいましたぁ~  ・・・ しかも数年ぶりに、電車で・・・  って、何故、乃木坂46のライブに行く事になったと言うと、 そもそも、このライブが盛岡である事すら知らなかったし、まして、実の所、乃木坂46の曲も殆ど知らず、 更にメンバーの顔も、秋田出身の生駒里奈ちゃんは顔と名前が一致していましたが、 他のメンバーは、残念ながら、顔は何んとなく見た事があるものの、名前を覚えられず、 従って、顔と名前を全く知らないという、アイドル流行からは遥かに取り残された異境のような状態。 それでも行く気になったのは、 遥か以前から、毎週欠かさず見ていた・・・Eテレの 『将棋フォーカス』 に去年から出ている “伊藤かりん”を知っていたから── 伊藤かりんのブログは時々チェックしていて、そこで今回のライブを知った訳だが、 更に参戦を決定づけたのが、チケットの価格 実は今月29日には、モーニング娘。16が、やはり同じ場所でライブを予定している・・・ しかし問題はチケットの価格 モーニング娘。16の価格は¥7,500と、貧乏人の年金暮らしには、超割高 しかもモーニング娘。16の曲は知っているものの、新メンバーが加わり、これが顔と名前が全く覚えられない。 年齢が幼すぎて、どうにも、同じ顔に見えてしまう・・・ まぁ、結局、このご時世、東京や大阪と同じ料金では、やはり行くのは困難であり、 最近のチケット料金値上がりは尋常でない程、急激で、 コンサート観賞は高根の花となりつつある。 2013年の ℃-uteの仙台公演は、5850円だった事を鑑みると、モーニング娘。16の7500円は現在の相場かもしれないが、驚異の高騰に、茫然とするばかり しかし、「乃木坂46 アンダーライブ」と言う意味を知らずに、会場へ行って、ビックリ “アンダーライブ”と言う名称は・・・ MVで前の方でメインで歌っているメンバーではなく、所謂、2期が中心となったメンバーで、 入口のポスターを見て、初めて知った訳だ・・・ つまり、もはや顔と名前を知っているのは、唯一、“伊藤かりん”だけと言う事になった・・・。 しかし仮に主要メンバーが居ても、名前と顔が一致しないメンバーばかりなので、 もはや私にとっては、“伊藤かりん”ソロコンサートと化してしまった訳だ・・・ 抽選で当選した座席は、前の方だったので、立って観るのは困難であり、 スタッフに2階席をお願いしたのだが・・・ どうやら1階席が満席にならなかった為、2階席、3階席は開放していないとの事で、1階席の当日券と交換。 後ろの方のSEの隣の席で、ゆっくり座って見る事が出来た。 勿論、伊藤かりんが目当てなので、双眼鏡も持参し、じっくりライブを観賞する事が出来た。 それでもやはり人数が多いので、踊っていると見失ってしまうのだが、 微妙に、伊藤かりんは、他のメンバーより身長が低く、公称154cmは見た感じでは一番背が低く、 ヘアスタイルも特徴的だったので、遠目でも直ぐ判別が付くという、 何んとも、逆に目立つ存在となっていた。 斯くして、もはや私には『伊藤かりん』の独壇場となったライブを、堪能する事が出来た訳だ 但し、電車の時間が迫って来て、最後まで観る事が出来なかった。 歌って踊って喋って、2時間半。 これまで経験したライブで、最長の長さのライブはアッと言う間に過ぎていった───ブログで全文を読む
2016年04月23日 17:30
一本桜
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
隣の梅の花が、7分咲きになった昨今。 私は、多少、筋肉痛である。 この梅の花は白なのだが、 観賞用ではなく、 梅の実を収穫するための梅の樹らしい。 当初、梅の実は付けなく、従って、誰が植えたのか判らなかったが、 おととしぐらいから、夏の終わりになると、ぶるぶると樹を揺らし 数人の農家の人が来て、実を落として収穫してゆく。 その間、放ったらかしなので、不揃いで、黒く変色したものもあるが、 その辺は構わず、シートを敷いて収穫してゆく。 どうやら自分家で漬けるらしい。 さてさて、桜開花は弘前まで進んだらしいが、小岩井の一本桜はどうかな? と、昨日行って見た。 毎年、ゴールデンウイークに咲くので、今年はどうかと・・・ うぅ~~~む。 奥羽山脈から吹き付ける風がまだ冷たい。 桜は全く咲く気配もなく、まだ蕾も固く閉じている。 もう既に遠くから、観光客が来ていたり、観光バスも停まっていたが、 やっぱり例年通り、一本桜は、ゴールデンウイークの5月初め頃が見ごろかな。 国道から小岩井農場へ行く道路沿いには、長い桜並木があるが、こちらも全く咲いていなかった。ブログで全文を読む
2016年04月10日 01:43
千里の道も500グラムから
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
日本には、時間の流れに大きなズレがある──。時にそれは、半年や1年、5年と言うスパンにまで広がる。 東京や大阪など、大都市圏で「バブル崩壊」が声高な悲鳴を上げていた頃、ここいら辺では、バブルになった事すらも、何年も遅れてやって来た。 そして、毎年の事ながら、メディアの中心地・東京で、そろそろ桜が散り始め、南国からは、早くも海開きの知らせが届いても、 この辺は、まだまだ桜の開花は先のまた先・・・。 この時間と季節のズレが逆転するのは、いきなり北海道・大雪山で紅葉が始まり、初雪が見られる時季、 途端に、タイムスパンは逆転する──。 肝臓内科の受診から、一カ月が過ぎた──。 BMIを計るために必要な体脂肪計は、体内に通電するので、ペースメーカーを使用していると使えない。 体脂肪率が幾つかは、判らないので、体重で推計するしかないが・・・。 最初は、間食を無くし、肉を食べる事で本当に体重が減るのか? と思っていたが、取り敢えず、空腹になるまで食事を摂らないように、ただひたすら我慢の日々・・・。 で、その結果、この1カ月で体重は・・・、減った! 確かに、最悪だった1カ月前から、ググッと減った! しかし一進一退である事に、変わりは無いが、それでも、今まで穿いていたズボンが、確かに緩くなっている! 先生曰く、「少し減ったら、その少しを維持するようにしてみましょう。焦って急に減らす事はありません」と言う、救いの様な言葉通り、とにかく、確かに減ったのだから、これを維持する事に集中せねば・・・。 所で、勧められた肉だが──。 基本的に、これまで肉に執着が無かったので、『焼き肉』屋に行った事がない! そればかりか、焼き肉とはどうすればいいのかも分からない。 スーパーの売り場に大量に並べられている肉の数々も、どうやって食べるものなのか、全く知らない。 しかも母も父も、ことごとく肉料理に縁がなく、味付けや調理法も知らないらしい。 そうなると、やはり出来合いの肉料理に頼るしかないので、ハンバーガーやら、焼き鳥、かつ丼、玉子丼、コンビニのチキンなどを試してみたが、気嫌いしていた物が、そうそう食べられる物でない。 これは地道に、食べられるものを続けるしかなかろう・・・。 ここは盛岡市内なんだが、 林の手前のゴルフ場、野球場、畑は全て河川敷内。 川幅の4倍以上もある河川敷は、広すぎるぜ~~ そして・・・ちょっと、凄い事があった・・・。 大学病院の精神科の主治医が、開業すると言うので、今週、初めてクリニックに行って来た──。 この1カ月余りの体調を話し、少し、雑談にもなった。 と、その前に・・・・・初めて病院の玄関を入って見ると──、そこには、とってもとっても嬉しい事が待ち受けていた。 これはちょっとでは無い驚き! でも、コメンなさい。これは私だけの秘密にしておきます──。臆病な私の、とっても凄い嬉しい事なので・・・ブログで全文を読む
