らぶさんの最新Blog

*メンバー様のプロフィールを詳しく見るには、ログインする必要があります。   ブログ登録の説明
*ブログのタイトルに[PR]と表記されたものは、ブログシステム提供会社が表示しているPR広告です。
2017年05月29日 21:27
フードプロセッサーでチーズケーキ!
 ( らぶさんのプロフィール)
夕食の後片付けをしながら、クリームチーズ、サワークリーム、ヨーグルトや卵など、必要な材料をすべてフードプロセッサーで、ビビーと混ぜ合わせ、あとはオーブンへポ~イ


まだ熱々で早く冷めないかなーーー
今日はお天気もよかったので、寝具などの大物も洗濯し、アイロンも掛けて、なかなかのクタクタ具合ですが…
お菓子作りの大変な作業は、すべてフードプロセッサーにお任せしちゃうので、
体力も力も器用さも持ち合わさない脳性まひのワタクシにも、
食べたくなったら、すぐ焼けちゃう
キッチンではフードプロセッサーが、いつだって私のやる気を後押ししてくれているのですが
めんどくさいが、なくなるお台所って、
やっぱり、使うものがすぐに取り出せて、お片付けにも手間取らない、そんなベースがあってこそ、
ちょっとした隙間時間に、やろうと思えるのかもしれませんねブログで全文を読む
2017年05月28日 20:24
バルのトリミングの間に、ラブは充実のショッピング!
 ( らぶさんのプロフィール)
愛犬バルを美容室へ連れていく日
先代のクーちゃんは、すぐに車に慣れ、車酔いしない子だったのに、
この子は何回乗っても、酔っちゃう体質のようで、
出来れば運転手役の夫と、二人で連れていけるタイミングを見計らって、
日頃は、私の雑なシャンプーとブラッシングで耐え忍ばせております

内弁慶の極みなので美容室などでは、めっちゃいい子
でも…ガラス越しにでも、目が合うと「助けて~」と救いを求めてくるので…
私は、早々に退散キレイに仕上がるまで、その場を離れて、しばしショッピングを楽しむことに
私の大好きなスヌーピータウンに、212 KITCHEN  STORE、Awesome Store 、ハンディダンプティなどなど、見たいお店がてんこ盛り
電動車椅子を最高スピードに合わせて、効率よく、見たいお店はすべてまわれましたわ
やっぱり今日もクッションカバーとか、キッチン用品とか、生活雑貨ばかりを買いましたわ
タイルステッカーの柄が可愛くて、貼る場所をイメージせずに買っちゃったので、これからお部屋の隅々を見渡しながら、一番似合うポイントをじっくり探していきますわ
献立に悩まされ、終わりなき主婦業に思わず愚痴っても、やっぱり私は、家の中のあれこれ考えるのが、一番落ち着くみたいです
ならば、極めるしかありませんな
もっと楽勝に家事をこなせる、スーパー主婦を夢見て 実践あるのみ ですわね

ブログで全文を読む
2017年05月27日 11:23
新聞の切り抜きで、素敵な作品に☆
 ( らぶさんのプロフィール)

私が好きなテーマを選りすぐって、こまめに新聞の切り抜きを下さる親切なお友達から
先日もまた、たくさんの切り抜きを頂き、気持ちがゆったりとするSaturdayモーニングにじっくりと読み更けておりましたら、私の大好きな花森安治氏の一面まるごと「花森安治の仕事、デザインする手、編集長の眼」の展覧会の広告記事が、飛び込んできました

この中央に陣取った、暮しの手帖の表紙が散りばめられた端っこに花森氏の図が、なんとも魅力的すぎて、みすみす故紙になんて、もったいないわ…
と思ってしまった私
でも、なんでも取っておけば満足する性格でもないので、取っておくならば活用できる方法を考えてみて、思い付かなければ潔く捨てるのが私のスタイルでもあるので…
とりあえず、額に入れてみたいと思った私は、納屋へ
ありました、ありましたとも

