すずらんさんの最新Blog

*メンバー様のプロフィールを詳しく見るには、ログインする必要があります。   ブログ登録の説明
*ブログのタイトルに[PR]と表記されたものは、ブログシステム提供会社が表示しているPR広告です。
2019年07月02日 22:23
仙台市での虐待のニュースについて
 ( すずらんさんのプロフィール)
仙台市での虐待のニュースが2件報道されました。
「2歳の娘を自宅に放置し死なせたとして、母親が逮捕(7/1)」
「今年1月生後2ヵ月に満たない次男と、双子の弟の三男に対し、十分な母乳や飲み物を与えず、次男を死亡させ、三男を脱水症などにさせた件についての初公判(7/1)」

色々なご意見がありますが、個人的な意見を記載します。
日頃産後のうつ症状を持つお母さんの対応をしていますが、うつ症状のある母が虐待予備軍のような考え方には否定的(ゼロではないが確率としてうつ病以外の母親より確率が高いという根拠に欠ける)という立場です。
そのため、虐待に関しては一母親の一意見となりますので、この記事に関してはコメントでのやり取りは、勝手ながらなしとさせて頂きます。
その点ご了承の上、読み進めて頂ければ幸いです。

******************************
虐待に関して、虐待を把握する方法は4通りあると考えます。
1.本人からの申し出
2.虐待者(今回であれば母親)からの申し出
3.周囲(虐待者の家族、親族、近所)からの通報等
4.行政が何らかの形で接触しての把握

今回の2件の虐待に関し、1点ずつ考えます。
1.本人からの申し出
→今回は月齢的に不可能。年齢が高くても把握は難しい。

2.虐待者(今回であれば母親)からの申し出
→育児困難、悩みがあるのなら、保育所に預ける、行政に連絡するなどの手段でSOSを発信すれば良かったのではないかとの意見。しかし、虐待者が連絡しない場合(連絡できない場合)は把握できない。

3.周囲(虐待者の家族、親族、近所)からの通報等
→周囲が虐待に気がつき、連絡するという条件が揃わなければ把握できない。

4.行政が何らかの形で接触しての把握(一例として)
→①育児の大変さを数値化し、大変な家庭には高頻度で接触する
 ②健診等を受診しない場合は、訪問で対応する
 ①、②で子供に接触出来ない場合、最初の連絡から○日以内などの基準を設けて、強制的に子供の無事を確認し、健康状態等を確認する

1~3については、連絡しやすくする等の改善はあると思いますが、確実なのは4と思います。

今回の場合、子供の数(双子や上に子供がいる)、周囲に協力者がいるかどうか、妊娠中の両親の様子等を考えると「育児は大変だった」と想像できます。
また、健診未受診もあったようなので、強制的な確認が出来れば、何とかお子さんやお母さんのサポートが早めに開始出来たのではないかと考えます。

ど素人が文字にするのは簡単で、実現には法改正や予算等々大きな課題があるのもわかります。
ただ、「虐待するぐらいなら、産まなきゃ良いのに」「保育園に預ければ良かったのに」「どこかに相談すれば良かったのに」という、全てを虐待者(今回は母親)を責めるのみでは、虐待が減少する方向にはなかなかならないのではないかと思います。

「Mother」というテレビドラマをご存じですか?
松雪泰子さんが主人公、尾野真千子さんが虐待母、芦田愛菜さんが虐待される子供を演じています。
ご覧になっていない方も、第8話だけでも観てもらえたらと思います。

今回の仙台市の虐待2件について、お子さんが亡くなるという重大な結果となり、母親の責任はとても大きいと思います。
しかし「100%母親だけ」の責任とは思いません。
自分も日頃から、虐待をする側、虐待をされている側を意識して、何かの時は適切なところに相談出来るよう、心がけます。
ブログで全文を読む
2019年06月16日 14:14
介護と育児
 ( すずらんさんのプロフィール)
だんだん夏が近づいてきましたね。日差しが強くなり、汗ばむ時期になると、例年皮膚科のお世話になります。 お子さん達もカユカユ、グズグズになっているようで…なかなか眠れないこともあるのか、大変そうだなぁと思っていました。
ここしばらく、親や親族の介護のことで、別々の他県2ヶ所の包括支援センターに相談に行ったり、色々電話したりということがありました。 子供2人が成人しやれやれ…と思っていましたが、今度は介護の問題が出てきました。 先日、母親と子供の年齢のことを書きましたが、人によっては、育児と介護が重なる方もいるのかと思います。
育児もそうですが、介護についても、介護する方の負担が出来るだけ少なくなるよう、楽になるような選択が出来たら良いのかなと思います。 …と、客観的に考えるとわかるのですが、いざ自分のことになると、施設に預けたり、他の人の手を借りるのは、罪悪感や自分が出来てない…もっと自分が頑張れば…的な気持ちになります。 なんとなく、子供を保育所に預ける時に感じた気持ちを思い出します。
しかし、介護する側が倒れては、もっと状況が悪くなるので、やはり使える支援は使い、迷う時は楽な方を選択しようと思います。 ブログで全文を読む
2019年05月14日 23:26
ママの年齢
 ( すずらんさんのプロフィール)
連休が終わり、気温差もあったりして、 お子さんもお母さんもお疲れが出ている頃ではないでしょうか?
先日、定期的に通院している婦人科にて、閉経の話が出ました。 勝手にずっと先の気がしてましたが、年齢はアラフィフ・・・ なるほどなぁと思っていました。
こちらを読んで頂いている方の中で、 お母さんでお子さんがいるよ!という方は、ママとお子さんの年齢は どんな感じなんでしょうか?
私の場合・・・ <20代>子供:2人産みました →こちらにもある通り、難産+産後うつ+子供が手がかかるタイプ  非常にしんどい時期でした  (写真を見ると子供はとても可愛い盛りですが、記憶がおぼろげ)

<30代>子供:幼児~上が中学生、下が小学生ぐらいまで →産後うつからは回復しているものの、体力がおぼつかず、  走っても追いつかず、プールでは溺れかける  しょっちゅう学校から呼び出しされ、子育ての悩みを抱える

<40代>子供:高校受験、大学受験、成人 →弁当作りや家事等々に追われ、慢性的な睡眠不足  気苦労も多く、思春期の子育てに悩みは続く・・・
<もうすぐ50歳>←イマココ 子供:遠く離れた場所にいる
 子供にLINEを既読スルーされ連絡がとれず、ほぼ毎日心配。
 若い時より子育てがなくなり楽なはずだが、 日々の生活(仕事や通勤等)でヘロヘロになっている。
「子供を早く産んで、2人とも成人して手が離れて良いね!」と よく言われます。 若く産むメリットデメリットは人それぞれあると思いますが、 特に「体力」面では、早めに産んで良かったかと思います。 でも、経済的・精神的な面では、もう少し後に産みたかったという 気持ちもあります。

<年齢高めのお母さんへ>
体力やお子さんの育てやすさ等々、個人差がとてもあると思います。 ただ、やはり年齢が高い中での子育ては大変だと思います。 出来るだけの手抜き、また他の手段で解決出来ることなどは ドンドンした方が良いと思います。
<年齢低めのお母さんへ> 私が一番体力的にも精神的にもどん底だったのは、 今考えても出産をした20代のころです。 お母さんが若いから大丈夫、ではありません。 しんどかったら、迷ったら、とにかくお母さんが楽になる方を 選んで行きましょう!
このブログの記事が少なくなってきているのも、 とにかく、私が夜更かし出来なくなってきたからです・・・トホホ
ブログで全文を読む
2019年04月09日 23:24
ママ知り合い
 ( すずらんさんのプロフィール)
長らく記事が書けておらず、申し訳ありません。 記事がない時は、個別対応をしてるんだぁと思っていただければ幸いです。
子供が成人してしまい、なかなか子供の話をすることもなくなった今日この頃ではありますが・・・ 春になり、小さいお子さんを持つ方より、ふと聞かれたことがあります。
「ママ友って作らないといけないですか?」

ママ友が必要かどうかというのは、個人個人の価値観や考え方によるとは思うので、 「ママ友がいて良かった、助けられた」という方は、「ママ友を作った方が良いよ!」という意見になると思いますし、
そうでもなかった=ママ友がいなくても、何とかなった、とか、ママ友を作れなかったけど、何とか子供は成長したから、まぁ良いかなぁ・・・という方は、「ママ友を作らなくても、なんとかなるよ」という意見になるかと思います。 本当に、お母さんの実体験とか価値観に関わってくるので、何とも言えず、皆さん個々の価値観や体験談はそれぞれ本当のことなので、どこに共感するかなぁということだと思うのです。
それで、前の質問の”私個人の”返答は・・・
「ママ友は作れなかったが、ママ知り合いはいて、何とかなったので、無理して作らなくても、大丈夫だとは思います。ただ、ママ知り合いはいた方が良いかも。。。」
みたいな、何ともはっきりしない返答になってしまいます。(すみません)
友達ではないですが、一応連絡先は知ってて、何かの時に聞けるお母さんがいると、いざという時に助かります。 うちは、子供がプリントをなくしたり、連絡帳を書いてこないタイプだったので、緊急時に連絡ができるお母さんがいるのは、とても助かりました。 なので、「ママ友がいない」と「ママ友がいる」の中間に「ママ友はいないがママ知り合いはいる」があっても良いかなと。
ママ友がいなくて悩んでいる方は、ママ友を作ろうとするとハードル高いですが、ママ知り合いぐらいであれば、既にいるとか、そういうぐらいなら出来そう・・・という感じではどうでしょうか?
追伸:プリントを忘れたりせず、学校などとの連絡が出来そうなお子さんだったら、ママ友もママ知り合いもいなくても大丈夫だと思います。 学校などとの連絡がスムーズに行かないけど、ママ知り合いも作れそうになかったら、もう、担任とか学校に「どうしてもの連絡は、直接連絡帳に書いてください」等々、お願いするのも一つかと思います!
(うちは実際にそうしました。毎回毎回、ママ知り合いのお母さんに前日に連絡するのも、なかなか気が引けますので・・・)
ブログで全文を読む
2019年01月22日 21:38
成人式
 ( すずらんさんのプロフィール)
今年初めての投稿となります。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もサロン開催の予定が立たず、申し訳ありません。 個別対応は引き続き行っておりますので、 今辛いお母さんは、ご連絡頂ければ幸いです。 (mamablue_sendai★yahoo.co.jp ★をアットマークにしてください)
先日、下の子供が成人式でした。 色々と準備があり、また遠方より前日来て翌日帰る感じだったので、 慌ただしく過ぎましたが・・・ホッとしています。
成人式の晴れ姿を見て、うるっと来ました。 子供に恵まれて良かったし、産んで良かったし、 産後うつ病にはなりましたが、死ななくて良かったと思います。
これから健康で長生きすることが、子供孝行だと勝手に考えています。 更年期を何とかやり過ごし、産後にうつっぽいお母さんを支えられる おばちゃん&おばあちゃんになりたいと思っています。