2016年03月17日 19:11
肝臓内科
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
今月初め、 循環器内科改め、心臓血管内科の診察で、悪い結果が出た───。 γGT (P)、AST、ALTの数値が、前回の2倍以上に悪化していた。 主治医が直ぐに、院内の肝臓内科に院内電子紹介状を送ってくれた。 「出来るだけ早めに診察と検査を受けて下さい」と、言われ、 3日後、診察を受けた。 初診なのだが、院内電子紹介状が出ているので、割り増し料金は掛からず、 しばらく待って、問診に呼ばれ、これまでの経緯を話した。 その結果、その日は血液採取で終わり、11日後に肝エコーの検査を予約。 CT検査はしなくても良いと言う事になった。 いざ、血液採取になり、ちょっと驚きが‥‥。 通常の血液検査では、せいぜい3本なのだが、その日は10本と言う多さに、さすがに動揺‥‥ IgM抗体肝炎ウイルス検査や、腫瘍マーカー、肝硬変の自己抗体抗ミトコンドリア抗体、ANA抗核抗体など、 のちに渡された検査数値の紙には、検査項目が120項目もあった! そんな血液検査、初めてだったので、 それで10本も血液採取が行われた訳だ‥‥。 その11日後、肝エコーの検査に、かつてこんなに朝早く起きた記憶が思い出せない程、すっごい早朝、自宅を出た。 さすがに朝早いせいか、駐車場はどこもガラガラだった。 診察開始時間と同時に、名前を呼ばれ、超音波検査室へ。 検査時間は約20分ほど。心臓エコーの検査時間より、かなり短くて、この時間で判断がつくと言うのは、やはり肝臓病の人が相当多いという事なのだろう‥‥。 肝臓内科の専門医は2人。 内分泌内科や糖尿病内科、消化器内科とは別の部屋の、肝臓障害専門外来の医師だった。 脂肪肝か、肝硬変かの分かれ道───。 既に脂肪肝を指摘されていたので、進行していれば、肝硬変の可能性も‥‥ 殆ど待たされる事はなかったが、呼ばれるまでの時間が、とてつもなく長く感じた‥‥ 肝エコーの画像を見せてもらった。 肝硬変には至っていなかったが、肝臓全体にうっすらモヤのような霞が掛かり、脂肪肝である事が判った。 また肝炎ウイルスも検出されず、腎臓・膵臓・膀胱などにも腫瘍らしきものは見当たらず、甲状腺ホルモンなどのホルモン異常も検出されなかった。 『良かったぁ』と、内心、嬉しさの声が上がる。 しかし今のままでは、決して状態は良くない事は間違いなく、心臓血管内科の医師にも、前任から現在の担当医に至るまで、毎回毎回、ダイエットするように言われて来た‥‥。 それで当時は喘息もあり、自宅近くの温水プールで、歩く事から始めたのだが、 全く泳げない私は、いつの間にか肺に水が溜まり、泡を吹いてぶっ倒れ、救急車で運ばれる事態に直面‥‥ その時は、肺水腫による急性心不全だったのだが、たまたま、その12年前の、1995年に「急性心不全、及び急性肺水腫と慢性心不全の急性増悪期に対する治療薬」として、『α型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド製剤』の「ハンプ注射用」が臨床使用され始め、その薬のおかげで助かった───。 脂肪肝を少しでも好転させるには、運動が一番と分かっているが、 私の心臓はそれ程強くないらしく、少し早歩きしただけで、息切れや動機がするので、運動で体重を減らすには些か問題がある。 肝臓内科の先生は、唐突に、 「運動する事が必ずしも、あなたに適した方法とは言えないね」と言った。 食事の好き嫌いを聞かれ、 「肉をほとんど食べない」と言うと、 「脂肪を燃焼させるには、筋肉量を増やす事で、それは肉類を食べないと、筋肉にならない」 と、指摘。「いくら筋力を付けようとしても、肉を食べない人には、向いていない」と、付け加えた。 確かに、私には幼稚園時代の忌まわしい記憶があり、それ以来、小・中・高と、ほとんど肉を食べる事が出来なかった。 小学校の給食でカレーライスが出ると、肉だけ残し、最後にその肉を口に頬張り、食器を戻し、 トイレに一直線! そのまま吐き出していた───。 この年齢になって、ある程度食べられるようになったが、それでも多くは食べられない。 どうしても呑み込めないのだ‥‥。 しかし先生が言うには、 「まずご飯を減らさない事、ご飯と肉を一緒に食べる事で、筋肉になりやすい」 との事。更に、 「それ以外にも、野菜を多めに‥‥。そして、間食を止め、砂糖の入った飲料を極力飲まず、水分補給はお茶や水で摂って下さい」と、特に運動については触れず、食事の仕方で挑戦する事を勧めた。 これまで、体重を減らすには、バランスの取れた食事と、運動、運動、運動‥‥。 トライすれど、挫折の繰り返しで、体重は一進一退。 そんな訳で、今回、執行猶予を頂いたので、間食を断ち、空腹になる事を勧められ、 我慢出来なければ、お茶を飲む。 今飲んでいる全ての薬は、空腹状態で飲んでも大丈夫なものばかりなので、食事を摂らなくても薬は飲んで下さいと‥‥。 1日3回食後と書かれているので、義務的に何かを食べてから薬を飲んでいたが、 それは独り合点だった訳だ。 今更、子供の頃に無理してでも肉を食べていれば良かったと後悔しても、何んにも始まらないので、 欲望のまま食べるのは止め、治療として、言われた事を確実に実行しようと心に言い聞かせた‥‥。 とにかく間食を止め、肉を食べるように頑張らねば!ブログで全文を読む
2016年02月28日 18:58
冬バテ
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
もうすぐ2月も終わりですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか・・・? 先週は寒くて暑い日々が続き、 ぐったり、どっぷり、冬バテを起こして、5日間ほど、寝込んでしまいました あまりの気温差に、自律神経が上手く働かず、 イヤー 落ちる、落ちる、ドンぶらこと陥没状態になり、 おかげで、体重が増えてしまい、もの凄く焦っておりますぅ~~~ 2月は、丸々病院抜けで、家の中で、ざぶい・・・ざぶい・・・を連呼してましたが、 何んと、病院に行って見ると、あの・あの・あの・あの立体駐車場が閉鎖してたw(゚o゚)w よく故障してたので、そのためなのか? 或いは、人件費の削減なのか? 変わってすぐそばに無人の有料駐車場がいつの間にか出来ていて・・・ だか、これがかなり狭い! 結局、病院の周囲をぐるっと回って、別の駐車場を探す事に・・・・・ 盛岡市立病院のように、ちょっと郊外にあれば、無料の駐車場を大きく取れるのに、 今の病院は、基幹病院なのに、駐車場が狭いし、有料だし、高いし・・・・・ この状況にうんざりしていると、 1か月ぶりの精神科の診察で、思わぬ出来事 今の主治医の先生が、3月で辞めるとのお告げ な、何んですとぉ? しかも新たに開業するとか・・・モヒャ━━(゜Д゜;;)━━!!!!!! 果てさて、私はどうするべきか 又、新しい先生になって、前のようにかなり強面の先生では、萎縮してしまうし、 今の先生に、御すがりしたい心境なのですよ、これが(´・ω・`)ショボーン こういうのは、凹むよな~~~ 凹むと言うと、毎度お世話になっていた、三菱自動車の某支店が、 閉鎖になった・・・エェェェェ 盛岡市内なんだが、自宅から、どういう訳か、一本道で真っすぐ国道を走って来れば、 どこにも曲がらずに、国道4号バイパスのこの支店に辿り着くという好立地だったのに・・・ なんだか随分遠くの支店と合併したらしいが、 そうか、やっぱり三菱も、ヒット車が消えて、スポーツカーも作らなくなって、ハイブリッド車も手薄で、密かに地方から人員整理でも始めたのかな・・・? 製造元に見捨てられると、エクリプス乗りとしては、辛い所よ そんな時に、取れてしまったパワーウインドゥのボタン アップ(up)をしていたら、ポロッと取れてしまった。 窓は、白いボッチだけでも開閉できるので、困らないが、つまみが小さいので不便。 取り付け直すには、ドアパネルを外さないと無理らしく、 次回車検まで我慢でござる 何せ、年代ものだからねぇ~~ブログで全文を読む
