ふわりさんの最新Blog

*メンバー様のプロフィールを詳しく見るには、ログインする必要があります。   ブログ登録の説明
*ブログのタイトルに[PR]と表記されたものは、ブログシステム提供会社が表示しているPR広告です。
2020年07月02日 01:39
優しき怪物
 ( ふわりさんのプロフィール)

何であのグループの友達だけ妙に緊張してしまうんだろう?
社会人然としている人が怖い私。


きちんとしなければ、立派な意見を持って
根拠のある言葉、勉強したと分かる知識、
裏付けのある自信、批判に屈しない心
認めてもらえるだけの実力、たゆまぬ努力


批判されぬように
怒られぬように
心を叩き潰されぬように
いつも毅然とした態度で
理路整然と
必死になって自分を保たなければ。



認めて貰わねば。
十分だと思わせねば。
私は頑張っているって、努力をしているんだって、
たくさんの言葉で、示さなければ。



そうしないと、怒られて、潰されてしまうんだ。



辛い思いをたくさんする。
あの怒った恐ろしい顔と、恐ろしい声を
全てを否定するあの言葉を
逃げられない場所で、浴びせられるんだ。

逃げても逃げても、音が気配が追って来る。
私にはもうどこにも行けない。


そうそれは反射的に、私の心が必死に自分を守ろうとすること。
表情は強張り、言葉は抑揚を失い、
意見に意見をぶつけ、まともそうに振る舞い、
全て自分を攻撃するものから自分を守ろうとする、私の防御の心。


間違ってもいい。
頼りなくても、無知でも、下手くそでも
無意味でも、無駄でも、的外れでも
遠回りでも、何もしなくても
遊んでも、楽しんでも、
「それでもいい」
そんな風に言われたかった、私が泣いているだけなんだ。



そうか、とてもとても、怖かったんだ。
とにかく私の努力を、やって来た道のりを、必死の思いを、
「そんなもの」と思われることが
この世の何よりも、怖かったんだ。


みんなは私を排除しようとしていたんじゃない。
みんなは私に優しくしようとしてくれていただけなんだ。
かける言葉が見つからないのは
私が喋ると静かになってしまうのは
私を傷つけないようにする為だったんだ。


怖い怖い、「社会人」という怪物を、
重ね合わせて見ていたのは私だった。
みんなの好意を、自然な言葉を
歪曲して取っていたのは私だった。

優しい無関心と、出来るだけの気遣いを
私にくれていただけだった。


みんな怖い怪物じゃない。
確かに、社会に出て揉まれて過ごすうち
強く排他的に頑なになる人もいるけど、
そんな中でも「普通」に接する
私の「対等」な友達だった。


理由などいらない、意見などいらない
まともでなくていい、どんな私でもいい。
できなくてもいい、どんなことを言ったって
どんなにダメだって、かまわない。

ただ「私」は「私」。
そこに在る。
それでただ、みんなはそばにいて
それだけなんだよ。
ほんとにただそれだけなんだ。



だから、何も不安がることはない。
何も怖がることも、遠慮することもない。
気になんてしなくていい、きっと分かってくれてる。
もっと信頼していいんだ、友達なんだから。


あの人とは、全てが違うのだから。


拭えぬ怖さは、取り繕ってしまう必死さは
どうしたってふいに私を守ろうとするけど、
いいんだ、それも仕方ないこと。
大丈夫、みんな分かってくれる。
大丈夫、私のままでいい。
飾らなくても、見栄を張らなくても
虚勢を張って毅然として
不安を押し殺さなくても

きっともういいんだ。




ブログで全文を読む
2020年06月28日 01:56
予感
 ( ふわりさんのプロフィール)

何かが始まる、予感がするの。
夜空の時計の針がカチッと音を立てたように
何かが変わった気がするの。


風向きが前へ。
止まった時が動き出す。
心の琴線が冴える。
遠くへ伸びる道が見える。
魂が震えてる。


何かが始まる、音がする。
ブログで全文を読む
2020年06月16日 01:17
夢を掴む
 ( ふわりさんのプロフィール)
私には夢がある。
絶対に叶えたい、大きな夢が。
どんなに辛く苦しくともどんな感情をこの身に受けようとも
叶えたい、夢がある。

不安だ。心細い。それでも絶対に諦めることの出来ない夢。
たった一つ私が見つけたもの。

それを叶える為にはきっと私はもっと自分を大切にしないといけない。
血反吐を吐いてもひたむきに頑張り続ける私を真綿で包むように。

誰よりも幸せにならなければ。そしてその幸せの上で、大きな夢を叶えたい。
小さな夢から溢れ出すように私の中で光を放つ、大きな夢を。

自由と幸福の上に掴む、眩い私だけの光を。


ブログで全文を読む
2020年06月13日 23:57
諦めなければ、きっと。
 ( ふわりさんのプロフィール)