ブログで全文を読む
2018年12月09日 23:13
仙台市産後ケア事業
 ( すずらんさんのプロフィール)
仙台市限定の情報になります。他の地域の方は申し訳ありません。 仙台市で産後ケア事業が始まるそうです。 12月の市政だよりで最初のページに見開きでわかりやすく記載がありました。
仙台市政だより平成30年12月号
インターネットの情報はこちらになります。 産後ケア事業
詳細は、上記リンク先や問い合わせ先で再度ご確認頂ければと思いますが、一応まとめますと・・・ ・対象となるのは、平成31年1月4日(産後ケア事業開始時点)で、生後4ヶ月未満のお子さんとそのお母さん
・申請が必要だが、代理申請ができる(印鑑必要) ・産前の相談も可能だが妊娠32週以降、また利用の確定は産後になる ・利用料は世帯所得に応じて段階的に決まっている
・利用に際しての送迎はない
※その他利用に際しては色々な要件があるようです。まずは、一番最後にある、お問い合わせ先へとのことでした。
私が個人的に思う注意点は・・・ ◎産後4ヶ月未満以外は産後ケアがない!というわけではなく、その期間のケアをあつくしたという感じです。 産後~産後4ヶ月未満の期間に該当しないお母さんは、仙台市政だよりの2ページの図をご覧頂いたり、下記問い合わせ先に連絡をして、その期間に受けられるケアを教えてもらうと良いかなと思います。
◎産後~産後4ヶ月未満(申請期間を考えると産後3ヶ月ぐらいまで)の産後間もないお母さん自身が、自分の不調に気がついて、産後ボロボロの体調で、産後まもない赤ちゃんの世話をしながら、色々とこのような情報を調べて、自分で申請し、そして自力で施設に行くというのは、現実にはとてもとても難しいと思います。 ①妊娠時期から、不安を持っているお母さんは、産後32週以降、またはそれ以前の妊婦健診の時から、この「産後ケア」について情報収集したり、相談したりしておく ②利用要件の一つに「家族等から家事や育児の十分な支援が得られない」ということがあります。ということは・・・
これを利用する(できる)方は、この情報を得て、調べて、相談して、申請して、利用するというところを、「家族等に支援が得られない」という訳ですので・・・ やはり事前(産前)に一度問い合わせをしておいてできる限りの準備をしておく、(少なくても担当者の名前と直通の電話ぐらいがわかっているとスムーズ、産後の調子が良く利用しなかったならそれはそれで良いかと) あとは、家族以外でも友達とか、代理申請などがお願い出来る人がいるようなら、接触して相談しておくというのも一つ良いのかなと思います。 (私の方でも、この件については相談を受け付けたいと思っています。しかし、今の状況では私も公開されている情報しかわかりません。おそらく代理申請とか代理問い合わせとかになるのかと思いますので、その際は個人情報をお伺いして、知人として代理で聞く感じになるかと思います。それはちょっと・・・という方は、下記に直接ご自身で問い合わせ頂くのが一番かとは思います。)
将来仙台で妊娠した時、出産した時、近くに(家族でなくても)、妊娠出産した人がいる時、こんなことがあったっけな、と思い出してもらい、情報をその時再度調べてもらって、妊婦さんや産後すぐのお母さんがいっぱいいっぱいだったら、その方に教えてもらえたら、そして余裕があってあなたが妊婦や産婦でなかったら、出来る範囲で一緒に考えて行動してもらえると、とても嬉しいです。
●お申し込み・問い合わせ先
(お住まいのある区の区役所・総合支所へ連絡をお願いいたします。(土日・祝日は閉庁))
□青葉区家庭健康課 ☎022-225-7211(代)
□宮城野区家庭健康課 ☎022-291-2111(代) □若林区家庭健康課 ☎022-282-1111(代)
□太白区家庭健康課 ☎022-247-1111(代) □泉区家庭健康課 ☎022-372-3111(代)
□宮城総合支所保健福祉課 ☎022-392-2111(代)
□秋保総合支所保健福祉課 ☎022-399-2111(代)
ブログで全文を読む
2018年11月07日 20:04
『現在40代のお母さんの体験談』です
 ( すずらんさんのプロフィール)
『現在40代のお母さんの体験談』

私が出産したのは30代後半だったのですが、
私の場合は出産してちょうど2週間位経った頃、本当に急にぱったりと眠れなくなりました。

そして全く食欲がなくなりました。
そして急に車酔いになったようにずっと吐き気がし、気分がすぐれない日が続きました。

食べたくないけれど母乳の事を考えて無理矢理に食べるとすぐに下痢。

産後うつになって2週間経ち、体重は妊娠前よりも痩せてしまいました。

めまいや倦怠感も激しい為、子供の世話をするのが大変で、夜は眠れない不安から時々里帰りしていた母親に子供を見てもらう事もありました。

加えてずっと動悸がし、押しつぶされそうな程の不安感。
不安の原因が分からないけど何か凄い恐怖にさらされたような物凄い不安。

そしてテレビが全く見れなくなりました。
目では見えていても頭に入ってこず、何をやっているのか、面白いのか面白くないのか分からない。
笑える番組を見ても笑えない。

本なども字が読めるけど頭に入りませんでした。

本当に自分でも状況がわからず、一日中続く吐き気や倦怠感、不眠に悩まされ、押しつぶされそうに苦しかったです。

とにかく苦しくて、出産した産婦人科に通院しましたが、心を落ち着けて欲しいと言われただけでした。

状況は全く変わらないので今度は内科に受診し、
一週間程点滴に通いましたが、状況は変わらず、
ドクターに心療内科を紹介して欲しいとお願いしました。

心療内科で頂いた薬で少しは持ち直した部分も
ありましたが、まだまだ不安感と恐怖感は消えず、倦怠感もあり病院に通うのもやっとでした。

そしてその頃薬の子供への影響を考えて、母乳を止めミルクにしました。

まだまだ良くなったとは言えませんでしたが、
出産して2ヶ月して里帰り先の実家を離れ、
自宅に戻りました。

家に戻ったけれど、フラフラな状態でした。

実家と自宅がかなりの距離で車と公共交通機関を
使って約半日はかかり、移動中はずっと
訳の分からない恐怖に押しつぶされそうで
本当に死にそうなくらい辛かったです。

自宅に戻ってからも良くならず、近くの心療内科を
受診しました。

そこで処方された薬ですが、あわなかったようで
不安が強くなり、あまりにも苦しくて、
その頃自殺願望が出てきました。
薬も止めてみました。

住んでいる市町村の赤ちゃん訪問が自宅に帰ってきた頃あり、保健師さんが自宅にやってきました。
会って何とか話はできました。

エジンバラ産後うつテストをやってみると、
かなり結果が悪かったです。

具体的に薬を勧められたりなどはありませんでしたが、
市町村でやっている心理士さんの行っているカウンセリングに通う事を提案されました。

そしてあまりにも苦しくてネットでも治るために 良い方法がないのか色々調べていました。

そんな時に「ママブルー仙台」さんにたどり着いて
連絡をとってみました。

病院を紹介して頂けるとの事で、そちらに通院
してみました。

処方された薬が私にはあったようで、一週間位で不安や恐怖がMAXではなくなりました。

同時に保健師さんに紹介されたカウンセリングにも
通い始めました。

薬+カウンセリングで本当に少しずつ、波がありながら、良い状態になったり、少し辛い日があったり
しながらだいたい一年位で大分は良くなり、自殺願望もなくなりました。

薬の方は最初の頃は少し多めでしたが、
徐々に減っていきました。

倦怠感やめまいは時々あり、眠りも浅くて夜中に目が覚めてしまったり、またそこから眠れなくなったりは続いてはいましたが、大分は良くなりました。

定期的な通院の方もカウンセリングも一年位で、
何とか終わりました。

元々薬をあまり飲まないでいたいというのが
あったので最終的には病院と相談しながら止めては
いきましたが、
なかなか寝付けなかったり、眠りが浅く
疲れが取れにくいというのは何年か続きます。

産後うつに苦しんでいましたが、出産して1年ちょっとで少しずつ仕事を始めました。

同居をしているので、ずっと家にいるのはイヤだなとか、主人が稼ぎが良いという訳ではなく、私が外で仕事しててくれる方が経済的に良いという考えの
人だから、家計の事を心配したりだとか、
体がまだ若干不安定でありながら子供は保育園に預けて、
仕事に出ました。

ずっと立ってると具合が悪い日があったりとか、
仕事していてもなんとなく気分が悪かったりとかは
よくありました。

眠りが浅くてよく眠れない日は日常茶飯事。

自分を追い立てて仕事に家事に育児に奮闘する毎日。
薬を飲まないでなんとか過ごせるようになったのが出産してから1年ちょっと。

それでも結構無理をしていて、今でもあまり眠れない日があります。

徐々になくなったのは、気分の悪さや、訳の分からない不安感。
気持ち的にも安定はしています。

今もあまりよく眠れなくてもなんとかは過ごせています。
カウンセリングの先生から、眠れない日もあれば
眠れる日も必ずあるからと聞いてから、
眠れないときはあまり眠れなくてもいいやと
諦め、眠れる日はしっかり眠るようにし、
調整しています。

別談ですが、我が子の為に兄弟がいた方がいいのではと真剣に考え始めたのが、
子供が3歳を過ぎ、私が40歳を過ぎた頃。

出産が遅かったのと、産後うつで苦しんだ過去を思い出すと、なかなか次の出産など考えられず、
ようやく子供が3歳を過ぎた頃に第2子について考え始めたのです。

またうつになったりしたら、今いる我が子を育てられなくなったらとか、
とにかく色々と考えてました。

でも40歳を過ぎてからだとなかなか難しいとわかって、これまた落ち込みました。
そして難しい現実に直面したと考えていた頃に、
自然妊娠したのですが、ほどなくして流産しました。

偶然妊娠して喜んでいたので落ち込みましたが、
年齢的に流産しやすいとわかってはいたので、
心の復活は早かったですし、うつにはならなかったです。

うつになってから以降の自分の健康不安もあったから尚更、自分の体はきっと妊娠しにくいのだろうなとも思いました。

人生の時間を巻き戻す事はできないですが、仕事に復帰せず、ゆっくりと第2子を妊活する勇気があれば良かったのかなとか、今は色々考えます。

産後うつというハプニングに出会ってもしまったり、出産年齢も遅かったですし。

我が子がひとりだけなので今はその行く末が心配です。

一人っ子なのでついつい甘やかしてしまうのですが、この子をひとりでも生きていけるように育てなければと考えます。

うつになってからの健康不安とか、苦しんだ過去を考えたり、第2子が授かれなかったと考えると良い経験だったとは思えないですが、
治って今我が子を育てられていること、生きていること、
産後うつの苦しみで、うつの人の苦しみがわかったことや、苦しみから助けてあげたいと思うようになったり、 

病気や障害を持っている人などにもその大変さに
気持ちが向くようになり、
寄り添いたいと思うようになりました。

今までと違う気持ちの
芽生えもあったのかなと思います。

ブログで全文を読む
2018年11月07日 19:54
体験談について
 ( すずらんさんのプロフィール)
度々間隔が空きまして、申し訳ありません。 個別対応はしておりますので、ご連絡ください。
細々と活動をしていて、前よりも回復されたというお話を聞くと、 嬉しい気持ちになります。 そして、どうしてもこのブログでは私だけの体験談になってしまうので、 私が聞く回復されたお母さん方の体験談を共有出来たらと 以前より思っていました。
今回、体験談をまとめてくださったお母さんの文章を載せたいと思います。 本当は、サロンの運営にも協力したいというお話も頂いていたのですが、 現在諸事情でサロンが開催出来ず・・・(申し訳ありません) 体験談を書いてくださって、とても感謝しています。
ご協力頂いたお母さんより 『もっと辛い症状のお母さんもいるかもしれないので、
あくまでも私の場合ではありますが、
もしも体験が役に立てば良いかなと思います。』 とのことでした。
この後続けて、頂いた体験談を掲載します。 ブログで全文を読む
2018年09月04日 01:16
子育ての苦労
 ( すずらんさんのプロフィール)
間隔が空いてしまって申し訳ありません。
最近は子供のことを考えることが多かったので、そのお話を少し・・・
すっかり子供も大きくなりましたが、周囲の小さいお子さんを持つお母さんより ふとした悩みを聞くことも多くなりました。 そんな時に、子供2人の子育てに苦労したエピソードが沢山あって、
お話しすると、とても安心してもらえることがあるので・・・
まぁ、子育てに苦労して良かったなと思えるのはそんな時位ですが(笑)

子供の健診も、今は情報があることで、大変なこともあるようです。
1歳6ヶ月健診は、お子さんの個人差もあって、色々考えることもあるようですね。

うちは、思いっきり1歳半健診でひっかかりました。
歩けないとか、積み木をひっくり返して脱走するとか、絵本を破きにかかるとか、
それはそれは・・・というような感じで、個別に別途相談となりました。
もう、相談の内容とか記憶がおぼろげなのですが、
「ひっかかった」時点でもう、母として、恥ずかしいとか、劣等感?みたいなのとか
なんか育て方が悪いのかとか、とにかく自分を責めたり、迷ったりで・・・ でも、子供の方は違うんですよね。
私だけ、別室に呼ばれ、また違う人がいてなんか違うモノがある・・・♪ 親子のテンションの違いにまた、あぁぁ~となった記憶があります。

産後直後の夜泣きから始まり、ずーっと悩みや育て辛さは続き、 小学校でも何度呼び出されたことか・・・。
本当に、事件のない週はなかったです。

下の子供の中学校の入学式で、初めて「発達障害」の説明がありました。
・・・うちの子供達のことなんじゃ??? 「親の接し方やしつけが原因ではなく、お子さんの脳機能の・・・」 みたいな説明があり、頭が真っ白になり、愕然とした記憶があります。

うちの子供達が結局どうだったのか、どうなのかは、 その当時は落ち着いていたので、専門家にもかかっておらず、 良くわかりません。 でも、落ち着きがなく、他のお子さんとは違う行動をしていた頃。
先生でも役所でもないところに相談機関があったなら・・・と今でも思います。
話が飛んでごめんなさい。 今となれば、「子供の特性」の部分も多く、今20歳前後となって、
その特性を活かせる進路にいるのかなと、それは嬉しく思います。

でも、当時はとにかく悩んで悩んで、穏やかに考えられる時が来るとは 思っていませんでした。
今も、全く悩みがゼロではないのですが・・・
ポロッと子供のことを誰かに話す時、
「とっても育てやすいお子さんを(たまたま)育てた自信家のお母さん」
とかにあたっちゃうと、酷い目にあいますね・・・
実は、子供が20歳前後の今ですら、先日そういうことがあって、
しばらーーーく落ち込んでいました。 そうだ、他のママさんと遭遇する機会が最近なかったから、
こういうのを受け流すというか、そういうのに慣れてなかったなと。 一定確率で、こういうお母さんには出会って時々事故になるんだっけと 思い出しました。