2016年02月10日 16:40
レギンス消えた
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
相変わらず雪が少ない今年の冬ですが、気温は毎年のように ざぶい~~ 最低気温は、-5℃でも、-15℃でもあんまり変わらないが、日中も氷点下だど、やっぱり身にしみるねぇ~~ はてさて、帯状疱疹で入院していた母は、その後、寛解した事で個室から、大部屋に移ったが、 その大部屋がやたら狭く、しかも、一日中喋りっぱなしの、おばあちゃんが一緒と言う事で、ウンザリしたようで 結局、早々に退院して来た・・・・・(苦笑 今は、毎日身体を洗い、ジクジクしている患部に軟膏を塗る日々である。 帯状疱疹の治りがけに、患部表面が乾き、白い粉のような物になるが、 これを他の人が吸い込むと、帯状疱疹に感染するらしい つまり空気感染と言う事らしく、未だに罹患していない父だが、現在は粉吹きが終わったので もう感染する事は無いと言う事で、ワクチン接種を止めた・・・ 粉吹きと言えば、乾癬も同様の症状になるが、 今は紅斑が、両足の全体にうっすらと浮かぶ程度にまで落ち着いている。 しかし完治には程遠く、紫外線治療とアンテべート+オキサロールの合剤軟膏が欠かせない。 問題は、軟膏を塗ると、やたらめったらベタベタする事。 ズボン類をはくと、動いて生地が擦れるので、症状が悪化する。 そこで見つけたのが、レギンスだったのだ ピッタリフィットするし、軟膏を塗っても、ズボンは汚れない・・・・・が、 そのレギンスが消えた あの「しまむら」に行くと、レギンスはレギンスパンツなるものに変貌していた・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 店員さんに話を聞くと、「レギンスは無くなりました」との、お達しが そしてレギンスパンツはもはやジーンズと化していた ベタベタ軟膏にとって、こんな便利な物が消えたなんて、世の中、寒風が吹くねぇ~~~ 手ぶらで帰る訳にもいかず、やむなくトレンカを購入。 他の軟膏塗っている人たちは、どうしているのか? と考えながら・・・そう言えば、福助のレギンス・イメージガールだった佐々木希さまが、消えていた。 在庫限りの文字を残して・・・ ところで、他人さまのブログを見ていると、節分に「恵方巻き」なるものを食べるとある。 あれは、こちらでは通常『太巻き寿司』と呼んで、いなり寿司とコンビの「助六すし」で良く見ますし、我が家では週に1度は太巻き寿司を食べますが・・・・・。 巻き寿司は、酢飯が美味しいので、納豆巻き+カンピョウ巻き+カッパ巻き+カツオのタタキ巻きのセット寿司が好きですね。 一番は、酢飯が引き立つ、スーパーの『ちらし寿司』でしょうか。 お米そのものに、粘りと甘さのある、あきたこまちは、冷めても美味しさがそのまま、まさに『ちらし寿司』や「納豆巻き」にピッタリ 納豆は電子レンジで温めると、ニオイがきつくて、ネバネバも強くなるし、余り好きではないが、巻き寿司のままなら、 美味しく食べられますから・・・ こちらも週1回は欠かせませんブログで全文を読む
2016年01月18日 18:14
大雪注意報は当たったのか?
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
降雪予想は100%だった昨日と今日。 ここで雪が降り出したのは、予想から大きく遅れ、夜中過ぎ・・・。 「おお、これは本格的に積もるかな」と、本格的な雪到来に備えたが、なんだか予想に反して、雪は今日午前中には止んでしまい、積雪はここで20cmくらい。 この少雪では除雪車の出動は、みんなが登校・出勤したあとの昼前・・・ この程度では車が立ち往生すると言う事もなく、まして電車やバスも止まらなかったが、秋田新幹線は秋田側の強風で運休したらしい。 ここでは、風さえ、かなり穏やか。 但し、最近は真冬日が続いているので、積もった雪はシャーベットにならず、カッチンコッチン! そして予想は今日も100%だったが、曇りに変わり、午後から雪も雨も全く降っていない。 今年は「国体」が開かれるが、既に始まったスキー国体の競技が、安比高原スキー場の雪が少なく、コースを短縮して行われたとか聞いて、そんなに雪が少ないのか・・・・・? と思い、昨日、雫石スキー場に行って見た すると以外にも、駐車場は車が一杯 「おお、ゴンドラ・ロープウェイ、動いてるじゃ!」 なるほど、林間コースの多い雫石スキー場は、樹木が強い風を遮ってくれるので、 山頂付近以外は、余り風の影響を受けないのかも。 ゴンドラが嫌って人の為に、直ぐ脇の第一リフトも動いていた。 寒さはスキー場としては、極く普通で、突風もなく、ゲレンデの見通しも良い。 プリンスホテルも、今シーズン、客室を大幅リニューアルしたらしいし、何んか外国人も来ているらしいので、これから雪は心配なさそうだ。 近くに住んでいながら、雫石スキー場に行って見たのは、20年ぶりくらい・・・ いつの間にか、牛君が建っていた 昨夜の新雪で、一段と積雪も増し、真冬日が続いているので、きっとパウダースノーの雪質が楽しめそうブログで全文を読む
2016年01月13日 18:54
入院
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
今日、母が入院した───。 病名は「帯状疱疹」。 そうだ、正に私が28歳の夏に罹患し、病院を転院しながら、計1年半もの長い期間入退院を繰り返した、あの恐怖の帯状疱疹だ! 母は今週の日曜日頃から脇腹の下に、潰瘍のようなタダレが現れ、最初は湿布負けかと思っていたらしい。 それが次第に、周辺に紅い発疹が現れ、水ぶくれになっていった。 痛みも、痒みもないものの、診てもらおうと言う事で昨日、父の通っている病院へ行くと、 薬疹ではなく、帯状疱疹と診断。 医師から入院を勧められた為、今日から1週間の予定で入院する。 母も父も、これまで帯状疱疹に罹患した事が無いとの事で、それにもまたビックリ! 体力や免疫力が落ちている人が罹りやすいと言うが、母の場合、症状は軽いようで、入院して抗ウイルス薬を点滴すれば、元気になると言うので、一安心・・・。 私が帯状疱疹に罹患した時は、ちょうど胃潰瘍で病院に入院していた時で、院内で発症・・・。 その後、すさまじい激痛に苦しめられ、痛み止めも座薬も全く効かず、肋間神経が、これでもかと言うくらい痛めつけられ、完璧に体力を奪われ、歩く事も出来ず、後遺症として十数年、顔面の疼痛に苦しめられた・・・。 極く稀に、酷い後遺症の出る人がいるとは聴いていたが、その後、身体の自己免疫反応が極端に強くなり、尋常性乾癬を発症。 その治療は今も続いている。 母は、症状としては軽度と言う事で、ホッとしている。 今年は、穏やかな元旦でした。 そしていつもより雪が殆ど降らず、現在は積雪3センチだとか。 「恒例 いわて雪まつり」も史上初の雪不足で、かまくらや雪像を作らず、滑り台とステージのみになるらしい。 雪は降らないものの、寒さは平年並みで、最近は真冬日が続いている。 ただ年末から新年にかけて、予想に反して暖かいものだから、真冬モードの身体がなかなか馴染めず、まるで春先のように眠く、四苦八苦・・・。 もしこのまま雪が微少なら、県内、今年は屋根の雪下ろし事故0が期待できそうだ。ブログで全文を読む