かつて、子どものころ書いた書道ともいえないものを、いちいち額に入れて置いておいてくれたやつです
こういうのは、なかなか捨てられません
かといって飾る勇気もありませんので、いつもは納屋にお眠り頂いているのですが
こういうときに、役立つんですよ
ほらジャンつきみそうからの、大変身でございまーす

あかんめっちゃサイコーやん
新聞のカラー印刷が、絶妙なヴィンテージさを醸し出して、とても新聞の切り抜きだとは思えない作品に
想像以上の素敵な作品になり、
やっぱりこれは、我が家の花森ゾーンに飾りたい
と、らぶの日曜大工が始まりましたわ


取り付けたい位置を鉛筆でマークし、それがフックの位置にくるようマスキングテープで固定

マスキングテープって、かわいいだけの代物ではございませんのよ
額の中の絵が動かないように留めておくのも、マスキングテープだし、脳性まひでお手々が言うことを聞いてくれなくても、日曜大工にもマスキングテープがあればなんとかなりますわ
左手で何かを押さえながら、右手でトンカチなどの作業は苦手なので、そんなときにマスキングテープがエエ仕事をしてくれはります
そういう使い方もする私は、あえて可愛くないマスキングテープも買ってあるんですよ


我が家は、石膏ボードなので、このめんどくさい三方向に打ち込むタイプじゃないとダメなんですよねー
めんどくせぇーーー
でも、まぁ千里の道も一歩からですわ

上の2つの釘は打ちやすいけれど、この一本が手間取りました
うち損ねて、ビューンと真横に曲がってしまったときは、一からやり直しかと思いましたが…


らぶの執念で、なんとかガッシリと無事にくっついてくれました
たぶん、夫が器用な人だったら、わざわざ自らトンカチを握ることもなかったでしょうけど…
ほんまに不器用で、仕上がり具合のみならず、その耐久性にも問題アリでして…
脳性まひで、女だから…なんぞ、いうてる場合ちゃうんで、せなしやーないんです


どないどすか
こんな感じになりました
花森ゾーンから、花森ワールドへ格上げですわね
ちなみに、頂いたこの新聞は、2017年5月20日付けの朝日新聞です!
朝日新聞のご家庭で、まだ故紙に出してない方がおられましたら、どうぞお試しくださいませ

向かって左の額に入っているのは、今年のカレンダーの表紙で、今回の額には、新聞紙ってことに、きっと誰も気付かない…ハズ
泥棒さんには誠に申し訳ございませんが、金目のものは一切なくとも、住人にとってはサイコーの空間は、こうして作られていくのでしょうね

ブログで全文を読む
2017年05月26日 08:16
何気ない日常も、なぜだかこんなにてんこ盛り!
 ( らぶさんのプロフィール)
昨日も、なかなかのてんこ盛りな1日でしたわ
午後からドラムのレッスンなので、
午前中に、夕食のハッシュドビーフを仕込み…


最近、ルウを使わずに作ってます
手作りのものは、なんといっても後味の余韻がたまらなーい(たぶん自己満足!デス)
テスト期間中の息子の昼ごはんも、親子丼定食を、がっつりこしらえ、
ドラムのレッスンへダーッシュ
まぁ、なんとか今日も滑り込みセーフ