色んなことがあるけれど、
私はとても頑張っている。

とても努力をして生きている。
何かを目指して懸命に行動している。
すごくすごく、頑張っている。



小さくともそれが報われると、本当に嬉しい。
この小さな達成が、
積もり積もって
いつか大きな大きな虹に変わるように。



やっぱり私はどんなに辛くても、
頑張ることだけは絶対にやめないんだ。ブログで全文を読む
2020年05月24日 01:02
内省
 ( ふわりさんのプロフィール)

とても気が急いている。
早く早く、と自分を追い立てて

やらなければ、と拒む自分を無理やり仕事に向かわせる。

あれもこれも必要な事が見えて来て
ふいに、やる気が入るのと同時に気が不要に張り詰めていく。



泣きたくなるような喉の痛みは、
これまでの私に染み付き思い起こされてしまった感情の記憶。

それが分かっているから、仕方がないと分かっているからこそ
そんなものに負けてやりたい事も何も出来ないなんて絶対に嫌だ!と
必死に喰らい付こうとする。



がむしゃらに頑張って、自分にムチ打って、
それで良かった事があったの?
きっと今の私に宿っているのは悔しさ、負けたくない、認められたいという想い。
そして誰かにそんな私を愛して欲しいという寂しい想い。


色んな些細な出来事がリンクして、心を呼び起こす。
不安が押し寄せてざわざわと騒ぎ出す。



…そうだった、先ずはその私の心を自分自身が認めてあげなければ。
人に認められたいと思うだけ、自分が自分を誰よりも尊び、愛さなければ。

何もしない自分も、今のままの自分も
不完全でも不器用に頑張る自分の健気さを、大切にしてやろう。
思っていたより負けず嫌いな、そんな自分を愛してやろう。


そう思うと少し、張り詰めた気が緩むきっかけが
自分の中にじわりと感じられて
ああ、やはりこれで良いんだと自分に納得する。


思考でなく、どこまでも心のままに。
感情の赴くままに、日々を生きよう。




ブログで全文を読む
2020年04月05日 00:27
歪みに気付く
 ( ふわりさんのプロフィール)
 自分が不安だ、寂しいと思っている時
勝手に人もそう思うだろうと思って話してしまう。

でも感じ方は人それぞれで
相手に同調した時点で
それは自分の心理反応なのだ。



「こうして欲しいのに!」
「私はこうなんだ!」

心が勝手に叫び出すのを
相手という鏡に映して。
歪めたフィルターを通して見てしまう。



そんなに不安なんだ。
本当は寂しくて仕方ないんだ。
ふいに気付いて、自覚する。


ああ、私は今最高に
誰かの温かさと安心を欲しているのだ。



ブログで全文を読む
2020年03月22日 23:39
心とつながる
 ( ふわりさんのプロフィール)


「私が私で大丈夫」なら
何だって出来る。
何だって乗り越えられる。



「私が私で在れる」なら
きっとどんな事も
私の心を揺らしはしないのだ。

ブログで全文を読む
2020年03月18日 01:21
うれしい
 ( ふわりさんのプロフィール)

なんだかわからないけど
涙が出るほどうれしい。



ああ、きっと
自分でいろんなことが
できるようになったからだ。


ああ、きっと
自分で自分を
許すことができるからだ。



楽しいね、
やりたいね、
苦しいね、
がんばってるね、


色んなことばで
色んなこころを
受け入れられるようになったからだ。



うれしい。
うれしい。
私は私のことができる。


自分の力で生きている。
明日を迎えることができる。



夜が更けても
よろこびで満ちている。






ブログで全文を読む
2020年03月06日 00:54
感じることに自由になろう
 ( ふわりさんのプロフィール)

したい
したくない




やりたい
やりたくない




楽しいから
楽しくないから




面白いから
面白くないから




好きだから
好きじゃないから





気持ち良いから
気持ち良くないから







それでいい。
それだけでいい。




理由なんてそれで十分だ。
私の感じたことが全てだ。





私は全てから自由なんだ。



ブログで全文を読む
2020年02月27日 01:52
星空を抱いて
 ( ふわりさんのプロフィール)

希望とは見出すもの
夜空に輝く星の光となり
私を導くもの



愛とは感じるもの
そこにある、と
触れて味わうもの




私を生かすものは
すべてその価値を
私に与えている



生まれ、生きて
命を育んでいる


ブログで全文を読む
2020年02月22日 00:19
おやすみ
 ( ふわりさんのプロフィール)