2015年12月12日 15:36
佐々木希、二の腕
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
いよいよ、あの年代物の病院が、来週、外来を休診して、新しく建てた新館へ大挙移動するらしい。 何だか超立派になった新しい病院・病棟は、今の建物より遙かに大きく、移動が終わると、 古い病院は取り壊すとの事・・・。 そういえば、就寝中に激しい咳をして、肋骨にヒビが入った時、救急車で運ばれたのが、この病院だった。 結局、2日ほど入院して、特に何も治療する事もないと言われ、 胸にコルセットを巻いて、繋がるまで待って下さい・・・・・なんてな暢気な事を言われ、退院したが、 今は、母が膝のリハビリに通っている。 移動したら、ちょっと真新しい院内を覗いてみよう~~ 木曜日、舞台の芝居を見に行って来た 佐々木希の「ブロッケンの妖怪」 3階席を塞いでいる、蛇腹の緞帳が開いているのを、久しぶりに見た・・・満員 大概、民謡歌謡ショーなどは満席になるが、舞台公演では珍しい。 もちろん芸達者なベテラン俳優ばかりなので、内容もお芝居も抜群に楽しかった、が 個人的なお目当ては、やっぱり舞台初挑戦と言う、佐々木希ちゃんだ かわいい 意外に背が高い テレビや映画とは全然違う、2役目の声に、迫力があった そして、上半身はちっちゃいのに、二の腕が意外に太い こんな感じ・・・。 終了後には、作・演出の倉持裕氏が登壇したが、結構若い人なのでビックリ。 盛岡公演には、佐々木希ちゃんの父母と兄と親戚が来てくれたと言うので、希みんはとっても喜んでおりました。 もちろん初舞台ですから、東京公演を見に行ったかと思いますが、 何せ、盛岡だから、最終の秋田行き新幹線が22時30分という事で、ゆっくり話も出来たと思うし、日帰りOKだし、近いからみんなで見に来たのでしょう。 微笑ましいですな~~ それから、午前中は小岩井農場に行って、超濃厚なアイスクリームをみんなで食べて来たとの事。 私は、いつもは2階席から見るのだが、やっぱり佐々木希ちゃんと言う事で、1階席をGET おデコを出した役と、前髪下ろした役を演じたが、 私は前髪下ろした方が、可愛いなぁ~と思った でも、でも、意外に長身で、佐々木希ちゃんのスタイルの良さには、本当にビックリ・・・感激した日でした。ブログで全文を読む
2015年12月04日 15:19
今年最後の診察
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
アイドリング!!!の番組が終了して、まだ多少しょげている、じんべいでやんす そして昨夜から今期初の本格的な雪が降り、積雪 今もまだ降り続いてますが、今夜から再び暖かくなる、らしい・・・。 火曜日は今年最後の心血管科の受診でした。 院内は、半端ない程、暖房が効き、 特に心血管科のある階には、小児科もあるし、暖かい空気は上に来るという通り、暑かった 温度計付きの腕時計で測ると、29.9℃もある。 なんぼなんでも暑すぎのような気もするが、看護師(婦)さんは殆ど半袖なので、仕方ないか・・・ さて、血液検査の結果は──前回と変わりなし。 それでも、先生との約束通り、3キロの減量に成功 毎日コツコツと・・・付け忘れて、飛び飛びになった血圧表も、目標値を維持していて、OKが出た しかし、房室ブロックで弱くなった心筋は、2度と元には戻らないので、 体重が多いと(脂肪ですが)、それだけ心臓に負担になるので、 今回は更に3キロの減量に挑戦しましょう と、持ち上げられ、 次回までを目標に、トライして見て下さい、との事。 ところで待ち時間に気づいたのだが、 週間担当医名という、張り付けボードがあって、そこには先生の名前が貼ってある。 その中には、一番偉いだろう・・・「教授」と次に偉いだろう・・・「准教授」。 その他に、「講師」と「医師」という肩書きの先生もいるのだが、この違いが良く分からない。 皮膚科では、本院の勤務医以外に、盛岡市内の個人病院から特定日の特定疾患の診察日に来るので、その分野の卓越医師なのかもしれないが、 では「講師」は何??  それから、これはどうでもいいが、 時々珍しい印刷をしてくるコカコーラだが、カロリーゼロに加えて、 保存料ゼロ、合成香料ゼロという缶が出ていた。 甘味料も、スクラロースとアセスルファムカリウムだけになっていた。 それにしても、派手な缶だブログで全文を読む
2015年11月27日 23:42
冬が来る
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
一カ月以上更新してなくて、あらららと言う間に冬・・・・・ かと思って、11月早々、真っ先に冬支度に入った  が、驚く事に、霜が降りたあとの温かさが身に堪えた なんと、夏バテならぬ、秋バテに陥った~~ 斯くして、2週間、秋バテが続く、異例の温かさに、ぐったりの毎日・・・ 「だるぅぅぅ」「だるぅぅぅ」と、連日コタツから出られなくなった。 こうなると、お腹にも力が入らず、身体を起こすのもしんどい。 それでも、フラフラするような浮いた感じのまま、とにかく病院へ。 先生曰く、「ポカリスエットもいいけど、糖分が多いから、OS-1にしたら」と、言われ、 まぁ、点滴してもらう程の事もないと、OS-1を買って、ゴクゴク・・・・・ しかし、これが意外に効かない やっぱりイオンポカリではなく、青いポカリが一番効くと確信 久々に2リットルボトルを買って、何故か寒いのに、汗だくで帰り、即注入 なんか、病院もやたら暖房が効いていて、扇子であおいでいるおばちゃんを目撃。 おお、扇子仲間がいるじゃん 私も上着を脱いで、Tシャツになり、地下の長椅子でポカリを飲みながら、扇子でパタパタ そしてようやく、ここ2、3日、緩いお腹も良くなって、何とか回復・・・ 今年は大雨・豪雨もなく、台風の被害もなく、お米は首を垂れたまま収穫し、リンゴも葡萄も落下せず、収穫できたようで何よりですが、農家には激烈な厳しい暴風が政府から吹き付けられています。 来年は更に米の作付を断念する農家が増える事でしょう。 日本の和食の寿司や丼物も、これからは輸入米が酢飯になり、丼物は米も牛肉も天ぷらもウナギもカツ丼も、そしてカレーライスも輸入米に代わり、それを和食と呼ぶような、些かいい加減な時代になるでしょう。 しかしそれも日本人が選択した道なら、仕方ありません。 伝統なんて物は、あって無いようなもので、その時代、その時代で変化する物なのかもしれません・・・。 そして今日は、なんだか突風が吹いてますが、予報は外れにハズレ、雪がまだ降りません ずーっと、雨続き こんな冬はどんな冬 まぁ多分、2月に雨が降るでしょう~~ってかブログで全文を読む
2015年10月23日 15:10
自慢できること?