楽しいレッスンは、あっという間に終わり…
その後、お給料日なので銀行へ寄り、夕食もほぼできているので、ちょっと鳩居堂でも覗いて帰りましょと、ふらりと立ち寄ったお店で、
友達とバッタリ出くわし…
立ち話もなんなんで、向かいの上島珈琲へ
すっ飛んだ私の行動には、すっかり慣れてるハズの友も、
さすがに、びっくり仰天なご様子
まず段差のある入り口前に電動をポィーッと乗り捨てた車椅子を目撃されてしまったようで…
しかも、そのまま店内へスタスタ歩いていった感じが丸出しのクッションのずれ落ち具合といい、スティックが飛び出したスヌーピーの鞄を後ろに掛けっぱなしで、ためらうことなく、ちょっと品格漂うお店に一人で入っていける人は、らぶしかいないと確信した友は、
お香の香りと古都の雰囲気が漂う、おしとやかな店内に「らぶちゃーん!」って叫びながら、入ってきはりました
これには鳩居堂の社員一同、友と私に視線釘付けになっておりましたケド…
そして、向かいの上島珈琲へ移動すべく、
いつものように電動に座りながら、お尻でズレたプイッとクッションをもとに戻して、今度は【駐輪禁止】の立て看板の前にボイーッと乗り捨てたことで、友の目は真ん丸に
「駐輪禁止って書いたるけどエエん?」という友の心配には耳を傾けず、入り口に数段ある段差をよいしょ!とよじ登りながら「いまドラムの帰りやから、さすがにクタクタやわー」といいながら、躊躇せずにコーヒーフロートを注文
またまた友は、唖然呆然としながら、なぜか多めのナプキンと、おしぼりを私のために2つ用意してくれ…
「疲れてるときに、こんな食べにくいもんに挑戦するらぶちゃーん素敵!」と言いながら、
スマホで、私の食べっぷりを撮影し始める友
そして、期待に反するように着実にアイスを食べ干し、「そんなんアイスコーヒーのフロートやもん!悲惨なことにはならへんわ!」といいながら飲み干すと、
「だって私でも、メロンソーダーとかズルズルになんのに、凄いな」とびっくりしたはるので、
「あんな、アタシ何年障害者やってると思ってんのよ!もうベテランやん」って言うと、
「あぁ、今日もまた完敗してしもたわ~」と謎めいたコメントを残して、友は自分のFacebookに、その様子を、この写真とともにアップしてくれたはったので、画像を拝借いたしました
帰宅後、洗濯物を取り込んだり畳んだり、バターライスを準備したりしながら、
先日スーパーで、ヤスダのプレーンヨーグルトが賞味期限間近で、半額になっておりまして…

思わず買ってしまったもんで
期待通り美味しいんだけれど、さすがに1kgを短期間には食べきれませぇーん
ということで、フローズンヨーグルトに変身させるっきゃない

これはもう、どさくさ紛れに作りましたわ
でも、混ぜて固めるだけなんで、どさくさに紛れさせるのが一番ですわ
生クリームを泡立てるのにハンドミキサーを出すのは、この夕方には嫌なので、スチーマーで代用
メレンゲを作る訳ではないので、この場合コレで十分
お砂糖とレモンの絞り汁とヨーグルトを加えて、凍らせるだけで出来上がり

ちょっとの手間で、美味しいデザートタイムが楽しめますわよ~
…とまぁ、毎日、日記に書くことがありすぎて、10年日記の四行では収まりきれない日がほとんどなのですが、これ以上、家庭事務時間を増やすわけにもいきませんので、なんとか四行に収められるように、おとなしめに炸裂していきたいと思っている今日この頃なのでありますブログで全文を読む
2017年05月25日 08:43
ヤッター♪抜ける譜面台と交換して頂きました!
 ( らぶさんのプロフィール)
先日、キョービの譜面台は、ストッパー付で引っこ抜けないという記事をアップしましたが(→その記事はこちら!)、
あれから、いろいろ調べてみたものの、やはり、最近の譜面台は折り畳み式であろうと、安価な譜面台であろうと、ストッパーが付いているのだそうで…
ならば
近所のリサイクルショップを覗いてみたものの、探しているときに限って、譜面台ではなくサックススタンドが置いてあったりするんですよねー、
ヤフオクとかだと、モノ自体は一円でも、送料が二千円かかったり…(ストッパーなしのものかも確認してみなきゃ、わかんないですし…)、
一応、三千円ぐらい出せば、マイクスタンドに取り付けるタイプの譜面台があるので、どうせならそっちを買おうか とか…
でもでも、フリマとかで運良く見つかるかもしれないし、とりあえず地道に探そう
と覚悟を決め、ストッパー付の抜けない譜面台を、取り付け金具のネジを全開にさせ、無理矢理装着