おやすみ、私。
今日も頑張った。


肩の荷を下ろして
強張った力を抜いて
素直に自然になっていいよ。


大丈夫、聞いているのは私だけ。
どんな気持ちも
吐き出してしまおう。


疲れ果てた私、ゆっくり休んで。
心ゆくまま、夢の世界へ。 ブログで全文を読む
2020年02月13日 23:57
願い事
 ( ふわりさんのプロフィール)

私は愛されたい。

まだ知らない誰かから
これから出会う誰かから
大きく温かな心で包まれたい。



優しくて泣きそうなほどのぬくもりを
伝えられて、心に感じたい。



穏やかな眼差しで慈しむように
頑張って来た私へのご褒美に。
きっとそれだけの人生を過ごして来たもの。



私は、愛されたい。
ありのままの私を
大切にしてくれる、あなたに出会いたい。


ブログで全文を読む
2020年02月09日 02:24
君は素敵だ
 ( ふわりさんのプロフィール)

寂しいな、寂しいな。
大切にして欲しいな。

でもそれには
自分が自分を大切にしないと。


大丈夫だよって
君は素敵だよって
楽しんでいいよ、幸せになっていいよって。




頑張っている自分も
ぐだぐだしてしまう自分も
かわいいよ。

出来なくてもいい、
前に進んでるんだよって。


君は幸せになっていいんだ。
だってとっても素敵なんだから。




あったかい気持ちに包まれて
優しい大きな心に抱かれて
ゆっくり目を閉じて。


明日を迎えればいい。
新しい一日に「こんにちは」って
ただそれだけでいいんだ。


感じることを
味わう先に凪ぎは来る。



ブログで全文を読む
2020年01月24日 03:48
切なさに少し浸るだけ
 ( ふわりさんのプロフィール)

ああ、何も気にすることなく
家族で出掛ける事が出来たなら。

小さかったあの頃、
幸せに楽しく家族旅行が出来たなら。



どうする事も出来ないもの程
どうにかして叶えたかったと思ってしまうのは
何故なのでしょう?


それを望んでしまうのは
現実にならないものと
本当は分かっているからなのでしょうか?



幸せに朗らかに、
気を遣うことなく
安心してその時を味わう尊さを
一緒に叶えてくれる人が
いてくれますようにと
祈り今日も眠る。




ブログで全文を読む
2020年01月10日 01:29
認めて、労って、愛を注ぐ
 ( ふわりさんのプロフィール)

人をうらやむ自分を認める。


いいなぁ、うらやましいな!
私だって頑張ってるのにな!


そうやって湧いてきた
すねたようないじけたような気持ちを
大事に受け止める。





すねた気持ちを味わって
味わい尽くすと
気が付けば

もういいもん!
みたいな怒った気持ちになっている。




怒ってしまえればこちらのもので
あとはあったかい言葉をかけるだけで
気分がすっと、凪いでいく。




一連の流れ。その体験。
積み重ねて
染み込ませて
自分に生かす。









ブログで全文を読む
2020年01月09日 01:25
今、ここに在るがまま
 ( ふわりさんのプロフィール)

ただひたむきに
目指すものの為に学ぶ。

ただひたすらに
目の前の日々を送る。


自分という存在を
認め、大切にしながら
何が出来るだろう?と自分に問う。




どんな私になりたいだろう?
周りの目でなく
自分の心で望む姿。


過去でなく未来でなく
ほんの目の前に在る、私という存在。





変わって行けるかな?
変わって行けるよ。
だって人は変わりゆく力を持っているのだから。


その力を信じて、歩んでいきたいから。






ブログで全文を読む
2019年12月22日 00:59
”あしたのお片付け”
 ( ふわりさんのプロフィール)

あの日の私から、今の私へ。
一つ一つを明日の私が叶えてくれるはず。


ブログで全文を読む
2019年12月02日 02:25
望めず、待ち望む
 ( ふわりさんのプロフィール)


いやだ。こんな事に気を取られて
自分のしたい事が出来ないなんて。


もう手は尽くしたんだ。
何処かで
病気だと言えば譲歩してもらえると思っていた。





でも事の重大さが理解出来ない相手に
それは無意味だったね。
犯罪者が自分の罪を自覚出来ないのと同じように
自分がしている事が理解出来ないんだ。




そう、自分の物差しの中で私に出来る事をしてくれて
でもそれ以外の所で血を流すような傷を作る。
それは認識があるよりある意味残酷で
笑いながら刃で貫かれるような感覚。