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
ガイドブックに載っている名所に、外国人観光客がドワーっと襲来して、“爆買い”や“爆喰い”してるとか・・・ 観光収入が1兆円を超えたと、大型店はウハウハらしい、とか。 しかし、ここでは外国人、全く見た事ありませんが、 そういう話題に全くついて行けない、時間の流れが相当遅いこの辺での話題と言うと、 なんだか連日、本州一の最低気温を記録している薮川に負けず劣らず、 3位~4位をキープしている事ぐらいでしょうか・・・ 連日地元ニュースは沿岸の話題ばかりで、内陸や山沿いは忘れ去られている感がありますが、 それでも、何だか、ちょっぴり地味に話題になっているのが、病院の話 母が週2回、リハビリに通っている病院・・・、これが非常に古く、外壁は煤けて、黒くなってるし、玄関先が坂道になっていると言う、これまた厄介な入り口。 しかしこの病院、盛岡市内の大きな病院の患者にとっては、とっても重宝されている。 母のように人工関節の手術や、複雑骨折や、脳血管障害の後遺症による歩行困難、言語障害や、神経疾患などの難病のリハビリ患者を一手に引き受けている。 実はこの病院は外科が専門で、盛岡市内に本院があるが、こちらも古い。 30年ほど前、私が足の甲を骨折した時には、ギプスを付けてもらった・・・由緒ある病院である。 盛岡市内の大きな病院では、ベッド数に限りがある為、症状によって、手術する病院を別け、重篤患者・重症患者・中等症患者・軽傷患者によって担当の病院を振り分け、病院の負担を軽減している。 その為には、回復期の患者の社会復帰のためのリハビリまでを、大きな病院でするとなると、ベッドがなかなか空かない事態となり、次の重篤な患者を受け入れる事が出来ない。 そのため市内の県立・市立・国立の3病院では、手術が終わり、回復期になった患者のリハビリを、このオンボロ病院にゆだねている。 しかし、さすがに築年数が古く、厚生労働省から注意と言うか警告が来たらしい・・・ ここまでが一昨年の話。 それから1年半。 古い病院にくっつく形で今年の夏、その全貌が姿を現し始め、最近ようやく外壁の工事が終わったようだ。 これまで同様、入院病棟もあるようだが、中身はまだこれからなので、良く分からない。 しかしこれで回復期や手術後のリハビリ患者の受け入れが、更に進む事だろう。 何せ岩手県は脳梗塞死亡者(男性)全国ワースト1位という、不名誉な1位を続けている。 最低気温・本州1位とは、だいぶ異なる1位だ。 実はリハビリを主に専門とする病院が、この病院のそばにもう2つあり、 一つは自然温泉を利用したリハビリ病院と、もう一つは高次脳機能障がい者の為の、入院病床を備えたリハビリ病院。 しかしこれから更に増えるであろう、認知症患者のためのリハビリは行っていないようだ。 そもそもこの辺りでは、認知症=俗に言うボケた人、と言うのがとにかく少ない。 農家が多いせいか、生涯現役で働いている人が殆どだし、昔話を良く話して聞かせる機会が多い為かもしれない。 都会では、昔の話を聞いてくれる家族も・・・・、また話す機会も無くなっていると言う事でしょう・・・。 家族がそれぞれ独立した家計を営むことが、都会では自立していると言う常識になっている以上、認知症患者の増加は防げないし、徘徊も更に増える。 認知症は、誰でもなく、子供や孫が、父や母からの、過去の話に全く興味を持てなくなった人たちへの、警鐘かもしれませんね。ブログで全文を読む
2015年10月02日 23:31
ポンポコ 10月
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
暑さ寒さも彼岸まで。 10月になりましたが、皆さんはお変わりありませんか? 晴天に恵まれた昨日、今年、初めての「メタボ検診」に行って来ました。 毎年案内は来ていましたが、心臓の掛かり付け病院で、同じような検査をしているので、これまでズラっとしていました・・・。 しかし今年初めにインフルに掛かって、地元の診療所にお世話になったので、 今回は受ける事に。 そして、やはり検査項目は殆ど同じでしたが、やっぱりメタボは注意しなきゃ! と、お腹周りの寸法を測った時の数字を見て、ヒシヒシと痛感 帰りに「ウコンの力」をケース買いして来ました・・・ 今日は爆弾低気圧とかで、昨日の夜から真冬の暴風雪のような強い風が吹いてましたが、 真冬はだいたい、この程度の吹雪の強風は普通なので、風だけなら大丈夫で、 今日もいい天気でした。 小岩井農場から、スキー場のコースがクッキリ見える程、 空気が乾いていて、午後は穏やかな日和 毎年、季節の変わり目になると、鼻風邪引いて、グスグスしてるはず・・・ 去年の日記を見返しても、カゼの文字が連日並んでいます 所が今年は、朝が5度になって、昼が20度だったり、 朝が10度で、昼が15度だったりと、気温の変化に身体がついて行けないはずが、 今年は風邪らしい風邪を引いていない 特に変わった事はしていないので、何故 と考えて見た 変わった事と言うと・・・、 便通を整えるため、去年暮れ頃から飲み始めた「キリン まもるチカラのSUPLi」か・・・ 乳酸菌1000億個の文字に惹かれて、毎日欠かさず飲んでいる訳だが、 これ以外に特段変わった事はない・・・。 さてさて、10月5日は遂に「アイドリング!!!ラスト公演 武道館ライブ」ですが、 なんて言いますか、 世の中、アイドルブームらしいのですが、 今現在、世間に出回っているアイドルの生のライブを、1度も見た事がない なので、本当にブームなのか、良く分からないのだが・・・。 何でも沿岸の方には、何組か、意外に頻繁に来ていたと聞くが、 何せ、内陸北部の盆地なので、そんな噂も、しばらく経ってからでないと伝わって来ない・・・ でも、何年かぶりで、CDを買ったぞ アイドリング!!!のシングルベストコレクションとベストPVのやつ そして今年も来年のカレンダーを買う時期が来ました。 さて、誰にしようか・・・ブログで全文を読む
2015年09月11日 00:05
ペースメーカー外来
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
早いもので、1年ぶりのペースメーカー特殊外来の日でした。 動作確認と調整の時の、心臓の動きがゆっくりになって行く瞬間は、 やはり気持ちの良いものではありません。 今日、何人がペースメーカーの動作確認に来ていたかは分かりませんでしたが、 少々待ち時間がありました。 その間、既に冷房は入っていない待合室の、 天井のエアコンから微妙な風が・・・これは単に送風なのか?  と、タオルに扇子で、汗を拭き拭き・・・ 何せ、去年の9月初旬と言えば、もう最低気温が10度を下回り、私は風邪を引いていました、が 今年は未だに15度を切らない、暖かい朝と、今日は27度と言う暑さ・・・ 更にドンヨリした空模様で、ジメジメ・・・ 汗っかきの私が汗をかかないはずはない つまり理屈としては、オホーツク海高気圧が張り出すと、寒くなるはずが、 オホーツク海高気圧が暖かいので、台風が北上しても水蒸気の補給が盛んなので、 豪雨をもたらしたと・・ 台風崩れの低気圧が日本海に出たのに、太平洋から暖かい空気が云々・・・と言うのは、 この異様な9月の暑さをもたらしている、北から張り出したオホーツク海高気圧も 1枚加わっているのかも・・・しれませんな ペースメーカーの検査結果は 去年はあと3年くらい、と言われていたのが、 心筋の自発的動きが良いようで、あと4年は大丈夫と言われ、超ホッとしました。 