そのままでは太すぎてハマらないので、試行錯誤の末に止まったものの、ネジは完全にハマってはおらず、とりあえず渾身の力を入れて固く締め、
一応激しく叩いても、しっかりとは止まっていたので、気長に探してみよう
…という話を、先週のドラムのレッスンで、失敗談として、ドラマー仲間にお話すると
「私の使ってる譜面台は、子どもが使っていたものなので古いから、きっと抜けるわ!確認してみますね」と、おっしゃってくださり、
そして、なんと
先日のライブのときに、わざわざ風呂敷に包んで持ってきて下さったんです
私の探し求めていた譜面台
びったりガッシリと固定できましたわ
こんなに早く手に入るなんて

しかも「差し上げます」とおっしゃってくださったのですが、さすがに厚かましすぎるので、

その方は、普通の譜面台としてお使いになられているとのことなので、私の譜面台と交換していただくことに
(*^o^)/ヤッター\(^-^*)
もう、20年近くお使いになられていたとは思えないほど、キレイで輝きを放っている譜面台
ほんまに嬉しいですわ

とても見やす位置にセットできました
生ドラムを防音設備のない民家で演奏するのは、いくらか弱い脳性まひのドラマーとはいえ爆音すぎるので、ヘッドを消音パットのメッシュに付け替えて、飽きることなく叩いておりま~す
私にとって、もはや楽器ではなく、エアロバイク的なトレーニングマシンですわ


飽きずに続けられ、座って運動できちゃう、なんて素敵な健康器具なんでしょ
あなたもドラムを始めてみませんかブログで全文を読む
2017年05月24日 07:42
デモ機の車椅子でライブへGo!
 ( らぶさんのプロフィール)

高阪先生がドラマーのINAYANライブへ
本日も、INAYANことサックスプレイヤーの稲屋浩さんのトークは快調でございましたわ

もちろん、ドスの効いたサックスの音色も絶好調


今宵は、夫と一緒だっあので、手動式の車椅子でお出かけ
ライブに乗っていった車椅子さ、業者さんから借りているデモ機
6年に一度、車椅子を新調できるのですが、電動車椅子を手に入れてから、電動の方をヘビー級に使い、気がつけば20年も同じ(手動式)車椅子を使っておりました
エエ加減新しくしようと、ここ最近いろいろな車椅子をお試し中
車の試乗よりも車椅子の試乗の方が大事ですわよ
ほんまにね、ちょっとしたタイヤのクッション性や、前輪の直径などによって、乗り心地や小回り性が変わってきますから、試乗は大事なんです
長時間の試乗もかねて、ライブは車椅子で観戦
座り心地は悪くなく、10kg未満と軽量で、女性向けに作られた車椅子なだけあって、見た目のデザイン性も申し分ないけれど…
イギリスの石畳でもない、日本の優れた舗装のアスファルトの道で、すぐに足の裏からおいど(=おしり)、背中や内臓までかゆ~くてたまらなくなるって、自分で自走される方には、操作しやすいでしょうけれど、私の手動は、押してもらうことがメインなので、こんなにクッション性能が悪い車椅子は、ちょっと
いったいいつになったら、新しい車椅子になるのやら…

気を取り直して…
本日は、外国人のお客様が多かったので、
司会のINAYANも、英語を交えながらのライブ進行

こぢんまりとしたライブハウスに、7人の外国人のお客様が集結してはりました
さすがは京都
それにしても…たまには、非日常の世界に夫婦で浸るのもいいもんですよ~
って、夜に弱い夫は、いつもながら素面で泥酔状態で、睡魔と格闘したはりましたケド…
ほんでもって高校生の息子は、ただいまテスト期間中~
ライブなんぞ、いっとる場合ではない
いやいや去年(=受験)でさえも、卓球だなんだと、楽しむためのスケジュールを緩めることなく、ひたすら好きなことに没頭してたので、それが普通だと思い込んでいる息子は、なんの疑問も不満も抱かないようです
まぁ、一応スタミナ食だけは、きちんと提供しているつもりなんで、まぁええか
さぁ、またリアルな日常生活が始まりますわよっ
寝不足で、頭ボーッとしているけれど、とりあえず朝食は済んだので、今夜の献立と、息子のお昼ごはんを考えなきゃ