まとまりませんが・・・ 子育て苦労組のお母さん、本当にお疲れさまです!!! 同じような苦労をしているお母さんは、きっと近くにいます。
1人じゃないです。
ブログで全文を読む
2018年06月21日 20:16
記事が書けず申し訳ありません
 ( すずらんさんのプロフィール)
1月より記事の更新がなく、間が大変あいてしまい、申し訳ありませんでした。
私自身は、心身共に元気にしています。 個別対応も、できる限りしておりますので、今辛いお母さん、まだ通院出来ていないお母さんなど、遠慮なくご連絡頂ければ幸いです。
個人が特定されると困るので、モヤッとした書き方になってしまって申し訳ありません。
今年、家族が亡くなりました。 そのことがショックで日々何も出来ないとかそういうことはなくて、今は普通に生活しています。 でも、どうしても、産後うつ関係のことを文章にしようとすると、心の深いところをあけてしまうようなところがあって、あけてしまうと、色々なことを思い出したり、考えたり・・・ということになってしまって、日が経ってしまいました。 また、大丈夫そうだな、と思ってパソコンに向かって文章を書こうとすると・・・繰り返してしまっていました。 悲しい、という気持ちもありますが、もっと家族に対して色々出来たのではないかという罪悪感や後悔があり、それと共に、産後の辛かったと時のこともセットにして思いだしてきて・・・という感じになりました。 そうすると、何だか普通に生活していることも、自分は良心が足りないのか、冷たい人間なのではないかと思ったり・・・
それと共に、家族を亡くすとこんな気持ちになるのなら、本当に産後うつで苦しかった時に死ななくて良かったと思いました。 子供が0歳の時に自殺してしまったら、その後ずっと、家族の1人がいなくて、自殺という形でこの世を去ってしまったことを知った時、とても辛い気持ちになるのだろうと、思いました。 それを、しなくて良かった、何とか治療して良かったという気持ちです。
しばらくは、ちょっと大切なところにふたをしつつ、 朝起きて、ご飯食べて、家事して、仕事して、こちらの個別対応をして、晩ご飯食べて、お笑い番組見て笑ったり、サッカー観たりして、お風呂に入って、寝る、寝れなかったらちょっと起きたり、ゴロゴロしたり、寝れたら目覚ましまで寝て、また起きるという・・・ その繰り返しを淡々としていこうと思っています。
ここのブログの記事だけではなくて、産後うつと関係なくても、家族が亡くなったことを知っている人と深い話をするのが怖くて、親しい友人と会ってお茶するとか、ご飯を食べるとかは、まだしてません。 どうだったとか、大丈夫とか、そういうことに、うまく答えられないと思っているからです。 やっぱり、心の深いところを不意にあけてしまうのが、ちょっと怖いというか辛いというか・・・
産後のお母さんに関すること、考えない日はないのですが、しばらく具体的な記事が書けそうになくて、本当に申し訳ありません。
ただ、個別対応だけは、なぜか全然苦にならずにしています。 なので、この記事を読んでも、遠慮せずに連絡をください。 よろしくお願いします。
ブログで全文を読む
2018年01月14日 00:20
今年も宜しくお願い致します
 ( すずらんさんのプロフィール)
前回の記事より2ヶ月程開いてしまい、申し訳ありませんでした。私自身は、ほぼ風邪もひかず、更年期症状もそんなになくて、とても元気にしています。 ただ、家族で体調不良がおり(詳しくかけず申し訳ありません)落ち着いたらと思っているうちに日が経ってしまいました。 春ぐらいまでは、記事が少なくなるかもしれませんが…申し訳ありません。 その分…ではないですが、今辛い方、まだ医師やカウンセラー、保健師さんと繋がりが薄いまたはない方、周囲の方の協力も少なく孤立気味の方、産後間もなく体調も気分も悪い状態の方などの個別対応は継続してやって行きたいと思っています。
今年もどうぞ宜しくお願いします。 ブログで全文を読む
2017年11月10日 02:12
母のこと&母として(2)
 ( すずらんさんのプロフィール)

続きです。

最近になり、また母のことについて前ほど悩まなくなったのは、私が母として娘にうまく対応できないことを悩んでいるからです。

自分がされたようにはしない、娘には私のような想いはさせたくないと思い、自分でも一生懸命頑張ってきたし、やっていこうと思っていますが、なかなかうまくいかないのです。
娘のことは本当に愛しています。
母(私)のことで嫌な気持ちにもさせたくないし、しかし一方で、教育もしていかなくてはいけないわけで、それはどうなの?ということに対しては、叱ったり意見したりしなくてはいけない時も出てきます。

それでも、愛していても、うまく行かないこともあります。
娘が私の言動でひどく傷ついたとはっきりわかったこともありますし、言動にしなくても、心の中ではやはりこうあって欲しいという娘像のようなものがおそらく私にもあって、そのようにはしない、別人格の娘に対して、ムッとしたり、イライラしたり、ガッカリしたり、色んな感情になります。
こちらも、具体的なことが書けなくて、ごめんなさい。
すごくユルいことで言うと、寒くなって風邪気味なのに靴下はいてなかったり、ミニスカートをはいていたりすると、一言言ってしまいます。
もう20歳近いし、本人に任せろって感じの所もあるのですが・・・。
一方、甘やかしすぎていると思うところもあります。こちらも一例ですが、家事があまりできないので(包丁もほぼ使えない)、もっとちゃんと教育しないと、と思いつつもできていない所が多々あります。

そして、将来娘がもし出産し、その後うつ症状で家事や育児ができなくなり、自分が手伝うことになった時に、理想的な対応ができるのか・・・
今までの子育てについても、達成感?よりも後悔の方が多く、日々現在進行形で悩み迷いながらなのですが、このようにブログ発信して偉そうなことを書いていても、果たして実の娘に理想的な対応ができるのか・・・

おそらく、愛しているのにうまくいかない今と同様、うまく出来る自信がないのです。
そんなわけで、娘を育てて行くうちに、私の母の過去と現在の言動について、少しですが、寛容な気持ちも出てきた部分もあります。

こう書くと、娘がすごい不良の問題児のようですが、親バカですがそんなこともないんです。
あまり悩みがなく、幸せを感じ日々穏やかな時もあります。
でも、やっぱり色々なことが起こった時、うまく対応できないな、と思ってしまいます。

そんなわけで、私本体が生きていくため、また今の日常生活(自分の家庭、子育て)をしていく上で、母USBは私本体から切り離して、考えないようにしています。
アラフィフの年代になりますが、50年近く娘をやってきて、一番自分が生きやすい方法がこの方法です。
そして、母も80年近く生きてきて、これから性格や言動が変わることももうないと思います。

母USBの中身をうっかり見てしまう時もありますし、ガードがユルかったり調子が悪いと、母の言動がガンガン刺さり、そのことで悩んだり苦しんだり、辛くなることもこれからもあると思います。

でも、せっかく悩み苦しむなら、自分と自分の子供、娘のことに頭と心と時間を使いたい。
出来れば、悩んだり苦しまず、自分と子供達、家族、今と将来のことに頭と心と時間を使いたい。
母が真実を知ったら悲しむかもしれませんが、私は今のやり方を変えるつもりはありません。

(皆さんにこうした方が良いとかそういうことで書いたことではありませんし、良い方法とも思っていません。これしかなかった、という感じです。)

ブログで全文を読む
2017年11月10日 01:41
母のこと&母として(1)
 ( すずらんさんのプロフィール)

以前から書きたいとは思ってましたが、なかなか書けなかったことを書きます。
ただ、共感が得られる内容とも思わないですし、このことに対してこれ以上誰かとやり取りする気持ちもないので、申し訳ありませんが、コメント欄はなしにさせてもらいます。
もし、この内容で気持ちが苦しくなる方がいたら、ごめんなさい。
スルーするのも難しいかもしれませんが、スルーしてください。
ただ、もしかしたら気持ちが楽になる方、同じような経験をしている方がいるかもしれないので、書きます。



物心ついた時から、私は「母の理想とする娘」とは色々と違う点があるのだと思いました。
容姿、言動、体型・・・出来ること出来ないこと。
出来るから良しではなく、とにかく理想と違う、母が望む娘ではないんだと思いました。
具体的に、こういうことがあった、こういうことを言われた、というのは、申し訳ありませんが、書けません。

高校を卒業して、実家を離れて物理的な距離を置きましたが、帰省した時や電話等でのダメ出しに、やはり自分は母の望む娘ではないんだと感じました。
その頃から、私は、母のことを一つのかたまりにして、必要な時にだけ考えるようにしました。
パソコンで言えば「母USB」、スマホや携帯で言えば「母SDカード」のような感じでしょうか。
それがなくても、本体は動き、日常生活は送れます。
ただ、捨ててなくす、ということは出来ませんし、不意に合体して考えてしまうこともあります。
そして、母と接する時には、自分の大事な所はガードして、シャッターを閉じて、母の理想のとする娘に寄せて、ある程度演技したり装って接することにしています。
演技するのは心苦しいですが、その方が自分が辛くならないからです。

産後うつ病、そして摂食障害になった時、家族の話をすると、「母娘の関係に問題がある」、「実のお母さんなんだからちゃんと話せばわかってもらえるはず」、等々、「母娘の関係が今の精神疾患の原因」「関係改善すれば精神疾患は良くなる」「まずは関係改善が必要」的なことを言われたことが多々ありました。
それは、私にとっては変えられないこと、そして変えるために色々と努力をしたけど、もう変えることが難しいこと、今エネルギーがなく病気になっている状態ではとても出来ない無理難題でした。
関係改善が出来なければ治らないのであれば、一生治らないんだと絶望感に襲われました。

しかし、専門家の方の中には、母のことはそれはそれとして、治す方向のことを考えて接してもらいました。母との関係を改善しなければ、治らないわけではないと思い返して、治療する方向に向かうことにしました。

母との関係は、今も元のままです。母USBで日頃は本体(私)と切り離しておき、また、母と接する時には、大切な所にシャッターを閉じ、出来る範囲で母の理想に近づけます。それでも、ダメ出しはありますが、まぁ現状の最大限で寄せてるので、もう仕方ないです。
ただ、全部を仕方ないとも思えず、やはり傷ついてこの年でも泣くこともあります。しかし、ずーっと考えていても改善はしないので、母USBに書き込み、本体から切り離して、日常生活に向かいます。
おそらく周囲の人からしたら、ケンカはしてないし、定期的に連絡を取っているし、まめにプレゼントしたり時には一緒に買い物したりしてるので、仲の良い母娘に見られるかもしれません。
でも、それは、私が自分を防御するため、日常生活を普通に生きるための演技です。

また、母に対しても、全てを否定している訳ではありません。
ほとんどの家事をほぼ完璧にこなす母の元で育ったことで、ある程度の家事は出来るし、家事の大変さを知り、その上でしっかり家事をしてくれたことにとても感謝していますし、尊敬しています。
表現や方法はともかく、私への愛情があったと思っています。

続きます。

ブログで全文を読む
2017年10月29日 22:29
周囲の理解や協力(実母、夫、お姑さんなど)
 ( すずらんさんのプロフィール)

今回のコウノドリの反応なのか、急にメールやコメントが多くなり、返事が十分でなくてもうしわけありません。

緊急性が高い方を優先させて頂くのと、メール等に感しては、現在治療を受けていてある程度安定している方については、遅くなったりしております。
申し訳ありません。

今回のコウノドリでは、実母や夫の理解や協力がイマイチなところも描かれていて、それについてもうちもそうだというご意見が多数あります。
ドラマで描かれていた周囲の対応については、色々なご意見があるとは思うのですが・・・
赤ちゃんも0歳、お母さんも0歳ならば、
お父さんも0歳、おばあちゃんも0歳なところもあり・・・
最初から、理想的な完璧な対応を求めるのは難しい…と思うというのが、まずは私の感想です。(今回ドラマで出てきた周囲の対応についてです。下に続きます)



<以下、マンガとテレビのネタバレが入りますm(_ _ )m>

まず実母。
マンガではとにかく褒めてくれずに家のことをちゃんとしろというお母さん、
テレビでは遠方から急に来て、仕事は代わりがいてもお母さんは代わりがいない子供は3歳までお母さんと一緒が良いよ等々言うお母さん。
夫については
マンガでは、しっかり者の妻に安心していて、
テレビでは、良く言えば楽天家、悪く言えば何も考えてなさそうな自称イクメン・・・「性格変わったよ」は言ってはいけないワードかもしれないですよね。
しかし・・・
自分自身、自分が体験したこともなく、知識がないこと、ましてやそれが命に関わる病気とは知らなかったわけで・・・それに対して、自分がそれこそ当事者に対して理想的で完璧な対応が出来るかというと、自信がありません。