諦める事が正解だと知りながら
諦めずに挑んだ結果がこれか。
失望した後に当たり前だとも思う。





変化は緩やかで
きっと何千年もあれば分かり合える日も来るだろうと。
でも私の生きる内に、その望みは叶わない。
だから諦めるのだ。





そしてその願いを共に叶えられる人を
その望みを与えてくれる人を探し求める。
そうして私が変わっていく事が
この人生を変えていくんだ。







きっと幸せになる。
日毎に、昨日より少しずつ。
近付いていく。





望み叶う日を
ゆっくりと、でも一生懸命に生きて
待ち望む。






ブログで全文を読む
2019年11月30日 00:41
刻む決意、断ち切る鎖
 ( ふわりさんのプロフィール)


ああ、心はぐちゃぐちゃだよ
頭がおかしくなりそうだ
何も尊重してもらえない
期待なんてしていなくても




無意識で踏みつけられてる気分だ
本当に頭がおかしい
気持ちが分からないんだ
きっと病気なんだ




障害がないならあんな風には言えない
当たり前のように
気が付かずに
言葉で殴られ首を絞められている








愚かで
とても悲しい
繋がり



一番強く
選ぶ事の許されない
残酷な繋がり







あんなものに
人生を壊されて
たまるものか




私は私を
私らしく
生きてやる





奪われた気持ちを
取り返す






今こそ
その時




ブログで全文を読む
2019年11月30日 00:41
刻む決意、断ち切る鎖
 ( ふわりさんのプロフィール)
アメンバー限定公開記事です。ブログで全文を読む
2019年11月29日 00:14
闘う覚悟
 ( ふわりさんのプロフィール)

立ち上がれ、そして闘え。
私を救う為に。
この鎖から解き放ち、
自らの人生を生きる為に。

己の望みを叶える為に。
新たな日々を手に入れる為に。
私という存在を守り、
幸せへと導く為に。


闘う意志の炎は私の中に
ずっと眠っていたはずだ。
臆するな、窮するな
打ち勝て、明日の為に。
迷わず今を行け。


もう十分に悲しんだ。
もう十分に恐怖し、怯え、絶望した。
愚かな者に己の手綱を任せるな。
幸せな明日へと舵を取れ。

もう傷付く事はない。
お前はもう、そこにいるべきでないのだ。
自分の足で立ち上がれ。
自分の意志で前を向け。


何を言われても怯むな。
無知で傲慢な亡者に耳を貸すな。
そんなものを消し飛ばせる力が、
心に燃え盛り舐め尽くす炎が、
私の中には眠っているのだから。



もう終わりにしよう。
記憶に縛られた、時の針は
お前が望めば、動き出す。








ブログで全文を読む
2019年11月20日 14:08
”デイリーガイダンス”
 ( ふわりさんのプロフィール)

いつもとても深い言葉に、心が癒されます✨


ブログで全文を読む
2019年10月26日 21:38
母へ
 ( ふわりさんのプロフィール)

今言えるのは、これだけ。

本当にありがとう。


ありがとう。

ブログで全文を読む
2019年10月24日 00:58
私のために
 ( ふわりさんのプロフィール)
私は言った。



怖かったのだと
辛かったのだと
苦しかったのだと。
長く頑張り続けて来たのだと。



怖い事があると元に戻ってしまう。
それはあなたのせいなのだと。


この恐怖は理屈で消え去るものなどではなくて
今も心を蝕んでいるのだと。





ついに言った。
色んな思いが駆け巡る。

素直な悲しみがさざなみのようにやって来る。



言いたかった。言いたくなかった。
分かって欲しかった。
こんな風になる前に、気付いて欲しかった。



それでも尚、自分が傷付いた事にばかり
目を向ける様は
同情を求めていて
気持ちが悪かった。



でもその時は
可哀想だなんて思ってしまった自分がいて、
また呪縛の虜になっている心に気付かされる。


 
ああ、こういう手口なんだ。
自分を被害者のように見せて
叱責から逃れようとする姑息な手なのだ。



心は相手にあるようで
何処までも自分のために動いている。
それを人への誠意にすり替える。



ずるい手段を使って矛先を変える、
相手の善意を利用する、
そんなものに、私はもう屈しない。




私は小さな私と、いつかのみんなを守るんだ。






ブログで全文を読む
2019年10月07日 01:42
”心に優しさの雨を降らそう”
 ( ふわりさんのプロフィール)
みんなの回答を見る

あの時より、自分を大切に
たくさん楽しめるようになった
自由になれた、私がいる。


ブログで全文を読む
2019年09月01日 01:22
”動けないときは「そのままでいいんだよ」からすべてが始まる!”
 ( ふわりさんのプロフィール)

そのままの私でいいよ、と
感じる程に心が動き出す。


ブログで全文を読む
2019年08月30日 01:26
小さな私
 ( ふわりさんのプロフィール)