ブログで全文を読む
2017年05月22日 15:52
布用スタンプ台、こんなときにも便利です!
 ( らぶさんのプロフィール)
この度、ラケットケースを新調しました
二年ほど前、卓球のラケットを購入時に、
お店に置いてあったケースが、この黒いbutterflyのケースだったんです
かろうじて選べたのは「butterfly」の文字の色のみで…特に嫌いな訳ではないけれど…
四角いケースの方が主流とはいえ、やっぱりムダに大きい気がして…
黒ってのもなんだかパッとしないし…
いいのないかなぁーって探してたんです
そしたら先日、ついにコレ!というケースと出会えました
カラフルなストライプが素敵でしょ
中はこんな感じ
ラケット型だけどピン球も入るし、それでいてハードカーバー
持ち手のストラップまでついていて、使いやすいですわ
ただコレ、名前を書くところがなくって…
どうすっべ …と考えて…
思いついたのが、スタンプ大作戦
ジャーン
好きなハンコを押しまくってみる
一目瞭然やん
布用のスタンプ台って、なかなかハンコ好きには重宝するアイテムなのですよ
とくに白いインクは、名前を書くところがない場合などに大活躍してくれますよブログで全文を読む
2017年05月18日 10:09
らぶの卓球も数打ちゃ当たった!
 ( らぶさんのプロフィール)

先日の卓球の練習で、相手コートの端に8つのペットボトルのふたを等間隔に設置し、
その上にピン球を置き、弾き飛ばすという荒手の練習を受けましたわ
脳内がぶっ壊れてる脳性まひ者には、中国雑技団並みのスパルタやん?!…
でもみなさん、だいたい60球ぐらいで、8つのピン球すべて制覇されていかれてるし
えーっ
仮にも今ワタクシは、選手育成コースに在籍する身
できるわけないやん とは言えませんもの

ほんでもって、
どんなエエ靴履いても千鳥足のクセに、一応butterflyのいかした卓球シューズを履き、それで一つも当てられへんかったら、めちゃめちゃ恥ずかしいやん
と訳のわからんプレッシャーを感じつつ、
いざ、やってみたら
案の定、かなり苦戦はしたものの、
ありったけの集中力を注いだら、
およよ
8つのうち、7つに命中
やるやん私
まぁ、60球以上は、打ちこみましたけど

その後も練習に夢中で、すっかり写メを撮り忘れて撮れず忘れておりましたので、
ちょいと、おうちでイメージ画像を再現してみました


これ、おうちでサーブの練習にもなりそう
継続は力なり
脳性まひでも、なんや勝手に動いて言うことをきかないアテトーゼでも、
続けることで、それなりに成長するのねー
飽きない能力も大切だけど、やっぱり、なんちゅーたって教えてくれる人たちがいるから、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるレベルになってきたん訳だし、いつも根気強く教えて下さる障害者スポーツセンターの職員さんや、ボランティアさんに感謝ですわ

ブログで全文を読む
2017年05月16日 09:44
冷凍庫に入れるだけ!お手軽フローズンヨーグルト♪
 ( らぶさんのプロフィール)

先日、コメダ珈琲にモーニングを食べに行った際に、読みあさった雑誌(ESSE)からの情報で、
ヨーグルトも冷凍保存できるということを知り、
フローズンヨーグルトが大好物なワタクシ、早速、ヨーグルトを冷凍庫に
プレーンヨーグルトにレモン汁やお砂糖などを加えて、自家製フローズンヨーグルトを作ったりしておりましたが、
市販のヨーグルトを冷凍庫に入れるだけで、本当にフローズンヨーグルトの食感になるのか