あとは、ドラマでは今後描かれるかわかりませんが、 病気がわかってからの対応についても、実母や夫、お姑さんや周囲の対応に理解や協力がなく、苦しんでいるお母さんがたくさんいます。
私もそうでした。
本当に何年も苦しみ、理解や協力があればそもそもこんな病気にもならなかったし、治るのも早かったはずだ、今治らないのは周囲の無理解、協力のなさが原因だとずっと思っていました。

しかし、「過去と他人は変えられない」というのと、病気が治るのに、周囲の協力や理解や必須条件ではない、(あるに越したことはないけれど、ないと治らないわけではない)と思い直してから、 シンプルに病気を治そうと思ってから、かなり楽になりました。

うつ病が治った現在も、
過去や他人が変わったわけでもないし、周囲の理解や協力が高まったわけでもないです。

また、うつ病が経験した今でも、子供達や周囲がお産になり、うつ症状が出た時に、不意な一言や、いけない対応を絶対にしないという自信がありません。
いくら想いがあっても、体験していても、完璧な対応はなかなか難しいかもと思ってしまいます。

そんなわけで、周囲の方への辛い思いをお持ちの方は・・・
どうしても許せないこともあるかもしれないのですが、まずは今の辛く苦しい症状がどこから来ているのかを正確に診断してもらうことや、専門家と繋がる方を優先してもらえたら・・・と思っています。

ブログで全文を読む
2017年10月28日 08:16
まず専門家と繋がること(コウノドリ続き)
 ( すずらんさんのプロフィール)

産後うつがマンガやドラマ化されてテレビ放映される日が来るとは、思いませんでした。


しかし、本当に辛くて苦しいお母さんは、インターネットで調べることや、テレビを見たり、マンガを見たりも、出来ないかもしれません。 私がまっただ中の時も、たぶん無理だった気がします。
もしも、テレビやマンガを見てたとしても、自分が同じ症状だ、近い症状だなと思えるのか、保健師さんや病院に連絡したり、行けるのか… そして、周囲の人に、私はマンガやテレビで見た産後うつに近いと思う、と言えるのか… そして、家族がドラマのように変わってくれるのか、 家族などが変わらない、また協力してもらえない場合、それを受け入れて、 自力で保健師さんに連絡したり、第三者にSOSを言えるのか… 専門家とつながり、治療なり相談なりを受けるところまで、たどり着けるのか…

とても難しいです。 それでも、もしうつ病なら、専門化に繋がらない限り、治ることはありません。 怖いのは自殺・・・それをマンガでもドラマでも描いてもらい、ありがたいです。
専門家に繋がるには、 ・自分で何とか繋がりそうな所にSOSを連絡する (お産をした病院、地域の保健師、私など)
・周囲の人が気がついて、上記のところへ連絡する ・専門家と接する機会(通院や健診など)に専門家が気がつく のいずれかなのかと思います。

専門家に繋がり、病院で診断される結果は、かならずうつ病とも限りません。 ・治療の必要のない一過性のマタニティブルー ・産後うつ病 ・産後うつ病以外の精神疾患 ・婦人科疾患によるうつ症状 ・甲状腺疾患によるうつ症状 ・婦人科、甲状腺以外の体の病気によるうつ症状 色々な原因があり、治療が必要であれば、それに対応した治療をする必要があります。

ご本人が難しければ、周囲の方や専門家の方が何とか気がついて欲しい・・・と思います。
うつ病は治ると思ってはいますが、それは、 「適切な治療を受け、自殺をしなかった場合」という条件がついてきてしまいます。 この機会に、専門家と繋がる方が多くなることを祈っています。

(昨日夜中の記事に追記しましたm(_ _ )m) ブログで全文を読む
2017年10月28日 00:43
コウノドリ第3話と20巻
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんばんは。

テレビドラマのコウノドリ(金曜日:22時~)で、昨晩産後うつのことが放映されました。
来週金曜日まで無料配信しているようなので、見逃した方はどうぞ。

コウノドリ 第3話

また、先週月曜日に発売された単行本(20巻)でも、
妊娠中~産後のうつ症状について取り上げられています。

コウノドリ(20) (モーニングコミックス)/講談社
¥価格不明 Amazon.co.jp
色々感想を書きたいと思ったのですが・・・胸いっぱいというか・・・
コウノドリで産後うつを取り上げてくださった、原作の鈴ノ木ユウ先生、
また、テレビ化をする際に取り上げてくださったテレビ関係者の方、
皆さんに感謝しています。

どうしても、文献や何かの記事、テレビで取り上げられたものについて
違和感がある時もあるのですが、
今回については、本当に・・・何も言うことはないです。

多くのお母さん、またお母さんの周囲の方に届くこと、目にしてもらえると良いなぁと思っています。

ブログで全文を読む
2017年10月21日 01:54
コウノドリ
 ( すずらんさんのプロフィール)

2ヶ月ほどブログ更新しておらず、申し訳ありません。

私自身は元気にしています。
金曜10時~TBS系で、ドラマ「コウノドリ」が始まりました! ドラマ化は2回目で、前回までは産まれるまでのお話中心、今回は産後の現実、生活も描かれるようです。
ドラマ化の前から、漫画を読んでたので、今回のドラマ化もかなり前から知ってたのですが…
今回は産後のこと、悩んで苦しんでいるお母さんも出てくるので、本当にどんな風に描かれるのか、それに対して観た人の反応はどうなんだろう…と不安と期待のいりまじった気持ちになり、なかなか記事が書けませんでした。
2回目まで放映され、インターネットの感想もそれぞれあるようです。
今回のドラマで、産後辛くなるお母さんもいることや、もしうつ病が取り上げられるなら、正しく、また今のお母さんの助けになるようなことが、広まるといいな、と思っています。 ブログで全文を読む
2017年08月09日 18:08
サロンについて&体験談の募集です
 ( すずらんさんのプロフィール)

仙台では七夕祭りも終わり、お盆モードになろうとしています。


お盆は年末年始同様、日頃会わない親戚などに会ったりして、不意な一言にガーンと落ち込んだり、疲れたりというお母さんが多いと思います。 個別の相談も増えて来て、やはり、気持ち的に不安になる時期なんだろうな…と思ってしまします。

個別相談の中で、サロンに参加したい、産後うつ症状があるお母さん達の話を聞いてみたい、というお話があるのですが、私の家庭や仕事の都合で、対応出来ておらず申し訳ありません。
具体的に言うと、平日の夜(18時以降に仙台駅近辺)なら大丈夫なのですが、最もお母さんが忙しかったり、出て来にくい時間なので…サロンが開催できず、申し訳なく思っています。
もし、平日夜で私だけでも良いようなら、冬は難しいですが、秋までの期間なら、出来るだけ対応したいと思います。
ただ、回復した複数のお母さんの話を聞きたいとなると、なかなか難しく… もし良ければ、今ある程度回復し、日常生活を送れているお母さんの体験談を、ここに載せられたらと思っています。 もちろん匿名、個人が特定されないよう、時期やお子さんの性別や年齢などは、変えてもらっても、伏せて貰っても構いません。

もしも、投稿しても良いという方は、 mamablue_sendai★yahoo.co.jp
(★をアットマークに変えて下さい) まで、ご連絡頂けたら嬉しいです。
今苦しい想いをしているお母さんのため、もしご協力頂けたら、大変助かります。 宜しくお願いいたします。 ブログで全文を読む
2017年07月14日 07:57
夏の思い出
 ( すずらんさんのプロフィール)

このたびの九州豪雨で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

暑い日が続きますね子供が大きくなってしまったため、思い出となってしまいますが…夏の子育ても結構大変だったな、と思います。
夏に流行する病気(喉の風邪とかプール熱とか…)、あせもなどの皮膚炎…夏に体調を崩すのも看病が大変だった記憶があります� ただでさえこの暑さなので、体調良くて絶好調という方はなかなかいないですよね…
私は子供達が冬生まれだったので、ちょうど生後半年を過ぎて、色々病気をしはじめて…という時期だったのを思い出します。
あとは、何というか日差しが強く☀、周りが活動的?お天気のように明るく思える中、自分だけがどよーん☁と暗いトンネルにいるような気がして、落ち込みが酷い時期だった記憶があります。
産後3~4ヶ月の時、そして半年過ぎ位がまずは辛かったのを覚えています。
最近、産後早めのご相談や受診が多いのは、回復には良い傾向ではないかと感じています。 一方、長い間お一人で悩んだり、様子を見て我慢している方も多く、まだ産後のうつについて、情報が十分ではないと感じています。
夏になると、年末年始同様、色んな人に会ったり、会話の中で色々なことを言われたりしてしまう時期だと思います。
さて、私の現在の夏は… 娘の再来年の成人式はまだまだと思ってたら、今年に入ってから(2年前!)、DMがバンバン来ます。娘と、あれが良い、これが良いと話をしています。 息子は離れていますが、先日仙台に用事があるとのことで正月以来、急に帰省しました。好物のアイスを食べながらゲームしてる姿は、変わらないな~と思ってしまいました�
色々な夏がありましたが、今年もなんとか無事に過ぎればと思っています✨ 皆さんの夏も、無事に過ぎますように�
九州の方でも、病院の紹介などは難しいですが、相談のメールは対応します。 出来るだけ早く落ち着いた日々が戻りますよう、お祈りしております。 ブログで全文を読む
2017年06月26日 21:39
個別対応について
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんばんは。
記事の更新をしておらず、申し訳ありません。

産後にうつ症状が出たばかりのお母さん、
うつ症状が出てしばらく経ったけれど通院していなかったが、
辛さが増してきたお母さん、
今苦しいお母さん・・・
そんな方々の個別対応が多くて、なかなか記事を書けずにいます。

また、以前対応させて頂いたお母さんや、
サロンに来て頂いたお母さんからの近況報告をメールで頂き、
本当にありがとうございます。

どうしても、今とても苦しい方、絶望に近い気持ちで苦しんでいる方の
個別対応が第一優先になるので、
これからも、記事の間があいてしまったりするかもしれませんが、
色々同時進行で出来ず、申し訳ありません。

あまり記事がない時は、
個別対応してるんだな、
今苦しいお母さんが多いんだな、と思って頂けたら幸いです。

落ち着いているお母さんのご協力があり、
何とか活動が続いていると感じています。

今苦しいお母さんは、遠慮なさらず、どうぞご一報ください。

ブログで全文を読む
2017年02月14日 00:09
卒業式
 ( すずらんさんのプロフィール)
また子供ネタで申し訳ありません。
成人式の次は、卒業式かい!って感じなのですが・・・
昨年は上の子の成人式、今年は下の子の卒業式です。

そして、上の子の卒業式は特に準備もなかったのですが、
下の子の卒業式は、かなり準備がいります・・・。
(仮装をするわけではないんですが、それに近い・・・)

あと、受験もセンター終わったら、出願やら、振込やら、
予約やら何やらで、ドタドタしているところ・・・
上の子の急なことで、急ぎ東京へ向かうことがあったり・・・
きょうだいの急なことで、急ぎ実家と連絡取ることがあったり・・・
(何かあれば行かないといけない感じです)
全然、記事が書けず、申し訳ありませんでした。

でも、色々な子供の準備、とても忙しいことではありますが、
ふと産後のことを思い出すと、とても幸せなことと思います。

死にたいと思った時に死ななくて良かった、
あきらめず治療して良かった、そう思います。

仙台のアンパンマンミュージアム、行きたいと思ってずーっと
行けていないのですが・・・
同僚に「お孫さん出来たら行けるんじゃないですか~」と
言われてしまいました

孫かぁ・・・もしもそういうことがあるなら・・・
息子のお嫁さんがお産するか、娘がお産するか・・・
どちらにしても、産後は、めちゃくちゃ優しくしようと思ってます。
(気が早い・・・)

ブログで全文を読む
2017年01月09日 22:32
成人式
 ( すずらんさんのプロフィール)

昨日はちょっとカタイ話だったかもしれませんので、
今日は近況報告です

今日は成人式でしたね!
上の子の成人式は昨年でしたが、成人式の時、
きょうだいで写真を撮り、1年経った今も携帯の待ち受けにし、
何かあったら子どもの写真を見せるという、親バカな今日この頃です

男の子はあまり着せるものの楽しみがないかもしれないですが(笑)
それでも、スーツを着て、それなりに一式着ると、それなりに
なるものなんですよね~(内心イケメンと思ってます)

女の子は、振袖もよし、カッコイイスーツも良し、ドレスも良し
選べる楽しみがありますよね~
お化粧なんてすると、ガラッと変わりますしね
(内心すごいカワイイと思ってます)