小さな私は
健気で良い子だ。

自分の事より
人の事を心配して
「大丈夫かなぁ」って
見守っている。



仲間はずれになってないかな
寂しい想いをしてないかな
そんな風に感じないで欲しくて


楽しく過ごせてるかな
困ってないかな
そうやって大事にして。

それを嬉しく思う心が宿ってる。




気楽にしてる時は
めんどくさがりだったり
率直で、ちょっと面白い。


でも誰かがいると
どうしようもなくその人を
大切にしたくなってしまう心が
私にはある。






小さな私が笑うと
大きな私も笑ってる。


大きな私が泣く時は
小さな私も泣いている。




小さな私を抱きしめて
大きな私が幸せになる。



二人が幸せになったら、
多分、この心は一つになる。




やっと、一つになるんだ。





ブログで全文を読む
2019年08月08日 01:21
自分の幸せ
 ( ふわりさんのプロフィール)

「好きって何だろう?」
今、心に大切なこの疑問が湧き起こる。


好きなことをする。
したいことをする。

感じるままで良いはずなのに
自由になった今も
知らぬ間に自分で自分に枷をつけていた。


自分の「好き」を優先することを
自分で許せずにいたのは
「自分なんか」と下に見る私が
いまだに心にいたからだ。




でもそう思ってしまったのはやっぱり、
お父さんに言われた
「そんな事じゃ…」と私を貶める言葉たちに
呪いをかけられた自分がいたから。


そんな理不尽をいつまでも受け続ける
お母さんを置いて
自分が幸せになるなんて、という思いがあったから。




見えない鎖で自分を縛った。
頭では分かっているつもりでも
本当は心を自由にしてはいなかった。


擦り込まれた意識する癖。
謙虚さや勤勉さを履き違えた
脅しや支配の日々。


それが私をこうさせたのだと、
今なら本当に良く分かる。





自分を愛していいのだ。
自分の「好き」や「嫌い」を、
自分の「幸せ」を優先していいのだ。


自然に感じる心のままに、
生きていっていいのだと
心が感じられるように、今なれたのだ。






ブログで全文を読む
2019年07月22日 18:54
あの日の私を救うように
 ( ふわりさんのプロフィール)


こんな親だったために
生きるのが苦しい人達の
役に立てるようになりたい。


悲しい思いをして来た私のように
理不尽が染み付いてしまった
辛い思いを抱える隣人のために。


かつての私を癒すように
今の私を癒すように
他の誰かも癒せたら。


ブログで全文を読む
2019年07月18日 00:01
負けない証
 ( ふわりさんのプロフィール)

悔しい。悔しい。
出来ないことの全てが、父に繋がってゆく。

緊張も、不安も、恐怖も
自分を必死に守ったり
強がって、怯えて
その反応の全てが悔しい。

こうなってしまった悲しみを
深く深く感じる。




でも、感じられるようになった。
自分の痛みや苦しみを、
そのままに感じられるようになった。

自分のせいだなんてもう思わない。
この大量についた心の傷は
本物なんだ。




絶対に負けない。
こんなものに。
私の人生を脅かされてなるものか。

屈しない。
こんな理不尽に負けたりなんかしない。
ここまで生きて来たんだ。


生き抜くぞ。
生き抜いて、傷を力に変えて
私だけの人生を掴む。


私だけの、たった一つの
幸せを掴んでみせる。




ブログで全文を読む
2019年07月08日 23:47
”「お、今私のこと舐めやがったなコノヤロー」獅子座。~しいたけ.の12星座占い出版記念~”
 ( ふわりさんのプロフィール)

今の自分にぴったり来たので、備忘録として

ブログで全文を読む
2019年06月23日 00:02
少し優しくなった心で
 ( ふわりさんのプロフィール)

小さな私が泣いている。
顔をぐしゃぐしゃに歪めて
苦しそうに嗚咽しながら
声なのか涙なのか分からない
叫びを上げている。


過去を蘇らせた一瞬の出来事。
デジャヴのようなそのシーンに
あの日が自然に重なり合う。


今とは関係ないのだ、と
頭で理解していても
心は深く強く
恐怖と絶望と悲しみに
飲み込まれていく。



優しい顔を思い出す。
楽しい今を思い出す。
でもこの悲しみや怖さは
まだ私の幼い心の中に刻まれて
今の私と共にある。


本当にこれが
悲しみなのか恐怖なのか
分からない。

絶望と無力感
突き付けられた現実
変わらない時。



その闇深い所から
小さな私を救ってあげよう。
それが今の私に出来る事。

私の少し大きくなった
少し優しくなった
少し強くなった心で
きみを笑顔にしてみせるよ。




ブログで全文を読む
2019年05月25日 00:01
いつかの誰か
 ( ふわりさんのプロフィール)