意外に電池が長持ちなので、助かります。 それにしても、ここは確かに冬は、それなりに寒いし、雪も少々多めに降るものの、 四方を山々に囲まれた盆地だし、そばには川も崖もない平凡な盆地。 うちのご先祖様は、江戸時代末期にここへ家を建てたようで、 それ以来、数々の地震にもビクともせず、昭和三八豪雪でも平気で、数多の台風、吹雪にも耐え、つつがなく集落の1軒たりとも壊れる事なく、長い年月を、平々凡々と、大都会の流行からは3年は遅れつつも、こん日まで自然災害に遭うことなく過ごして来れたのは、幸運なのか、それとも先祖の知恵と工夫の継承なのか・・・・・。 多分、先人は、 私たちの知らない、遙か過去の災禍を目撃し、或いは伝え聞き、回避する術を実践して来たのだろう。 仏教が伝来するより遙か昔、 人々は人型ではなく、山や、森や、川や、湖や、岩や、動物や植物に、 神々が宿っていると信じていた、遠い昔から・・・。 私たちは、その災禍の歴史を、コンクリートという塊で、地面に封印してしまった。 降った雨はどこへゆく。 もはや土は見渡す限り消えてしまっているのに───。ブログで全文を読む
2015年08月07日 22:00
汗の結晶
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
本当に暑い日が続きますなぁ・・・ 梅雨も長雨と言えるほどの雨は降らず、ちょうど2週間前に、少し午前中に降ったきり、夕立がちょぴっと降るくらいで、殆ど雨らしい雨も降っていない。 そんなカラ天気を予想していたのか、庭のノウゼンカズラの樹が七月に入って直ぐ、満開になった その後も花が落ちては、又新しい花が咲き、 を繰り返し、まだ咲いている・・・ 当地は盛岡より、常に3~4度気温が低い。 朝は20度前後、昼中は28度から33度と、ニュースに毎日登場する地名の温度にはやっぱり及ばない。 従って、猛暑日にはまだ到達していない。 奥羽山脈から吹き下ろす風が、なんだか生温いのが、妙に汗を誘発してしまうが・・・ 通院の日、私の頭に、珍客が飛んできた。 イザっ と言う時、突如車の中に現れた、デカイ虫? 最初はアブ(虻)かと思ったが、それにしても大きい・・・ フロントガラスの所で横になったら、羽根がやたら大きくて、初めて蝉・・・と気づいた。 車のそばにはカズラの樹があるだけなので、どっかから飛んできて、たまたま頭にたどり着いたらしい ドアを開け、ツッツイテ、ツッツイテ、ドアの方へ追い込むと、元気よく飛び去っていった。 家の回りに蝉の好きそうな樹がないので、遠路はるばるやって来たのだろうか・・・ 去年の8月8日、ここは豪雨に見舞われ、河川が氾濫、大洪水に見舞われた。役場の駐車場はまるで全体がプールのように水が覆い尽くした。 しかし今年はカラ梅雨 30度を超えたり、20度台で踏みとどまったりと、汗っかきの私には辛い夏 洪水で氾濫した川も、今年は水量が少なく、清流になっていて、この時期、鮎釣りが盛んのようだ。 しかしこの時期、毎年毎年、通院のたびに汗グッショリするのもイヤなので、何か良い方法は無いかと思案してみた。 今年は病院の冷房も修理されたようで、多少冷房が入っているが、それでも私には暑い タオルを左手に・・・扇子を右手に・・・と言う毎度の格好でも、皮膚科の紫外線治療をすると、グワッと汗が出てくる。 こんなにカンカン照りの暑い太陽が輝いているのに、何故、紫外線? と思われるかもしれないが、紫外線にはA波、B波、C波があり、このうち地上に届くのはA波、B波。 紫外線A波は、肌の奥深くまで到達し、弾力低下の元になる。 紫外線B波は、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こす、いわゆる日焼けの原因。 乾癬の治療には、紫外線B波の中でも限られた波長(311~313nm)を使い、皮膚の細胞増殖や炎症を抑制します。 直射日光の下ならきっと半日以上掛かるでしょうし、汗だくで仕方ないでしょう・・・ そう言えば、最近気づいたのだが、汗をたっぷりどっぷりかいた後、その汗はどうなるのか? 疲れてそのまま眠ってしまい、朝になった場合、例えエアコンを点けても、寝汗はかく。 そうすると1日半、汗をかいてはタオルで拭き・・・、或いは濡れタオルで拭いたとしても、完全に取れないとすると、蒸発した水分の残りが身体にはくっついているはず・・・ 普通の人なら、多分そんな事はないと思うが、私の場合、時々、首の横から肩、首の後ろに、微細な粒を指先で感じる事がある。 この粒々、指でこすっても、タオルで拭いても無くならないが、蒸しタオルで拭くと消えてしまう もしやこれは汗の結晶───つまりナトリウムの結晶 確かに他の誰より汗っかきで、5回、脱水症状で入院した事があるが、結晶が出来るほど大量のナトリウムを排出しているとは、想像もしていなかった。 そしてハタと気づいた 病院に行った日は、どこにも寄らずに家に直行しようと 案の定、スーパーにもコンビニにも寄らず、処方箋薬局に寄って直ぐ帰宅した結果、思ったより汗をかかなかった 「暑さ寒さも彼岸まで」、と昔から言われる通り、多分、この暑さもあともう少し・・・であって欲しい。ブログで全文を読む
2015年07月02日 23:51
指定難病の申請を中止
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
本格的な梅雨はいつ・・・? この辺も梅雨に入ったらしいが、どうも、どんよりしたり晴れたりで、中々雨が続かない日々。 しかも朝がなんだか寒くて、10度になったり15度になったり・・・。昼も20度だったり27度ぐらいと、変動が激しく、着るものに四苦八苦。 やっぱり夏にはもう一歩足りない。 そんな中途半端なこの時期に、夜のぬくぬくコタツが、壊れた かれこれ25年くらい使っている、長方形のコタツだが、とうとう壊れた 実は、この長方形のコタツ・・・でか過ぎるのだ。常々邪魔だと思っていて、小さい正方形コタツを通販で物色していたのだが、ちょうどいい機会なので、早速注文してしまった・・・。 で、ささーーーーーーっと届いた まだ、夜から朝の肌寒さが続きそうなので、まだちょっとコタツの世話になる。 そう言えば、あの自販機が、少し進化していた。 つぶつぶ果汁は、110円だが、ロング缶から人気の小コーヒーまで、ずらっとオール100円 ペットボトルまで、100円だ しかもUCCコーヒーの小ロング缶は、80円っっっっ 得体の知れない自販機だが、お得過ぎるので、ついつい買ってしまった・・・ さて、平成27年1月から指定難病(従来の特定疾患)が、これまでの56疾病から110疾病へ増えた。 7月1日からは更に196疾病が追加され、306疾病へ増加。 これによって新たに対象となった患者には朗報だが、これまで自己負担がゼロ円だった人は、生活保護を除き、収入に応じて自己負担する事となった。 私の場合は、3ヶ月に一度の循環器での検査と診察と投薬で、これまで処方薬以外は無料だったが、限度額を僅かに越えるぐらい。 サルコイドーシスの眼科も無料だったが、これは6ヶ月ごとの検査になったので、限度額に達しない。 そして、指定難病(特定疾患)の更新は、毎年しなければならず、1年に1度、わざわざ更新申請のための呼吸器科の検査と診断料を取られて、更新しても、結局、自己負担になってしまう。 これが診断書に必要な診療科が多いので、時間と日数が掛かり、とっても煩わしい・・・。 結局、毎回3割自己負担になるのなら、普通に近所の医院で診てもらうのと、何ら変わりはない。 限度額を遙かに超える医療費を毎月払うなら別だが、そこまで届かないのに、わざわざ特定医療費受給者証が必要とは思えない。 心臓ペースメーカーの置換手術まであと2~3年だが、高額医療費の申請が出来るし、通常診療の費用は、重度医療費で1500円以上は払い戻されるので、これでいいのでは・・・と。 それはさておき、心臓ペースメーカーの取り替えの際には、MRI対応にしたいと思っているのだが、金額はどんだけ掛かるのか・・・。 心臓の心筋に突き刺さっているリードは、抜けないらしいので、リードはそのまま残し、ペースメーカー本体の交換となるらしいが、これまではCTばかりで、しかも不鮮明で良く分からなかった。 歳も歳なので、やはり頭の血管ぐらいは診てみたいが・・・・・ブログで全文を読む