 ほんまか~
半信半疑ながら、やってみた


フローズンヨーグルトとして売られているのに比べて、少し解凍時間を長めにとる必要はあるものの、
うん 美味しい~
そして、思わず朝食にも食べちゃいました
シャキシャキと、ジェラートが合間った感じになり、めっちゃ美味しいわ
もはや単なるおやつではなく、
これからの季節に、欠かせない活力源になりそうな予感
なんせ、ワタクシの大好きなコーヒーフロートの季節の到来ですもの
いままで、アテトーゼタイプの脳性まひ者は、太りたくても(エネルギー消費が激しすぎるので)、太れないと信じていましたが、やはりそれは程度問題で、アテトーゼ型だからといって、特に代謝が衰えてくる中年期以降から、食べてばかりで動かないと、消耗の激しいアテトーゼといえども、太るらしいです
理学療法士の夫に、
「アタシも、オバサン体型になるんかなー?」
と、行く先々で、コーヒーフロートや、生クリームたーぷりのウインナーコーヒーを頬張るワタクシに…
「君はまだ、自分のことを把握できていないみたいやね家事に明け暮れ、おまけに卓球やって、隙間時間にドラム叩いて、どーやって太れるのぜったいに無理ムリッ」
と一笑されてしまいましたわ
まぁ、ワタクシが主婦である限り、このまま食べたい放題でも、アテトーゼの恩恵にあやかることはできるということでしょうね
さぁ、せっせと、ヨーグルトを凍らせちゃいますわよ~ん

ブログで全文を読む
2017年05月15日 13:10
フードプロセッサーは、私の魔法の手!
 ( らぶさんのプロフィール)
今夜は夜に卓球の練習があるので、作り置きのできるメニューの中から、
ルゥを使わずに、小麦粉とスパイスで作るカレーに決定
カレーのときでも、もちろんフードプロセッサーは、大活躍ニンニク、生姜、パプリカのみじん切りも、
ガー、ガーッと数秒で、切れてます

脳性まひのワタクシが、自分のお手々でみじん切りに挑むとなると、たぶん新幹線で、京都から東京まで行くぐらいかかっても、まともなみじん切りが出来上がってるかどうか怪しいですから、私にとって、機械を洗うのは面倒なことではなく、むしろこれで、みじん切りが手に入るなら、とても楽チンなことなんで、さほど苦にはなりません
みじん切りよりも手強い、リンゴのすりおろしなど、日が暮れ立て、おまけに途方にもくれて、挙げ句、手をすりおろすみたいな結末になっちゃいそうですけど、これもフードプロセッサーで、一挙解決でございまーす
フードプロセッサーという強力な家電のお陰で、ほら


ピューラで、リンゴの皮をシャッシャッと剥いて、ざっくり切ってフードプロセッサーで、ガー、ガーッとすれば…
カレーを煮込むための、りんごのすりおろしがあっという間に用意できちゃうなんてカンドーもんですわ

ほんまに、文明の利器のお陰で、ワタクシ生き永らえてます

フードプロセッサーを何回かガー、ガーッとしてる間に、もう、カレーの出来上がりッ
美味しいカレーに仕上げるには…お肉にも、小麦粉とカレー粉、塩コショウをまぶして、表面をサッとフライパンで焼いておくと、食べたときのジューシーさがちゃいますよ
ほんまに、このフードプロセッサーは便利
みじん切りや、すりおろしの他にも、
アタッチメントを変えるだけで、