寂しくて悲しくて、
あなたに会ってみたい。


どんな人がどんな風に
関わってくれるのか分からないけど、
あなたと話をしてみたい。



ふとやってくる心細さを
消すのは誰かじゃなくて自分だけど

それでも、もしかしたら
近づいてくれるかも知れないあなたに
期待せずにはいられない。



でも重たくはなりたくないから
楽しい出会いでありたいから
日々、私は私を満たしていく。



いつかの誰かに
会えたらいいな。





ブログで全文を読む
2019年04月26日 23:51
真実の心
 ( ふわりさんのプロフィール)

何か
「そういうものだ」
という事に捕らわれていないか。



自分の為に、
不当な事や理不尽な事に対する
怒りや反発は持っていたいと思う。
自分を守る為に必要な感情だ。


でも相手に邪険にしなければならないと
決まっているわけではない。



甘やかしたり
ほだされたりするのは良くないけど、
相手が好きだとか優しくしたいとか
そういう感情だって持ってていいはず。





2つの感情があること、
それは矛盾しているのではなくて
私の中の真実だ。


片方を蔑ろにするのは違う。
どちらか選ぶのも違う。
どちらも、私の大切な気持ちなんだ。




道を選ぶのに悩むのは当たり前だ。
傷つけたくない、傷つきたくないと思うのも
当たり前だ。


悲しみや怒り、思いやる心、
どちらも大事にしていいんじゃないか?
傷ついた分、傷つけなきゃいけないなんて事はないんだから。




ただ、その人の宿題を
そっとお返しすればいいだけだ。








ブログで全文を読む
2019年04月22日 01:33
深い夜にざわめく心
 ( ふわりさんのプロフィール)

どうやったら安心して眠れただろう?
何もすっきりしないままじゃ
なかなか寝付けない。




何もかも放り出して
忘れて一緒に眠ればいいのか。
そんな一時凌ぎはいらない。



そしたら今すぐさようならして
全てを消してしまえばいいのか。
そんな簡単にいく気持ちじゃない。




幸せになって欲しいけど
私の幸せの為にここには居たくない。
苦しい気持ちに耐えきれない。
守られない寂しさに耐えられない。






最早子供のように情は深く、
それでも自分の幸せを追い求めるなら
毅然として告げなければならない。
終わらせなければならない。




普通の幸せを手に入れる為には
選ばなくてはいけない時があるのだ。
勇気を持って卒業しなければならないのだ。




…それでも、なかなか踏み出せない。
悲しい気持ちに足を取られて
報われたさに心が揺らいで
涙ばかり流す、自分がいる。







私は幸せになりたい。
幸せになりたいのだ。
それだけは強く強く、願い続けていよう。





ブログで全文を読む
2019年04月19日 01:33
怒りと悲しみと
 ( ふわりさんのプロフィール)

もういやだ
腹がたつ

何で私が辛抱しなければいけないのか
何で傷つけても平気でいられるのか
わからない



幸せになりたいのに
平和の皮を被って
何にも向き合わず

犠牲になる私に
気づかないまま自由を貪る





無知とは時に罪だと思う

知らないから
何もわからない
理解が出来ない
立ち尽くすだけ




差し出す手を簡単に引き込んで
生け贄に出来る
残酷さ







幸せになりたい


幸せになりたい


私は幸せになりたいだけなのに







ブログで全文を読む
2019年04月14日 23:57
消えはしないから
 ( ふわりさんのプロフィール)

幸せも、優しさも
温もりも、ほっとする時間も
笑い合う時間も
全てあったこと。




悲しみも、苦しみも
辛さも、空しさも
叫びたい程の切なさも
全てあったこと。






心に残るものが
響き渡るものが
染み渡るものが


全て、私の糧になるから。







別れはきっと
明日へ繋ぐ鍵。

新たな道へ進むための
羽になる。







決して消えはしないから。








もう遠くないその日を、
それまでの日々を、
心して待つ。


ブログで全文を読む
2019年04月13日 00:27
帯びた熱
 ( ふわりさんのプロフィール)

これ以上、どう手伝えばいいと言うの?
こんなに身を砕いて
惜しみない支援をしているのに?


自分の中にある怖さとか、
どうなるんだろうって不安とか、
色んなものと戦いながら
大切な糧を差し出しているのに。




嫌だとか怖いとか、
辛くて苦しいのを言い訳にして
こんなに負担をかけるのが
どうして平気なのだろう?


なぜ、その上さらに
協力を求めることが出来るのだろう?