2015年06月30日 00:04
医師たちの恋愛事情
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
単発や連ドラに、年間2本のペースで出演している、石田ゆり子氏の第1四半期のドラマ「医師たちの恋愛事情」が終わった・・・。 昨年のNHK「さよなら私」は、 恋愛色の薄いドラマだったので、毎回見ていたが、 さすがに今回の「医師たちの恋愛事情」は、当初から、病院内での医者同士の恋愛がテーマだし、しかも相手が、やたら若いので、リアルタイムでは見られなかった・・・。キスシーンやベッドシーンは、見てるこちらが気恥ずかしいし、ネットで必ず話題になるので、やはり直視できない・・・・・。 石田氏の恋愛ものは、毎回、照れくさい。 ただ「夜行観覧車」のような既に主婦ものや、「今週、妻が浮気します」のような不倫ものは、特段気にする事もなく、石田氏本人と程遠い設定なので、何故か安心してしまう。 石田氏の医師ものと言えば、やはり「Dr.コトー診療所」が大好きな役。 一途な片思いや、「解夏」、「四日間の奇蹟」のような、尽くす役は、石田氏に近いように思うので、結構好きである。 「医師たちの恋愛事情」に関しては、二人とも外科医と言うのが、恋愛を難しくしているし、私立大学病院の仕組みが良く分からないので、そっちの方が不可思議だった。 入院患者を診ながら、救急も担当するというのは、あまりにも仕事がハード過ぎるような気もするし・・・。 物語の展開はやはり最終回だと思った。 万が一、石田氏ががっぽり貯め込んでいて、開業医になると、二人が結婚するという、ちょっといい加減な終わり方も有りかなとか思っていたが、やはりそれは無理で、あっけなく終わったのでホッとしましたね。 今回は、苦手だと言う番宣で、バラエティにたくさん出演して、 相変わらず、のんびり屋さんなんだなぁ~~と、一杯楽しませてくれた石田ゆり子氏。 近年、映画では、悲劇的な役が多くて、私的には敬遠しがちなので、 困難(苦難)に直面しても、負けずに、生き生きと、ただひたすら前を向いて歩む、女性の姿を演じて欲しい。 そしてこれからも、大都会の喧噪と粗放に扇動されず、温かなおっとりした感じのままで居て欲しい。ブログで全文を読む
2015年06月03日 15:06
気になるまとめ
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
最近の目まぐるしい気温変化で、早速、暑さバテ気味で、昼はグッタリ中・・・ そんな昨日、3ヶ月ぶりの心血管内科の定期診察日で、病院へ すると、本日の担当医師欄に、いつもの先生の名前が無い・・・ 心血管内科の受付は、腎臓と内分泌も合わせた受付だが、何故か医師欄に、知らない名前。 しかも受付の女性はずっといる女性1人以外、知らない人だし、看護師も全く見た事がない顔ぶればかり・・・。 一番最初の受診から、ずっと顔なじみの受付の女性に、○△先生は? と聞くと、 何と、3月末で退職したとの事 理由を聞くと、この病院にありがちな転勤ではなく、開業医として独立されたと・・・ えぇぇ~~何とまた突然に事で すると3月が最後の診察だった訳で、それならそれで言ってくれればいいのに、と驚くことしきり そして昨日は新しい先生・・・・と言っても、ずっといる先生ですが、 私は初めて。 でも穏やかな先生で、引き継ぎはしっかりしていてくれたみたいで、必要な事はちゃんと把握していました。 血液検査の結果。  肝機能値が、ちょっと良くなっていた。  血中ナトリウム値が、相変わらず下限ギリギリ。昨日も半袖で行ったものの、相変わらず私一人、汗だく。タオルで拭き拭き、今年初めて扇子でパタパタ・・・。他の人は、全く暑そうでもなく、長袖の人も多く、女性はカーディガンを羽織っている。 しかしこればっかりは仕方ない。 汗をかくと尿量も減少するので、いつもより回数が減ってきたら、要注意  チョコ大好きの私だが、今回も血糖値は下限ギリギリ。総コレステロール値は中間値、中性脂肪はやや低め。 結果は変化なしと言う事で、まずは安心ブログで全文を読む
2015年05月27日 14:44
緑内障
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
冬の間は、毛布が多めになるので、なかなか寝付けない。 軽いと寒いし、重いと窮屈・・・。で、横向きになってしまうのだが・・・。 眠剤を飲んで、横向きになり、テレビを見ながら、次第にウトウト。 いつしかテレビをつけたまま眠ってしまう・・・。 その結果がこれだ このメガネ、遠視用で、数万円もしたものだが、あっさり曲がって、折れた なんてこった~~ 原因は、蝶番が太すぎた事。 それまで使っていたメガネは、蝶番が細く、2段階に曲がるようになっていて、テンプルが細く、形状記憶になっていた。 しかし今回のはどうやら高価なだけで、硬過ぎた これなら安いメガネでもいいか・・・と思案、例のJINSに行って、 既にポンコツで、レンズのコーティングが剥がれて、やたら見えにくく、それでもパソコンに向かう時には必須の、遠近両用を作る事に・・・ しかし、ここで問題が発生 緑内障の疑いがある人は、眼科医の診断書である処方箋が必要との事。 ペースメーカーを埋込んで以降、サルコイドーシスの疑いがある人は、緑内障の定期検査が必要になり、これまで3ヶ月ごとに視野検査と眼圧検査を受けてきた。 それから早いもので5年が過ぎて、今年から眼科検査は半年ごとになったものの、経過観察は続いている。 仕方なく、次の眼科受診の時に、遠近両用メガネの処方箋を作ってもらおうと、待つ事に。 そしてようやく、緑内障外来での検査の日、処方箋を書いてもらい、再びJINSへ 出来上がりに1週間を要したものの、ようやくザラザラの旧メガネレンズから脱出 目出度く、6年ぶりの遠近両用メガネが手に入った。 このメガネ、1万円ちょっと(苦笑) しかしレンズが小さいので、横になってテレビを見ていても、近場レンズが下側の狭い範囲なので、全く不便がない。 これまでの遠近両用は、レンズが大きく、横になると、ズレて見えにくくなったが、それがなく、好都合 蝶番が2個あるので、そのまま寝てしまっても、曲がる事がない。 やっとパソコン画面が見えやすくなって、ひとまずホッとした・・・ブログで全文を読む
2015年05月21日 00:23
申請
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