そんなわけで、昨年の成人式の時に、
「本当に、出産&子育ては大変だったし、産後うつ(うつ病)も
しんどかったし、死にたいと思った時もあったし、
もしかしたら死んじゃってたかもしれないけど、
本当に死ななくて良かったし、病気も治って今は健康なので、
良かったなぁ・・・幸せだなぁ・・・」
と思いました。

病気の当時は真っ暗闇の行き止まりのトンネルか、
どうにもならない蟻地獄みたいな感じでしたが・・・
何とか、治って良かったというのが実感です。

当時の苦しい自分に、伝えたいです。
子どもの成人式の時は、こんなに穏やかで幸せだよ、と。
でも、それが出来ないので、親バカなのですが、
ここに書きたいと思います。

ブログで全文を読む
2017年01月08日 22:31
今年もどうぞよろしくお願いいたします
 ( すずらんさんのプロフィール)

新しい年になりました。ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
今年もどうぞよろしくお願いいたします

先月、年末年始は危ない~という記事を書きましたが、
皆さんの年末年始はいかがでしたか?
色々と日頃とリズムが違ったり、日頃会わない人と会ったり、
体調を崩しやすい季節でもありますので、
心身ともに疲れているお母さんが多いのかなぁと思います。

今月中ぐらいで、少し疲れを取り、どうしてもの予定以外は
予定を後回しにして、休養にあてるのも良いのかもしれません。

昨年から、私の都合でサロンを開催出来ず、申し訳ありません。
個別の対応は変わらずさせて頂いていますが、時期により
対応する人数が多いと、お返事までしばらくかかることもあるかも
しれません。
今年も、サロンの予定が立たず、個別の予定のみとなっていますが、
暖かくなったら、月1回は難しいですが、13時~15時ぐらいで平日に
サロンを開催出来たらと思っています。

あとは、私自身の体験と、色々なお母さんの経過をみて思うことを
お正月に考えていましたが・・・
やっぱり、「産後に気持ちが落ち込んでいる」ということに対して、
どういう対応をするのか、というのは大切だな、と思います。

前の記事ですが → 言葉の意味 (こちらをぽちっと)

産後のうつというのは広い意味があって、
産後うつ経験者というのも広い意味があります。
ただ、「うつ病」というのは、適切な治療をしないと、
最悪の場合自殺に至り、命を落とす、命に関わる大変な病気だと思います。

自分がどの状態なのかというのは、残念ながらど素人なので
わからないため、やっぱり専門家に判断して頂くほかありません。

かなり前の記事ですが → 病気と治療 (こちらをぽちっと)

なんか、新年早々長くなってしまいましたが、
本当に、大切なことなので、初心に戻ってしっかり対応したいと
思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブログで全文を読む
2016年12月26日 23:52
年末年始気をつけましょう
 ( すずらんさんのプロフィール)

クリスマスが終わりましたね�
以前の記事で申し訳ありませんが、再度掲載します!

年末年始注意報です!
年末年始警報です!

また、今年はインフルエンザやノロウイルスも流行っています�
看病だけでも疲れるのに、激混み病院いったり、看病しててうつったり、とにかく子供が病気になったら、いつもの数倍疲れると思います。

あと、年賀状を読み返したり、新年の年賀状で、色々比べてしまって落ち込んだり�
(調子が悪いときこそ、比べてしまいます)

年末年始は、大概の子連れお母さんは疲弊する時期、ましてや、産後まもなかったり、うつ病やその他のお薬を飲んでいるのなら…
「年末年始のフツー=心身共に調子が悪い」
です。

年始はしばらくリハビリにあてましょう。
私は、1月は極力予定を入れない!
いや、暖かくなるまで極力予定を入れない!
ここに宣言します

まずは出来る限りの休養です。
調子が悪くなりすぎてダウンしても、想定内の予定通り。出来るだけ休養です。
あかーんと思ったら、休養です。

休養も難しいですが、
食事はお弁当や惣菜を買う
掃除はしない(アレルギーあったら一部屋だけ)
洗濯は溜めてする&畳まない
その他のことは出来るだけ先延ばし
で、何とか年末年始を乗りきりたいですね。
自分にも言い聞かせます�

ブログで全文を読む
2016年10月30日 22:56
産後の体調と赤ちゃん
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんばんは。だいぶ冷え込むようになりました。
私の周りでは風邪が大流行していて、マスクを出来るだけするようにしています。

最近、職場のお母さん方と産後の話をする機会があり…
産後の体調や赤ちゃんの状況で、産後のイメージが全く違うことがわかりました。

私は、産後はうつもあり、子宮の戻りも悪くてトラブルがあり、子供も夜泣きするは、日中寝ないわで、3~4ヶ月頃には、第一次絶望期というか…
心身共にボロボロで、今考えてもヤバい時期でしたが…

寝る前におっぱいやミルクを飲むと朝まで熟睡、昼間もしっかり昼寝してくれるので、その間に色々楽しめた、3~4ヶ月頃からは街に買い物に行ったり、子供連れでも外食したり友達に会ってたし、困ったことはあんまりない…
というお母さんの方がその時は多くて、

個人差はあるとは重々承知してたのですが、改めてビックリして、少し落ち込んでしまいました。

子供が夜泣きしたり、落ち着きがなく育てにくいタイプだったのは、個性があるし仕方ない、
自分も妊娠中から体調悪かったり難産だったりして、産後心身共に調子が悪かったのは仕方ない…と思っているものの、
どこかで、私の○○が悪かったから、足りなかったから、上手じゃなかったから、
こんなに産後苦労することになったのでは?と、自分を責める気持ちが沸々とわいてきます…

しっかし!
もう一度思って、そういう自分を責めることが出てくるのは、調子がイマイチなんだな…と思い、
産後苦労したことで、良かったこともたくさんあった✨と良いことも何とか思い出すようにしています�

産後いろいろ、人それぞれ
忘れないようにしたいです�

ブログで全文を読む
2016年09月14日 18:48
体調不良と気持ちの落ち込み
 ( すずらんさんのプロフィール)

約1ヶ月ぶりの更新になってしまい、申し訳ありませんm(__)m

全く重いものではないのですが、約1ヶ月体調不良で通院していました�
先週土曜が一応悪化しなければ最後の通院で、今週はほぼ以前通りの体調になりました

仕事はちょっと休んだ程度でしたが、薬と安静第一だったので、家事等は出来るだけせず、おとなしくしていたのですが…
症状が夜中悪化するので、夜寝られず、朝は疲労困憊になってて、それでもまた1日がはじまる…というような感じで…

産後身体ボロボロなのに夜中寝られず疲労困憊、朝になるとまた1日がはじまり、ただ、病院からは薬と安静を言い渡されるけどもなかなかそれが出来ない…という、産後うつ病だった頃を思い出してしまいました。

1週間は、何か病気になったこととか通院とかで身体に意識が向かっていて、気持ち的には大丈夫だったのですが、
2週目以降は、治りがイマイチなことが気になったりして、色々病気や薬のことを調べたり体験談を読んだり…そして、気持ちも結構落ち込んでしまいました

やっぱり、体調不良は気持ちも落ち込む…と思いましたし、これが1ヶ月以上続いて、赤ちゃんがいて、産後だったら…と思うと、本当に産後のうつというのは、しんどいものだと思いました。

お産をしてない方にはあまり想像できないかもしれませんが…
自分が一番体調が悪い時期を想像してもらい、それが数ヶ月~年単位で続き、薬を飲むが治る時期が不明、仕事は休めないが安静と言われ、夜は意志疎通が出来ずしょっちゅう泣く生命体、常にお世話しないといけなくて、自分が管理責任者の生命体と一緒…
誰かに相談しても、辛さをわかってもらえず、自分よりその生命体がどうかばかり気にされ…
時に、そんなこと言ってないでちゃんとお世話しないと!あなたが責任者なんだよ!自分のことよりそっち優先でしょ!しっかりしないと!なんて叱咤激励されたり…
でも、その責任者はやめさせてもらえないし、世話もしなくちゃならない…なんてことになったら…
どんなにしんどくなるか、と思うんですよね。

それが職場なら、パワハラだったり、女(母親)なんだから~と言われたら、セクハラだったり…

何かこう、男性や出産経験ない方にも、想像して欲しいんですよね…
産後のうつの厳しさを…

長くなりましたが、改めて産後うつについて、思い出した所です�

ブログで全文を読む
2016年08月06日 14:07
子育てを楽しむ?
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんにちは暑い日が続きますね。

高校生の下の子が、風邪気味でイマイチ体調が悪くて…夏バテなのかな?なんて思っていたら、頬が痛いと言い出して…

結局急性の副鼻腔炎(蓄膿症)でした。
まさか、鼻からの体調不良とは思っていなくて…幸い慢性化はしておらず、1ヶ月~1ヶ月半ぐらいで治療は終わる予定です。
しかし、たんの絡む咳や頭痛、微熱など、耳鼻科とは思っておらず、ここでもしつこく何度も書いていますが、正確な診断と治療は大事だと思いました。
最初の薬はビックリするぐらい多かったですが、1週間足らずで、症状がすっかり落ち着き、薬は半分以下に減りました。

実は、これは耳鼻科なのでは?と言い出したのは娘です�
スマホでちゃっちゃと予約して、平日に一人で病院に行き…貰ってきた大量の薬と4ページにわたるプリントをもらってきて、初めてちゃんと治療しないとヤバいと思い、今日、病院に付き添ったものの…
親の出番は会計ぐらいで、先生との会話も本人で、横で挨拶してくるぐらいでした。

大学生の息子には、「夏休みいつ帰ってくるの?」と2回聞きましたが、考え中➡無理かも…という事で、期待しない方が良さそうです

子供が小さい頃、
「今だけだから、子育て楽しんでね~�」なんて言われると、
「とてもじゃないが、そんな余裕はない…」
という気持ちで、ビミョーな反応をしてしまい、時には
「今だけって、今がいつまで続くんだ…」
「子育て楽しめる人は、よっぽど気持ちやその他に余裕のある、すごいお母さんなんだろうな…」
と、気持ちがザワザワしたものですが…

直接的な子育てや世話が終わりつつある今日この頃、そのように声をかけて下さった方は、悪気なく、そういってくれたんだろうな…と思います。

私は、子育て楽しんでねとも言えないし、子育て楽しめたとも言えないのですが…
もし、そんな言葉にザワザワする方がいらしたら、私のように直接の子育てが終わりそう、または終わったお母さんの、ほっと出る本音のような感じなのかな?と思います。

今やっと、「子育て楽しんでね~」という方の気持ちが、少しわかるような気がしました

ブログで全文を読む
2016年07月14日 22:51
産後のうつ症状と婦人科
 ( すずらんさんのプロフィール)
こんばんは。
産後、うつ病になった方を含めて、産後にうつ症状で悩んでいる方が、多いなぁとこの頃改めて思っています。
うつ症状の原因は何か、どういう対策、治療をすれば良いのか…誤った対策をとってしまうと、回復が難しくなることもあると思っています。

原因の一つは、私の経験した産後うつ病。
うつ病ですから、精神科等で治療を受けないと、回復はなかなか難しいと思います。

そしてまた、原因の一つに、婦人科系の不調を抱えている方も多いと思います。

お産自体、女性の身体にはとてもとても大きな変化です。
婦人科の不調から、気持ちの落ち込みなどの症状になっている方も多くて、婦人科の治療をして、体調が良くなり、うつ症状が軽くなった、なくなったという方もいらっしゃいます。

心の不調が、病院に行かなければいけないものなのかどうかを、病院で診断していただいて、必要なら治療する…というのは、まず第一に大切なことです。

そして、産後の婦人科の状態がどうなのか…
日頃の赤ちゃんのお世話で、なかなか婦人科に行きにくいところではありますが、
◎産後一年以上経っても、生理が再開しない(授乳が終わってしばらくしても、生理が再開しない)
◎生理は復活したが、生理前の不調がひどい(PMS)
など、何らかの婦人科の不調がある方は、一度婦人科で検査などしてもらうと良いと思います。

個人個人で、うつ症状の原因や対策は違いますが、もし思い当たる方がいらしたら、思いきって婦人科を受診するのも、一つだと思います。

そんな私も、産後10数年ですが、産後から婦人科が不調で、ずっと通院をしてきて、その時々に治療をしてきました。
今になり、老眼などは前より酷くなっていますが�、婦人科を中心とした体調は、産後数年の若い頃より、良くなっていると思います。
産後うつ病が治ったことももちろん大きいですが、婦人科の不調を治療してきたことも、良かったと思っています。

婦人科に限らず、身体の不調がある方は、なかなか通院は大変だと思いますが、病院に行って相談してみる、検査してみるのも良いと思います。ブログで全文を読む
2016年07月13日 23:38
老眼・・・
 ( すずらんさんのプロフィール)
こんばんは。今日は産後うつ、うつ病と違うことですみません。

こちらのアメブロの記事、
スマホでも読めて、スマホでも記事が書けて、
ぜーんぶスマホで出来るので、やろうとしていた時期もあるんですが、
・・・ものすごく時間がかかって、出来ない・・・
・・・やっている途中で全消しする・・・
等々が多発してしまい、結局PCからですm(_ _)m

なかなかPCもあけることが少なく、申し訳ありません。

そして・・・ここ半年~1年ぐらいで目がとても悪くなりました。
元々、ド近眼(たぶん0.05ぐらい)だったのですが、
そこに老眼が加わり、遠くも近くも見えない事態に

本当に夕方~夜は、コンタクトを外して遠近両用めがねをかけても
スマホがきつく・・・
裸眼で思いっきり近づけて見るのが一番見えるという・・・
時代と逆行した今日この頃になってしまっています。

そんなわけで、ただでさえ色々遅いところ、さらに遅くなったり
していて、申し訳ありません。
若い頃は、こんな日が来るとは思わなかったなぁ・・・

違う産後の身体の記事をスマホで合間合間に書いて、
先程全消ししてしまったため(>_<)
近日、記事を書きたいと思います!