私だって幸せになりたい。
思い描く穏やかで優しい未来がある。
それを犠牲にしていることを、
この人は知らないのかも知れない。





泣きながら歯を食いしばって、
一生懸命になれないのは何で?
自分の大事な人生なのに。
私と歩むかも知れない人生なのに。



向ける熱量が違いすぎる。
掛けているものに差がありすぎる。




私は、私の人生を持っているんだ。
それを縋り付いてわがままを言って
邪魔をするだけなら
置いていこう。





ブログで全文を読む
2019年04月07日 17:25
無題
 ( ふわりさんのプロフィール)

淡い炎 消さないで
かかげて生きれば
星の舞う夜空
あたたかき眼差しの下に
集いて光る 暁の日



ブログで全文を読む
2019年04月05日 00:33
つまる・まるく・みちる
 ( ふわりさんのプロフィール)

つまるもつまらないも自分次第


でもつまらないから
そばにいたいよね


色んなものにふれてみたい
ふれたらつまる
満ちていく


ああ  知らなかった
そういうものに気づいて


新しくてうれしくて
まるく満ちていく




ブログで全文を読む
2019年04月01日 22:53
その日へ
 ( ふわりさんのプロフィール)

いつが「その日」になるだろう
それは誰にも分からない。


だから毎日を大切に
一つ一つを丁寧に過ごしたい。




「その日」がどんな日かは
まだ分からないけど


きっと愛のある日になるのだろうと
想いを馳せながら。





光と共に目覚めて眠る
健やかな日を過ごしたい。





ブログで全文を読む
2019年03月31日 00:45
啓示
 ( ふわりさんのプロフィール)


神様
そういう事だったんですね。






何も知らなかった私達が
知ってしまった時

こんなにも悲しく
理不尽で
絶望的である事を

今この時教えてくれたのですね。





そして新たに覚悟を決め
希望へと歩み出す力へ
変えていく事を

今この時指し示しているのですね。








彼の元に祝福を与えて下さい。

彼が自らを信じられる心を
取り戻せるように
どうか祈ってあげて下さい。


幸せの意味を知れる健やかさを
彼に恵んで下さい。







そして


暗い中に差す眩い光のように
すべてを抱きしめる暖かさのように

確かで力強い愛を
私が与えられるように

どうか見守って下さい。



ブログで全文を読む
2019年02月10日 23:50
解き放つために
 ( ふわりさんのプロフィール)

もう怖がりたくない。
もうくよくよしたくない。


誰かを気にして、過去を気にして
そうやって自分を苦しめるんじゃなくて
自分のしたいようにしたい。




どんなに自分が一生懸命で
悩んで選んだ道でも、

必要以上に気に病むのは
大抵誰かに会った時だ。



みんな立派だから、すごいから
何て思われただろうとか
もっとこうしたかったとか
そういうことに一々気を煩わせたくない。





私は私だ。

私がやりたいことや頑張ってること
選んだり学んだりして歩んで来た道があって、
そうやって私が生きて来た。



それの何がいけないだろう?
何が恥ずかしくて、
何が罰せられたり非難されたりすることだろう?

そんなものは、何一つないはずだ。




だからこそ、このこびりついて離れない
嫌な気持ちを、感覚を捨て去りたい。
思い切り味わって
浄化してしまいたい。





…それならやっぱり、会いに行こう。
心がまっさらになれる場所に
心が命ずるままに
探しに行こう。


ブログで全文を読む
2019年02月06日 22:40
晒す勇気
 ( ふわりさんのプロフィール)

たくさんの人と話す。
自分の悩みを打ち明ける。


とても嬉しいし
とても頑張れてると思うけど
怖い、怖い。




たくさんの価値観。
たくさんの心。
そこに自分を晒していくのは
勇気がいる。



少し頑張る形で
言葉にすることは出来るけど
そういう時は
どこか必死な自分がいる。





立ち向かわなければ
生きていけなかった
あの頃の自分が。


今もここにいるんだと
そう思う。




ブログで全文を読む
2019年01月30日 23:46
戦いの傷跡
 ( ふわりさんのプロフィール)

そうだったんだ。
私はまだ戦っていたんだね。




泣いても意味がないから
心を殺して立ち向かっていたあの頃。


理詰めで納得してもらえないと何も変わらないから
何一つ変えられないから

必死に我慢し続けて
自分の平穏の為に、戦っていたあの頃。







休息が当たり前ではなかった
その為に抗い続けた私が
自分を守る為に身に付けた鎧は


自分の感情を覆い隠して
相手を論破する物言いとして
私に残ってしまっていた。





それは本当に分厚い鎧で
私の心を覆い隠してくれていたから

誰も私の恐怖や悲しみは知る事なく
説き伏せようという外面だけが残っていた。







あの時、嫌な気持ちにさせてしまった人達に
ごめんなさい。

私はあの頃、そして多分今もまだ
この方法しか知らずにいる。









どれだけ頑張っていたのだろうと思う。
いつも振り返って気付く度に
どんなに大変な道のりだったかを目の当たりにする。




私は私の思う以上にあの頃
必死に傷つく自分を守り
生き延びる為に、戦っていた。





ブログで全文を読む
2019年01月16日 23:37
自分にエールを
 ( ふわりさんのプロフィール)