嫌な五月蠅い時間が、ようやく鳴りを潜め、いつもの静かな空気感が戻ってきて、やっと一安心している。 日々、少し肌寒い気温が続いていて、5月になって2回風邪を引いた。 主治医の先生も、さすがに寒かったようで、風邪を引き、喉が痛いと・・・。 5月は色々と申請やら、更新があって。 まずは自動車税の減免申請・・・。これが相変わらず、ポンコツの域に入ったエクリプスに乗っているが、今年から値上がりした。 新車登録から十数年経過した我が車には、環境税らしき負荷税が追加され、減免額を僅かに超えてしまった・・・。 これまで全額免除だったのが、超過分を払う事になった・・・・・。う~む。 新しい車を買うと、これまで通りらしいが、バカを言わないでくだしゃんせ!  今のご時世で、新車なんぞ、軽でも買えんぞ! つまり中古でもいいから、排気量の小さい車にすればいいらしいが、待て、待て、待て、中古も買えないだす! 次は障害者優先駐車証の再交付。 ついつい5年の期限が過ぎているのを忘れて、更新してなかった。 なので、シールをもらって来た。 新しい交付証ではなく、日付の所に貼るシールだ・・・。 ま、車内に吊すので、シールでいいか~~~ 考えて見れば、この2~3年でテレビの連続ドラマを、リアルタイムで全く見ていない。 見るのは2時間の単発だけになった。 そしてそれより全く分からないのが、流行の歌だ。 音楽そのものを殆ど聞かなくなった。 唯一聞くのは、『アイドリング!!!』で、それ以外で何が流行っていて、どんな人がいて・・・・は、全く分からない。 これ程、歌に興味が無くなったのは生まれて初めて。 自分の心が殺伐として来たのか、或いは病気が進行しているのか? しかし、この状況に憂んでいる訳でもなく、 焦っている訳でもない。 むしろ東京から発せられる情報の殆どが、北東北には無関係な事ばかりで、大都市の単なる自慢話になっている。 物質に溢れ、何もかもが便利なように構築された大都市の寓話に、私たち中山間地の人々が付いて行けるはずもなく、物欲に支配され、あらゆる贅沢が思いのままの国が、唯見向きもせずに闊歩しているに過ぎない。 そんな別世界の戯言を理解しようにも、変革のスピードが早すぎて、呆然とするばかりなのだ。 使えるものは、直せるなら直して使う。 そのどこが悪いのか? 私は牛丼は食べないが、牛丼チェーンの牛丼が値上がりしたらしい。 人件費や輸入肉の高騰らしいが、彼らにとって、安くて、肉を喰えればそれでいいのかもしれない。 例え、牛肉の下のご飯が、中国産米であろうと、アメリカ産米であろうと、古古米・古米であろうと、どうでもいいのだ。 味の良い、国内産銘柄米など、牛丼には必要ないのだ。 外国人が大挙して訪れたGW。日本の温泉旅館に泊まった外国人も多い事だろう・・・・。 そこでは豪勢な和食が振る舞われたに違いないが、果たして、低価格で豪勢な和食を大量に提供出来るものだろうか? もし出された「和食」の材料が、海外からの輸入材料で作られたのなら・・・。 もっともそんな味の違いなど、外国人にも、勿論、日本人にも分からない。 しかしそれでもいいと思って喰っているのだろうから、それはそれで佳しとするべきか・・・。 『偽装食材』は本当に駆逐されたのだろうか? 国内産品は高いからと、値切って値切って、挙げ句に中国産チキンナゲットで大騒ぎ。 価格は品質に比例するのが、日本品質なのに、今はそれが嫌われている。ブログで全文を読む
2015年04月25日 15:53
新旧
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
か、かわってる 何日か前、スーパーでいつものように「キリン生茶カフェインゼロ」を買って、家に戻る。 飲もうとして、ふっと既に飲み終わった別のボトルを見ると・・・ あれ、違うじゃん パッケージの変更だ 「カフェインゼロ」の字が大きくなってる。 しかも「世界初」の文字まで・・・ 箱買い(ケース買いとも言う)してるので、この大きな変化に気づかなかった。 で、味は う~~む、変わってないような・・・、分からないブログで全文を読む
2015年04月24日 18:04
桜より脳裏に憶う、朽果てた橋
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
暖かいらしい・・・。 それもそのはず、今日は今年最高の気温だったとか。 しかし風邪引きの今は、ちょっと寒気、いたたまれない程の眠気に見舞われている 風邪を引くと、必ず激しい眠気が襲い、寝ても、寝ても、尚眠い 世は早くもGWに入ろうと言うのに、まだ季節の変化に身体が追いついていない・・・・・。 盛岡の石割桜は既に満開。弘前城公園の桜も開花して、遅ればせながら雫石川園地の桜もようやく開花 しかし小岩井の桜はまだ蕾らしいが・・・。 いつの間に、誰が植えたか知らないが、ここが公園と呼ばれるようになって、初めて間近で桜の開花を見た。 只今7分咲きだそうだが、この並木、延々2キロ以上続く・・・。 ただ、芝生と言うか、牧草というか、下草の伸びが遅いし、川から吹く風が冷たいので、のんびり弁当を広げるというまでには至っていない。 前回より相当ダムの水かさが増えた。 元々、ここには貯木場があった。 駅の南口には、貨車が待機する操車場と幾つもの線路が縦横に走っていた。 上流で切り出された材木が、ここまで川舟に乗せられやってきて、ここから貨車に積み込まれて出て行った。 そして今は満杯の水で満たされているこの場所に、おんぼろの木造の橋が架かっていた・・・。 ちょうど対岸に当たる場所に、おじいちゃんとおばあちゃんの家があって、私は土曜日になると、家から歩いてきて、駅裏の土手を歩き、ボロボロの橋を渡り、祖父母の家に泊まりに行っていた。 家では両親と一緒に寝た記憶がなく、唯一、祖父母の実家に行っては、間に入って寝入るのが楽しみだった。   だが、橋は無くなり、 祖父母の家はダムの湖底に沈んだ。 どれくらいの人が「あの橋」の事を覚えているだろうか? 地方から人が消えるらしい・・・・・。 過疎に疲弊してしまうらしい・・・・・。 大都市は今以上に便利になるとか・・・・・。 外国人観光客が増加しているとか・・・・・。 行列の出来る店ばかりあるらしい・・・・・、紹介される店はどれもこれも繁盛らしい。 豊かな時代になった、そして昭和の世代は、間もなく誰もいなくなる。ブログで全文を読む
2015年04月14日 14:56
何度目かの春を探して
 ( ウサビッチさんのプロフィール)
大都会から「桜」の話題が途切れる事のなかった4月上旬。 ようやく其処彼処のブログから「桜」の写真ネタが尽きたのだろうか、一斉に姿を消して行った‥‥‥。 春は均等に日本列島に訪問する事はない。 それにも関わらず、大都会で桜が散り始めると、あたかも春は終わったかのような情報が溢れ出す。 そんな情報の集中砲火が終わりを告げ、と同時に県内でようやく桜の開花の知らせが届くようになった・・・。 そんな気持ちの良い晴れた日。 病院の帰りに、河川敷の桜並木を見に行って見た。 雪解け水がそばを流れるせいか、今がばっけの見頃。 雪解け水で川の水量が増え、冷たい川風が吹く河川敷の桜。 桜並木は約2キロ続く。 桜はまだまだ蕾 普段は全く干上がっているダム湖には水がたっぷり・・・ 戯れるのはマガモの群れ。 河川敷の堤防越しのむこうに、雪まだ深い岩手山が碧い空に映える。 桜の蕾の下には、「お先に」と、ばっけが咲いていた。ブログで全文を読む
スポンサーリンク