ブログで全文を読む
2016年06月27日 22:55
選挙に行こう!
 ( すずらんさんのプロフィール)

参院選が公示となり、投票の入場券が届きましたね。

ここ数年、私はある目的をもって、選挙に行っています。
確かに、1票では結果が変わるわけはないですし・・・
はっきりした支持政党、政治家がいるわけでも
ないのですが・・・

目的はただ一つ、
「私たち世代の投票率を上げること」
です。

子育て世代、(高齢者に比べれば)若い世代の
私たち世代の投票率が上がらない限り、
子育てに関わること(出産や保育園の状況など)
若い世代が関わること(教育費や奨学金の問題など、
そして、就職や雇用形態に関わること、
今後の介護負担や年金のことなど)・・・

今の私たちが抱える問題や、
これからの若い世代が抱える問題が、
投票率の高い世代の問題よりも後回しにされると
思っているからです。

しかし、当日にメチャ混みの投票所に行くのは大変です。
特に、小さい子連れでは大変です・・・。
そんなわけで、期日前投票も利用してはどうかと
思います。

私自身は、政治的な発言は、近い人にもしないことを
信条としています。
息子にも、自分で考えてほしいので、自分がどの党を
現在支持しているかは、伝えていません。
しかし、上記理由により、投票に行くようにとは
伝えてあります。

全ての方に賛同される意見とは思いませんし、
今回は、投票したいと思う党がない、人がいないという
方もいらっしゃるかもしれません。
でも、投票を迷われている方がいらっしゃったら、
投票率を上げる、という目的でも、
長い目で見れば、大きな効果があるのではないかと
思っています。

ブログで全文を読む
2016年06月03日 23:37
パワフルで想定外のことをするお子さん・・・
 ( すずらんさんのプロフィール)

先月は記事が書けず、申し訳ありませんでした。

今日は、嬉しいニュースがありましたね
北海道で行方不明になっていた男の子が無事に見つかりました。
男の子の様子や、ネット上の意見を見て思うのは、
子育ては本当に難しい・・・と思います。

私の2人の子供達は本当に想定外のことをするタイプで、
子育ては悩みの連続でした。
今回のことでも、「子供から目を離してはいけない」という
ご意見がありますが・・・
振り返ったらもういなくなる、というような子供達でした。
子供が二人になったら、一人を見ていたら、物理的に
もう一人が視界の外になるわけで・・・
「目を離さない」というのが、無理なんです・・・。

あとは、小学校になると、一人で登下校するようになります。
個人が特定されるので、あまり詳しく書けませんが、
二人とも、登下校中に行方不明になったことがあります。
学校の先生方に探してもらったり、電話網をかけてもらったり、
警察のお世話になったこともあります。
行方不明になった理由は、本当に「えっ?」っていうことで、
通学路や近辺をいくら探しても、それは見つからないだろうという
ところにいました。

ショッピングモール等で、いなくなるのは、日常茶飯事で・・・
「お母さんは、○○に行くたびに放送で呼び出されて、恥ずかしい!」
と言ったら、偽名を語るようになりました。
(そういう問題じゃないのですが・・・)

「知らない人に声をかけられてもついて行かないように!」と
言い聞かせますが・・・
「知らない人に、自ら話しかけてしまう」ような幼児~小学生でした。

それが、どっちか一人なら、子供の特性という説明も
ついたのかもしれませんが・・・
うちは二人とも落ち着きがなく・・・
二人いて、二人ともということだと、これは親の問題なのかと
悩みは深くなりました。

今も、悩みがなくなったわけではないのですが、
今は一応スマホもありますし・・・
子供は元気で友達も多く、たくましく?
自立している方だといえば、そうかもしれません。

「夜泣き」とかと一緒なのかもしれませんが、
こういう、親の想定を超えた、ちょっと育てるのには
パワーがいるタイプのお子さんを育てているお母さんが
もしいらっしゃったら・・・

う~ん・・・
かける言葉がなかなか思い浮かびません・・・
でも、おそらく、大変な面も多々ありますが、
良いところも沢山あるお子さんなんだと思います。

今は、昔の事件の数々は、懐かしい思い出話です。
また、今私の子供達が行方不明にはならないように、
成長と共に少しずつ、少しずつは、楽になることも
あると思います。

何だかうまく書けませんが、
パワフルなお子さんに恵まれたお母さん・・・
共に、お疲れさまです、という気持ちです

ブログで全文を読む
2016年04月26日 01:09
産後うつの報道について(産後のうつ症状と産後うつ病)
 ( すずらんさんのプロフィール)
続けての投稿になりますm(_ _)m
地震のニュースが収まらない中、
産後うつの報道(東京都での自殺の統計について)がありました。

「産後うつ」、というのはまず表現が曖昧なのかと思います。
産後うつうつした気分になったことも「産後うつ」
一時的にうつっぽくなったのも「産後うつ」
なんかうつ症状が出たのも「産後うつ」になってしまいます。
また、8~10人に1人、専門家による対応や治療が必要になるのが
「産後うつ病」になります。
ニュースの内容からすると、うつ病の方を言っているのかと
思いますが、病はつかない「産後うつ」という表現なので、
なかなか、わかりにくいです・・・
以下、報道では「産後うつ」が使われているのですが、
あまりに広い意味になってしまうのかと思うので・・・
私は「産後のうつ症状」か「産後うつ病」のどちらかを用いて、
記事を書きたいと思いますm(_ _)m


本題にはいります。

私のこの記事も含めて、物事の見方は大なり小なり偏っていて、
どういう方向から見るかで、全然異なったことになると思います。
ある人には当てはまる事柄も、ある人には当てはまらないことが
多々あります。

「○○をしたから産後のうつ症状が軽くなった」の○○は
人それぞれ違うことがあると思います。
それは、その方個人個人の体験なので、事実であり、
それについて、どうというつもりは全くありません。
ただ、自分がそうだったからと言って、
全ての方に、それが適合するということではないと思います。

病院に行かず、自分にあった方法で、産後のうつ症状が
軽くなったという人もいると思います。

ただ、産後のうつ症状が、病院で治療(薬を飲むなど)を
しないといけないもの(産後うつ病)なのか、
自分の判断で、自分に合った○○をすれば、
回復するぐらいのもの(マタニティブルー)なのか、
それは、私たち「ど素人」にはわかりません。
治療が必要なレベルなのかどうか(うつ病なのかどうか)は、
お医者様や医療関係者の方でないと、
判断がつかないと思います。

万が一、治療の必要な方が、病院の治療以外の○○
で良くなると思って、それをずっと続けていたら・・・
どの病気もそうですが、治療がされない、
または遅れることで、悪化することになると思います。
うつ病の悪化となったら、自殺という可能性もありえます。

病院での治療が必要なのか、
病院の治療をせず、薬も飲まず、自分に合った方法で
回復するものなのか、
最初にその判断を専門家にしてもらわないと、
取り返しのつかない結果になることもありえます。

今回の報道を機に、多くの情報が付随して報道されたり、
色々な立場の方が色々な意見をされると思いますが、
どちらが正しい、間違っているというよりも、
色々な角度でお話されているのかな、と思います。

情報に触れる際には、以下の点に注意いただけたらと
思っています。

●産後うつの経験者というのは、「産後のうつ症状があった方」
なのか、「産後うつ病だった方」(精神科等の治療をされた方)なのか
(専門家の治療の必要がなく、一過性のものは、
産後うつではなくマタニティブルーになるのかと思います。)

●産後うつは○○で良くなるという言い方をしていないかどうか
(冒頭に書いたとおり定義が広いので、一つの方法で必ず良くなる
とは言えないと思います。)

●最初に専門家が治療の必要があるかどうかを判断する
必要がある、という視点があるかどうか、
治療の必要がない「産後のうつ症状」なのか、
治療の必要がある「産後うつ病」なのかがはっきりした後に
○○をしているのかどうか、
(その判断がないと、治療が必要な人に対して治療を
受けることなく、○○をさせてしまう(悪化させる)、という
可能性があります)


統計をとってもらったり、報道があるのは良いことなのかも
しれないですが、なかなか難しい・・・と思います。
ご参考まで・・・
ブログで全文を読む
2016年04月26日 00:13
熊本地震について
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんばんは

コメントのお返事が遅くなったり、記事が全然かけていなくて、

申し訳ありません。

メールのお返事も、出来ていない方が多く、申し訳ありません。

病院の紹介や産後すぐ等の方の相談は優先してお返事し

継続していますので、そのような方は遠慮なさらずに、

ご連絡ください

 

熊本やそのお近くで地震の被害にあわれた方には、

心からお見舞い申し上げます。

東日本大震災のことを思い出し、調子を崩している方も

いらっしゃるかもしれません。

難しいことなのかもしれないですが、日々の暮らしを

普通にするというか・・・起きて、食べて、寝て、

出来れば考えない(これが難しいのですが・・・)、

テレビがしんどかったら、テレビも見なくても良いのかなと

思います。

 

みんなが、頑張る必要はないと思います。

やれる人が、やれる時に、やれる範囲でやれば良いと思います。

 

今頑張ってくださっている方、色々行動してくださる方には

本当に感謝しています。

今しんどい人は、いつか自分が色々出来るようになった時に、

出来る範囲でやれれば良いのかなと思います。

 

頑張れていない人に、頑張れというのではなくって、

頑張れていない人に、頑張らなくて大丈夫、

もしこちらに余裕があるのなら、こちらでやるので大丈夫だよと

言えたら、その方も気持ちが楽になるのかなと思います。

 

・・・と、私自身、地震のことをすぐに記事にしたいと思いつつも

10日ほど経ってしまいましたm(_ _)m

震災の時、「がんばろう宮城」「がんばろう東北」がしんどかった

時がありました。(今もかな・・・)

被災地の方、当事者の方は、もう既にがんばっていらっしゃることと

思います。

休めそうな時に出来れば休んでほしいと思っています。

ブログで全文を読む
2016年04月02日 01:04
保育所・保育園のこと
 ( すずらんさんのプロフィール)
こんばんは。
保育園のことが最近話題になっているので、少し書きます。
※一応調べた上で書きましたが、どうしても私自身の
 経験が以前のものなので、訂正あれば教えてください。

最近話題になっているのは、
「働きたいのに保育所に空きがない
→働けないので困っている
→預けたいお母さんが子供を預けられるようにして欲しい。
(保育所を増やすとか保育士を増やす等々)」
という話なのかな、と思います。

産前からの”保活”も大変だと聞きます。

世の中では、保育所=働くお母さんが子供を預けるという
感じになっているのですが、
実際には、子供を育児するのが難しい保護者が
預けることが出来るので、
保育所に預けるのは、病気のお母さんも含まれるわけです。

産後、病気になって、育児が出来る状況ではなくなり、
病気の治療のため、休養が大切ということで、
子供を預けなければならない、という状況になるわけですが・・・

病気というのは、事前に予定したことでもなく、
もちろん保活もしていない状況で、
しかし、待ったなしの状況にあるわけです。
保育所の手続きももろもろ大変で、
とても、うつ病などの状態のお母さんには厳しいです。

そして、そもそも、産後2ヶ月(産後8週)以降でないと
預かってくれない保育所がほとんど・・・(全部?)
産後すぐに病気になったら、本当に困ります。

何とか2ヶ月を過ぎた時に、
「具合が悪くなったら、保育所の一時預かりを利用したりして
子供を預けてゆっくり休養して・・・」
なんて思ってしまうのですが、
一時預かりは、これまた色んな手続きがありますし、
当日その日に利用するのは出来ないのです。

うつ病に限らず、突然お母さんが体調を崩して、
通院や点滴、入院が必要になることもあると思います。
そういう時に、子供を預けられるところはなかなか
ありません・・・。