焦らなくていいよ。
出来ないのは当たり前だから。
失敗してもいいんだよ。


大丈夫。
一生懸命やっている事に意味があるよ。
今は体験から学んでいるところ。



完璧なんて目指さなくていいよ。
完璧なんて無いんだから。

誰も完璧でないあなたを
責めたりなんかしないから。





どう見られてるか怖いね。
でもみんな一緒に頑張る仲間だから
安心していいんだよ。


調子の悪い中で調整して
出られた自分を褒めてあげよう。
それだけで、とっても尊い事なんだから。




皆さん聴いてくれてありがとう。
皆さん見守ってくれてありがとう。
そうやって今日に感謝をしよう。


失敗をしても許される素晴らしさに
感謝をしよう。




次は出来るかな?
出来なくたって大丈夫。

少しずつ学びは進んで
少しずつ、私も成長しているんだから。





今日も一日、頑張れた自分に
あたたかなエールを送ろう。  


ブログで全文を読む
2019年01月07日 01:04
いつか帰る場所へ
 ( ふわりさんのプロフィール)


ひとりは不安なの。
でもふたりなら。
きっとふたりならやっていけるから。


辛さも分け合って
ぬくもりを抱きしめて
ひとつの家に帰りたい。



ひとりで考えるのは
もう疲れたの。
幸せを感じたい。



私の望みは
穏やかな家。
穏やかな日々。


おびやかされる事もなく
やさしく平和が待つ家に
いつか帰りたい。



当たり前の待つ家に
いつか、帰りたい。


ブログで全文を読む
2018年12月29日 01:18
あしたのお片付け
 ( ふわりさんのプロフィール)

何もしなくたっていいでしょう?
明日一つ一つやっていくから
今は何もしなくていいでしょう?


やりっぱなしの色んなことが
ちらかり放題な色んなものが
明日の私なら、片付けていけるから。



ブログで全文を読む
2018年12月20日 00:49
当たり前なんてないんだ
 ( ふわりさんのプロフィール)


できたよ!
こんなにたくさんできた!

たくさんあった予定もちゃんとこなせた!
朝早い日もがんばって起きれた!
しんどい時はゆっくり休めた!

緊張したけどたくさんの人と話して
聞いてもらったり、ほめてもらったりしたよ!



なんて嬉しいんだろう、
なんて楽しいんだろう!

やりたいと思う通りにできることの、
どれだけ嬉しいことだろう!




何もできない時は苦しかった
何も見えなくて何もない。

不安と恐怖と自責の念が、
からだもこころも重くした。



それが今、こんなにたくさんのことを
毎日のようにできているなんて!





ああ、なんて幸せなことだろう。
当たり前なんて何一つないのだと、
これほど思うことはない。


よかった、私にはやりたいことがある。
よかった、私にもやれることがある。






ああ、このよろこびを、
ついに知ることができるのは
あの苦しみを知ったからだ。

あの苦しみがあるからこそ、
私はいまこんなにも幸福を感じられる。





意味はあるのだ。
きっと意味はあるのだ。

意味があると思えることで、
生まれる意味もきっとあるのだ。

その実感が、いま私の中に沁みていく。

 


明日もきっといい日になるだろう。




ブログで全文を読む
2018年12月14日 01:10
優しさはこころの中に
 ( ふわりさんのプロフィール)


我慢して、我慢して、我慢する。


相手を尊重するために。


傷つけないために。




でも必ずどこかで、私は苦しくなって


我慢できずに泣いてしまう。


頼まれてもいない気遣いを、自分に勝手に背負わせて。







言っても相手はちゃんと断れるのに、


相手を信じられずに


散々先取りして、勝手に疲れてしまう。





誰かの邪魔をしたくないのに、


誰かの邪魔をしてしまうのは、


優しさを勘違いして、無理をするからだ。







きっと私がこう言えば、


相手は困ってしまうだろう。



きっと私がこう言えば、


相手は嫌な気持ちになるだろう。



…そんなの、決まっていないのに。








傷つけることが不安なのだ。


相手のためを思うようで、


自分を守るためなのだ。




こんなに優しく人を想える私なのに


傷つけてしまうことを、いつも恐れている。


そんな記憶が、きっと私の中に潜んでいる。








素直に言っても、傷つかないよ。


みんなを信じて大丈夫。


正直に言っても、傷つけられないよ。


みんなも私を想ってる。





そうやって少しずつ


こころに安心を沁み込ませれば


もっと自然に、言葉を紡げるようになるのかな。



そういう自分に、なっていきたい。






ブログで全文を読む
スポンサーリンク