ご主人が仕事を休めたり、
誰か親族が近くにいて、代わりに育児してくれれば
良いのですが・・・
そうでないお母さんも沢山いるわけで・・・

保育所の問題は、決して働くお母さんだけの話ではなく、
お母さん全体の問題だと思います。
実際、産後だけでなく、小学校前に病気になるお母さんも
いると思うのです。

お母さんが預けやすい保育所が増えたら、本当に良いなぁと
思います。
ブログで全文を読む
2016年03月27日 10:50
サロンのお休みと個別対応について
 ( すずらんさんのプロフィール)

少しずつ暖かくなってきましたね

個人的な理由で、来年度は、サロンをお休みする予定です。
申し訳ありません。

サロンは休みますが、まだ病院に通院していないお母さんのメール対応は継続します。
本当は、その他のお母さん(通院治療中)の個別対応も継続出来ればいいのですが、申し訳ありませんが既に通院されている方の個別対応までは、出来ない状態です。

そんなわけで、サロンが開催出来ないだけでなく、メール対応と個別対応も制限させて頂く状況で大変申し訳ありませんが、症状があるのにまだ病院まで行けていない時を思い出して頂いて、ご理解頂けたら幸いです。

十分活動が出来ず、申し訳ありません。
色々と至りませんが、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

ブログで全文を読む
2016年03月19日 00:19
更新出来ず申し訳ありません
 ( すずらんさんのプロフィール)
最近ブログの更新が出来ておらず、申し訳ありません。

前回の記事に書いたこともあるのですが・・・
最近個別対応をすることが多くなっています。

◎調子が悪いと思っているもののまだ通院して
 いないお母さん
◎通院を始めたものの、まだ症状が落ち着かないお母さん
◎産後間もないお母さん

等々のお母さんに対しては、出来るだけ早くメールするよう
心がけています。

その他にもメールを頂き、本当にありがとうございます。
中には、「すずらんさん、最近サロンも休んでるし、
ブログも更新してないみたいですけど、大丈夫ですか?」
というようなものもあり、一言メール返信しようしようと
思うのですが・・・
やっぱり、↑の◎のお母さんへのお返事等々があるため
後々になってしまい・・・ますます心配をお掛けしている
状況かと思います。
本当に申し訳ありません。

私自身は、元気にしています。

せっぱ詰まっている方は、遠慮せずメールを下さい。

せっぱ詰まっていない方は、しばらく音信不通かも
しれませんが、緊急度の高いお母さんの対応を
しているんだな・・・と思って、見逃して頂けると
大変ありがたいです。

色々と十分に活動できておらず、申し訳ありません。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
ブログで全文を読む
2016年02月13日 05:41
サロン再開未定のお知らせ
 ( すずらんさんのプロフィール)
インフルエンザなど流行していますが、体調はいかがですか?

例年冬の期間はサロンをお休みしており、3月4月頃から
サロンを再開しています。
最近になり、サロン再開はいつですか?というご質問も
頂くようになったのですが、まだ再開の目処がたっておりません。
申し訳ありません。

理由としては、
・私の個人的な理由でなかなか時間を持つことが出来ず
 (フルタイムで仕事をしている+α)、諸事情より心身共に
 余裕を持てる状況にないこと。
 (私の体調が悪い等ではないので、心配不要ですm(_ _)m) 
・平日午後の開催が出来ず、開催するとしても土日祝の開催になり
 参加者が少ないと思われること

以上になります。

最初の、私個人の状況に変化があれば、サロン再開となると
思うのですが、それでも、土日祝日の開催にはなると思います。
数年前、土日祝日にも開催していたことがあったのですが、
参加が少なく、平日のみの参加にした経緯があります。
平日の方が参加しやすいとは思うのですが、都合がつかず、
申し訳ありませんm(_ _)m

個別対応(メール)は継続しています。
病院を紹介して欲しい、調子が悪く産後うつなのか迷っている等
気になることがありましたら、メールを頂ければ幸いです。
(mamablue_sendai☆yahoo.co.jp ☆をアットマークに変えてください)

ただ、個別対応のメール返信も少々お時間を頂く場合があること、
こちらのトップページにも書いてありますが、ご了承頂ければ
幸いです。

また、サロンに何度も来て頂いたり、メールのやり取りを
したことのある方から、日常的なメールを頂くこともあるのですが、
どうしても、今調子が悪くて追い詰められているお母さんの対応を
優先するので、そちらのメールの返信は遅いか、返信できないことも
あります。
もし、日常の報告等でメールを下さる場合には、メールを頂くこと
自体は大変嬉しいので、返信不要として、メールいただけると大変
ありがたいです。

活動が十分に出来ず、申し訳ありません。

ブログで全文を読む
2016年01月29日 07:51
生きていてくれて良かった
 ( すずらんさんのプロフィール)
スマホ投稿2回目です(笑)
今まで朝の投稿はほぼなかったですね。
冬の期間は、娘が自転車通学ではなくなるので、朝早く一緒に家をでます。
今は職場の近くでコーヒーを飲んでなんとか頭を起こしているところです。

今月、記事が少なかった理由は、パソコンの調子が悪いことと、もうひとつ理由がありました。
息子の成人式のすぐ後に息子のとても仲良くしていた友達が、急に亡くなりました。
色々なことで、もしかすると息子が亡くなっていたかも、と思うようなこともあり…
しばらくスーツなどを置いていく予定でしたが、今度はお通夜やお葬式の支度をして、送り直しました。
その準備をしながら、気持ちが落ち込んだり、すごく悲しくなってしまいました。
成人式を終えたばかりで子供を亡くした親御さんのお気持ち、ご本人の無念さを思うと…言葉がありません。

ついつい息子にも小言を言ってしまいますが、とにかく生きていてくれることに、感謝しようと思いました。

そう言えば、産まれて来るまで、切迫流産、切迫早産、仮死状態になっての吸引分娩とトラブルがあり、無事産まれて本当に良かったと思ったことを思い出します。
その後産後うつ病にもなりましたが、やっぱり子供を授かって良かったし、無事産まれて、今無事で良かったと思います。

子供から見ても、お母さんは生きていてくれるだけで良い存在なのではないかと思います。
理想を言えばきりがないのは、お互い様ということで…
とにかく命を大切に、本当の寿命まで親子で生きていけたら、と思います。

う~ん、コーヒー美味しいです(^^)
小さな幸せを毎日感じながら、生きていけたら良いですね♪ブログで全文を読む
2016年01月27日 20:56
スマホから…
 ( すずらんさんのプロフィール)
今年に入り、記事が全然書けていなくて申し訳ありません。
実はパソコンの調子が悪くて、直そうと頑張ってたのですが、全然ダメで…しばらく使えないので、はじめてスマホから投稿しています。
最初からそうしてれば良かったんですが…m(__)m
スマホ初心者なもので、文字入力が時間かかって、本来的の記事を書く方に、頭が回らないというか…(涙)
すみません…
書きたいことは、あるので、次回書きたいと思います‼
ブログで全文を読む
2016年01月08日 22:45
今年もどうぞよろしくお願いいたします
 ( すずらんさんのプロフィール)
遅い新年のご挨拶になりましたm(_ _)m

しかし、ココで年末年始警報を発令したため、
有言実行?ではないですが、ゆっくりとスタートさせて
いただきましたm(_ _)m

皆さん、調子はどうでしょうか?
私は、年末~お正月ぐらいはなんか気が張っていたのですが、
その後なんだかグッタリしてしまって・・・
風邪なのかと思って風邪薬を飲んだり、ドリンク剤を飲んだり
してみましたが・・・
警報通りに疲れが出たのかもしれません。

同じように、今の時期に疲れが出ている方も多いのではないかな?
と思っています。

しっかり休みましょう

今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
ブログで全文を読む
2015年12月23日 22:01
看病&年賀状にも気をつけましょう!
 ( すずらんさんのプロフィール)
暖冬とはいえ、やっぱり寒いですね・・・。

サロンはお休み中ですが、メールや、ブログのコメント欄などで
お母さん方と連絡を取っていると、みなさん、
「すずらんさん、無理せず体調を気をつけて・・・」
みたいにお声をかけて頂き、ホッコリ心が温かくなります。
ありがとうございます

私の方は、送信を押してから、
「お母さんもお子さんも、寒くなってきましたし、
風邪やお腹の病気も多い時期なので、どうか身体に気をつけて、
心の調子にも気をつけて、無理をしないでくださいね。」
というのを書き忘れてしまい・・・
あっ・・・と反省してしまうことしきりです。

そんなわけで、本当にこの時期体調にも心の調子にも
気をつけて頂きたいです。

しかし、「無理をしなくてはいけない時」が多いのも
この時期です・・・。
一番は、子供の体調不良のときでしょうか
激混みの小児科に行きつつ、体調もご機嫌も悪い子供の
相手をしながら、看病をするのは、とてもしんどいです。
食事や飲み物に気をつけなくてはいけなかったり、
寝ている時も気を抜けなかったりしてしまいます。
子供の看病の最中は、休めずに無理をしてしまうかもしれませんが、
お子さんが元気になったら、お母さんもどうかしばらくは、
休んで欲しいと思っています。

あとは、昨年書き忘れ、今年もお母さんのコメントで思い出した
「年賀状」
不意に、気持ちをドンと落ち込ませるものです。

同じ時期に出産した方がとても元気そうにしていたり、
職場復帰してバリバリ働いていたり、二人目を妊娠&出産して
いたり・・・
うっと思う一言コメントが書いてあったり・・・

調子が悪かったら、出すのはパスしても良いと思います。
そういうときって、もらう方は気がつかなかったり、
「喪中だったのかな?」「不達だったのかな?」ぐらいで、
あまり気にしないものです。

ただ、届いてしまう年賀状を受け取り拒否には出来ないので、
もらったら、中身は出来るだけ見ないで、輪ゴムで止めて
しまっておきましょう。

くどいようですが、年末年始は、調子が悪くなるのが普通です。
前後は出来るだけ休養期間としましょう!
(私もなかなか出来ないですが、書きながら言い聞かせています)



ブログで全文を読む
2015年12月13日 23:04
師走&冬はあぶないです
 ( すずらんさんのプロフィール)

かなり早いですが、12月になりましたので、
年末年始注意報・警報を出します。
以前の記事で申し訳ありませんm(_ _)m

年末年始注意報です!
年末年始警報です!

冬は、寒いし、日照時間も少ないし、
「冬季うつ病」というのも言われるぐらいです。

クリスマス、冬休み、年末の大掃除、
年末年始、日頃会わない人にあったり、
色々近況を話し合ったりすることもあると思います。

調子が悪くなるのが普通と考えておくと良いかもしれません。

今はなかなかゆっくり出来ないと思うので、
(気持ち的にも・・・)
お正月明け、ゆっくりするつもりで・・・

身体の方も、心の方も、どうぞお大事に・・・。

私も、ボチボチやっていこうと思います

ブログで全文を読む
2015年11月21日 01:25
言葉の意味・・・
 ( すずらんさんのプロフィール)

今月もあっという間にあと1ヶ月と10日ほどですね
今月は諸事情により、記事が少なくて申し訳ありません。

ただ、産後のうつ、うつ病のことを、深く考えることが
多い日々でした。

私は、あまり言葉には詳しくないのですが、
「うつ」と「うつ病」を使い分けるようにしています。

「うつ」、というのはうつ症状、原因は色々あると思いますし、
本人が「なんか気分がうつっぽいな」ということなら、
「うつ」ということになるんだと思います。

「うつ病」というのは病名ですので、
専門のお医者様が診断され、病気ですので治療が必要な
状態になります。

さて・・・
(以下、ものすごくおおざっぱな分類ですが
ご了承くださいm(_ _)m)

①産後、涙が出たり、気持ちが落ち込んでいるお母さん
  ※但し、一過性で時が過ぎれば自然と治るもの
②産後、涙が出たり、気持ちが落ち込んでいるお母さん
  ※但し、よくよく聞いてみると、自分を責める気持ちが
   強かったり、死にたいと思っていたりしている
③産後、涙が出たり、気持ちが落ち込んでいるお母さん
  ※育児のことでとても悩んでいる
④産後、涙が出たり、気持ちが落ち込んでいるお母さん
  ※実は、甲状腺や婦人科の身体の病気があって
   うつ症状が出ている

全てうつ症状が出ているわけですから、
①~④全てが、産後のうつ、「産後うつ」になると思います。

しかし、この中で、精神科の治療が必要な
「産後うつ病」は②だけです。

①マタニティーブルー
②産後うつ病
③育児で悩んでいるお母さん
④身体の病気でうつ症状が出ているお母さん

お母さんの訴えていること、自覚症状もほぼ同じ、
周りから見ていても、ほぼ同じ、
大きく見れば、全てうつ症状(うつ)・・・

これを正しく見分けられるのは、
私は、病院のお医者様か、それに近い医療関係者の方
だけだと思っています。
私も、わかりません。

産後、子供を育てていて、泣くこともなく、
落ち込むこともないお母さんはほぼいないと思います。

自分が「産後うつ病」だったと思っている方の中に、
①や③だった方はいないでしょうか?

②の「うつ病」の方に対して、
「自然と時が経てば治るよ」
「お母さんはみんな経験していることだよ」
「私は病院に行かなくても、○○したら治ったよ」
などというアドバイス、情報を発信してはいないでしょうか?

悪気がなくて、相手の方を想ってとは思いますが、
私たちど素人に、①~④の区別がつかない以上、
相手の方も自分と同じとは限らないと思います。

産後うつ、産後うつ病について色々とご意見がありますが、
言葉の意味を、少し考えてもらえたら・・・と思う時が
最近多々ありました。

言葉の意味の理解が深まれば、
産後のうつ症状、そして産後うつ病への理解も
深まることと思います。
そう、願っています。




ブログで全文を読む
2015年10月28日 22:10
コウノドリ、TVやってます
 ( すずらんさんのプロフィール)

ずーっと前に、漫画の紹介をしていたのですが・・・

コウノドリ(漫画)読みました
↑をポチッと

毎週金曜夜10時 TBS系列で、
テレビ放映しています♪

金曜ドラマ『コウノドリ』

1、2回を見ましたが・・・
原作を読んでいてストーリーは大体わかっているのに、
じーんとしてしまいました。

色んな感想があると思います。
子供が授かること、産むこと、その後の子育て・・・
全てが幸せ、100%Happyな訳ではありません・・・

でも、子供が授かり、無事に産まれたことに、
素直に嬉しい、
そして、私のところに産まれてきてくれてありがとう、
そんな気持ちになります。

お子さんが小さいと、リアルタイムで見るのは難しいかも
しれませんが・・・
もし良かったら、一度見てほしいです

ブログで全文を読む
2015年10月20日 22:27
母乳とお薬についての情報です
 ( すずらんさんのプロフィール)
母乳とお薬について、サロンに来てくださっているお母さんから
情報を頂いたのでお伝えしたいと思います

※何度かこちらで書いていますが、私自身は産後、
 母乳推奨派でもミルク推奨派でもありません。
 色々と状況や事情がありますし、大きくなったら
 ミルクか母乳で育ったかなんて全くわからないので、
 私は、正直言って「どっちでも良いと思う派」
 「お母さんが楽になる方が良いと思う派」です。

上記の通り、母乳でもミルクでも、どちらでも子供は
変わりなく育つというのが私の考え方ではありますが・・・
たまたま母乳で育てていて、ちょっとお母さんの体調が悪く、
お薬を飲みたいな、と思った時に、
「母乳だから薬は飲んじゃダメだから我慢しよう」
と思って、症状を悪化させてしまったことはありませんか?

私は、うつ病の薬はもちろんですが、風邪薬や頭痛薬等も
我慢していたので、色々と体調不良が長引いた気がします。
でも、母乳でも飲める薬というのはあるようで・・・
しかし、それってどれをどれぐらいなら大丈夫なのかな?という
疑問がわくかと思います。

そんな時は、こちらに相談してみてはどうでしょうか?

みやぎ母乳育児をすすめる会
↑こちらをポチッと

こちらのホームページの真ん中あたりの水色の部分に、
「授乳と薬のご相談について」という部分があり、
その後PDFファイルを開けると詳しい文章があります。
そちらに注意事項や電話対応できる曜日や時間、
電話番号などが載っていますので、授乳と薬に
不安がある方は、利用されてみてはどうかと思いました。


また、厚生労働省の妊娠と薬情報センターでも
相談を受けているようです。

国立成育医療研究センター
↑こちらをポチッと

真ん中あたりにお母さんのお腹を女の子が触っている画像が
ありますが、そこが「妊娠と薬情報センター」の画面になります。
そちらにも、細かいことが載っています。

実際の相談方法はこちらです → 相談方法

参考にして頂ければ幸いです。

また利用してみた方がいらっしゃったら、
どんな感じだったかも、良ければ教えてください 
ブログで全文を読む
2015年10月17日 00:37
これをすると楽♪
 ( すずらんさんのプロフィール)
すっかり朝晩寒くなりました

記事にしたいことが色々あるのですが・・・
集中して考える時間がなかなか持てず・・・
今日は、ちょっとした一言記事でごめんなさいm(_ _ )m

サロンで、時々気分転換とか、ストレス解消という話に
なるのですが・・・・

体を動かすこと、整えることでリフレッシュされる方もいれば
(ヨガ、整体、運動など・・・)
自然に触れたり、買い物をしたりしてスッキリされる方もいれば、
読書や、音楽、映画などで、気分転換したり、
もちろんおいしいものを食べたり・・・色々あると思います♪

なかなか日々の家事育児では見つけにくいと思いますが、
これをやると、気分転換になったり、ゆっくりできるな、と
いうのがあると良いですね♪

私は・・・ズバリ、寝ることです!
普通の睡眠も長めにとると◎ですし、
できれば、昼寝、しかもしっかり着替えて布団で寝るのが
一番気持ちが安らいで、リフレッシュできます。

それ以外だと・・・うむむ・・・
ちょっと高いヨーグルトを食べるとか?
そのほかには・・・思い浮かびません・・・

私はどうも外に出かけるとか、体を動かすとかいうのは
気分転換などにはならないみたいです。
でも、それは試行錯誤を色々してみて、わかったことです。

なので、気分転換、リフレッシュ、休息に、
○○が良い!というのは、人それぞれだと
本当に思います。

私も、産後色々エクササイズしたほうがいいのかとか、
森林浴とか、音楽とか、本当に試行錯誤しまして、
結果・・・寝るということになりました

そんなわけで、皆さんも、これをすると楽♪というのが
まだはっきりしていない方は、
ちょっとずつ試行錯誤して、見つけられるといいですね
ブログで全文を読む
2015年10月05日 21:25
明日のサロンは14時からです
 ( すずらんさんのプロフィール)

先週のサロンは急なことでご迷惑をおかけしてしまい、
申し訳ありませんでした。
色々と皆さんに助けて頂いて、なんとかサロン開催が
出来て良かったです。
また、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、
メールなどで温かいお言葉をいただいて、
本当にありがとうございました。

明日、10月6日(火)
いつもの福祉プラザ3F 託児室でサロンがありますが、
予約がうまく取れず、時間がいつもと違います。

14時~16時

になりますので、どうぞご注意くださいm(_ _)m

最近は秋晴れで、日中はまだ暑いぐらいですが、
朝晩は冷えますね・・・。

私も最近風邪っぽくて、風邪薬を飲んだりしています。

お母さんも、お子さんも、
どうか体調にも気をつけてください

ブログで全文を読む
2015年09月25日 23:00
9月29日(火)のサロンについて
 ( すずらんさんのプロフィール)

直前で大変申し訳ありません。
9月29日(火)のサロンに、私が行けなくなってしまいました。

本来であれば中止して日程変更ということになるのですが、
今回は直前なので、周囲の方と相談して、以下のようにすることに
しました。

○鍵の開け閉めなどはいつもの託児の方がしてくださいます。
 (本来のことでないのに快諾いただき、感謝ですm(_ _)m)
○座談会のような感じで進められたらと思っています。
 進め方については、託児の方と、当日来られそうでかつ今安定
 されているお母さんにお伝えをしますので、当日聞いてください。
 (いつもと変わらないとは思いますが・・・)
○サロンの約束を見ておいていただけると幸いです。
 → こちら
○出来るだけ、参加されている方のお話の分量が同じぐらいに
 なるように、皆さんで配慮いただければ嬉しいです。

また、いつもと同じ時間には取れませんでしたが、
10月6日(火) 14時~16時
に託児室の予約を取りました。

こちらは仕事もお休みしてあり、私が参加します。
いつも通り託児もありますので、よろしくお願いします。

今回は、昨晩からの急なことで、多くの方に慌ててメールを
して相談させていただきましたm(_ _)m
どなたからも温かいお気遣いをいただいて、感謝しています。

今後はこのようなことがないようにしたいと思います。
本当に申し訳ありません。
また、出席の方が少なくなるかもしれませんが、今後は
土曜午前などの開催を考えていました。
この辺は、もうしばらく余裕が出来たら、またご連絡して、
皆さんのご意見も聞かせてもらえたら、と思っています。

まとめますと・・・
次回のサロン
9月29日(火) 13時~15時(座談会)
※申し訳ありませんが私すずらんが欠席になりますm(_ _)m
10月6日(火) 14時~16時
※いつもより時間が1時間遅いです。ご注意くださいm(_ _)m
 この日は私すずらんは参加します。
※メールの対応は随時しておりますので、ご連絡ください
 場所は、福祉プラザ、3F託児室です。


ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m 

ブログで全文を読む
2015年09月23日 20:39
健診は大切です
 ( すずらんさんのプロフィール)

こんばんは
連休でお疲れの方も多いと思います。
私も、なんか腰を痛めました・・・

今日は、ちょっと産後のうつからは離れますが・・・

最近、健診って大切だな、と思います。
有名人の方のガンのお話も聞きますね。

もしかしたら、妊娠をきっかけに健診から遠ざかっている
お母さんもいるかもしれないと思い、記事にしてみました。

私の場合は、健診はほとんど受けていなかったのですが、
20代の時に、高校の同級生がガンで亡くなり、
それから、受けられる検診は出来るだけ受けるようにしてきました。

今年は、大腸内視鏡検査と、人間ドックを受けました。
大腸内視鏡検査は、前準備がとにかくしんどくて・・・
恥ずかしいし・・・でも、受けて良かったです。
大腸ガン家系だったのですがそちらはなんともなく、
今は2ヶ月に1回の通院になりました。

人間ドックは、なんともないと思っていたら、
初めて受けた腹部超音波(エコー)で2ヶ所指摘があり・・・
数ミリのポリープが2ヶ所見つかりました。
自覚症状が全然なかったので、ビックリしました。
こちらは1年に1回、腹部超音波で様子を見ることになりましたが、
ネットで調べたら、10mmを超えたらガンの可能性ありとか、
手術とか書いてあって、怖いです・・・。
でも、今のうちに見つけられて良かった、と思っています。

うつのことばかり、書いてしまいますが、
お母さんには、身体のメンテナンスも大切になさってほしいです。

まだ、お子さんが小さい頃は難しいかもしれませんが、
市町村の健診や、ご主人の勤務先の健診などを利用して、
1年に1度は受けられた方が良いかと思います。

産後1年経つまでは、なかなか難しいと思いますが、
産後1年経ったら、考えてみてほしいです

ブログで全文を読む
2015年09月17日 22:12
家事、育児の負担を減らすことについて
 ( すずらんさんのプロフィール)
風邪を引いた時、体調が悪い時に、
薬を飲んだり色々する他に、「ゆっくり休む」と言うことは、
とても大切ですよね。

私も、産後に病院へ行った時に、病院の先生から、
「ゆっくり休んでください」と言われたのですが、
赤ちゃんがいる状態で、ゆっくり休むって、
一体どうすればいいんだ???と思ったことを思い出します。

具体的に、家事と育児の負担を減らさないと、
ゆっくりは休めません・・・。

家事の負担について
食事は買ったものにする、掃除はどうしてものところだけ、
洗濯はたたまない&出来るだけクリーニング、等々
色々と家事の負担を減らす方法はあるとは思います。

ただ、全く出来なくなるほど、調子が悪くなる時もあります。

そんな時には、家事を誰かにお願いするというのも
大切になってくると思います。
近い家族などが手伝ってくれる、というのも一つですが、
そうでない方は、第三者にお願いする方法もあります。

育児ヘルプサービス(仙台市) → こちら
産後6ヶ月以内、手続き必要で、1時間600円です。
他の地域でも、「○○市 家事 産後」などで検索すると
行政サービスを調べられるかもしれません。

みやぎ生協/こ~ぷくらしの助け合い → こちら
お願いする時の条件はなし、窓口やコーディネーターの方への
連絡は必要、1時間だいたい600円です。

育児の負担について
子供を預ける、誰かに育児をお願いするということになります。
近隣の保育所の一時預かり、のびすく仙台などの一時預かり
というのもあると思います。
ただ、状況により、とても困っていらっしゃるお母さんも
多いと思います。
こちらも、出来るだけ具体的に負担が軽くなるように、
一緒に考えたいと思いますので、メールを頂けたらと思います。

メールの対応については、10月以降も継続します。
ただ、どうしてもメールの数が多い時等、お返事が遅くなることが
あると思います。
現在も多めの状況のため、申し訳ありません。

この季節、風邪を引いている方も多いです。
お母さんも、お子さんも、どうぞお身体大切になさってください
ブログで全文を読む
スポンサーリンク