おネギの小口切りや…

キャベツの千切りだってできちゃうんです
他にも、ハンバーグや、ケーキのの生地なんかもこねてくれる優れモノ
本体は、20年近く前に義姉から譲り受けたものを、そのまま使い続けているのですが、さすがはナショナル製品 びくともしませんわよ
ヘビーユーザーにも、耐えうる丈夫なモーターが搭載されているようです
間違いなくフードプロセッサーは脳性まひの主婦にとって、三種の神器の一つだと思いますわ
卓球のときにも、この魔法の手が使えればいいのになぁ~ なーんちゃって
ブログで全文を読む
2017年05月14日 19:02
素晴らしきかな昔ながらの譜面台♪
 ( らぶさんのプロフィール)
長らく、最小スペースで置ける壁置きにドラムを設置していたので、
譜面台を左側サイドに置くことができていたのですが、
せっかくドラムを持っているのに、バスドラのお顔が見えないのは、悲しい!!
ということで多少スペースをとられても、常にバスドラのお顔が見える配置に置き換えたところ…
ありゃりゃ左にも右側にも、譜面台を置き場がなくなってしまい
仕方なく正面に置いたのですが、
み、み、見にくい
遠すぎて、見えへんやん
なんとか見えるギリギリのところまで近づけようとすると、足の三脚をこんなにも狭めなくてはならず…
不安定極まりない、この出で立ち
やはりこれでは、シンバルを叩いた瞬間に、振動で倒れてしまったり、いつの間に譜面台がシンバルに近づいていたりして、なにかとストレスになるんです
でも、バスドラのお顔が見えるこの配置は変えたくなーい
そこで
ジャン

こんな部品を購入し
バスドラの支柱にジョイントして、譜面台を設置しよう
という企みに出ました

不器用な脳性まひのお手々でも、やりたいこととなりゃ、凄まじい忍耐力と集中力で、部品のジョイントに成功
ええやん!ええやん!!ええ感じやん
あとは、譜面台の上の部分の支柱を引っこ抜いて、ジョイント部分に取り付けるだけ
いよいよ完成という段になって、
持っている譜面台が、抜けない構造になっていることに、初めて気がつくアタシ…
なんどやっても、抜けないんです
なんでよ
ウソでしょ
譜面台って、ネジを緩めたら、支柱をバラバラにできるもんちゃうん
ストッパーが内蔵されてるってどーいうこと…
知らんかったわ~
まぁ、そら考えてみたら、誠に合理的に改善されてるのよね
私みたいな奇抜な使い方をする人は、ほとんどいないだろうし、普通に使う分には、高さ調節や、組み立てる度に、いちいち抜けたらイライラするから、ストッパー付きになったってことでしょうけれど…
急いでネットで、昔ながらのストッパーなしの引っこ抜けるタイプの譜面台を探してみるけれど…
あかん安けりゃストッパーがついていないとも限らなさそうこりゃネットで、ちょいちょいとストッパーなしのものを探し当てるのは、意外と骨が折れそうな気がしてきたワタクシ。
実家の納戸にも、ダメ元で昔バイオリンのレッスンに使っていた譜面台を発掘しに行ってみたけれど、もう捨ててしまったらしい…
近所のリサイクルショップも、覗いてみたものの、サックススタンドはあるのに、譜面台はないという悲しい結末
このジョイントにピッタリフィットする譜面台は、今後じっくり探すとして…
とりあえず苦肉の策で、足ごと無理矢理取り付けてみました
無理矢理取り付けるにも、ずいぶん手間取りましたが、試行錯誤を繰り返し、なんとか取り付けましたわ
ほんまに、かなりの無理矢理感が滲みでていますが…


こんな仕上がり具合ではなかったのですが…
でも、まぁ安定感があり、見やすい位置に譜面台を取り付けられたという目的は、達成できたということで
それにしても…ストッパー付きの譜面台が主流になっていたとは、驚きでございましたわ
たぶん、しばらくはリサイクルショップやフリマなどで、支柱が外せるオーソドックスな譜面台を発掘するミッションに夢中になりそうですわ
ブログで全文を読む
2017年05月13日 08:56
私の辞書から「どーせ、できひん」を抹消してみる!
 ( らぶさんのプロフィール)
昔から、じゃんけんの「チョキ」も、まともに出せたためしがない、アテトーゼのワタクシが、
手話なんて、とんでもない
できるわけないやん~
と、はなっから、諦めていたけれど…
なぜだか、ふと
「できる」か「できない」かに、振り分けたら
脳性まひのワタクシは、ほぼ全ての分野において「できない」に分類されるやん
なんもせんと、ボーーーーっと生きてなあかんのか
そんなアホなそんなつまらん人生、勘弁して欲しいわ~
というところに行き着きまして…
そっか
普段、しゃべってる言葉だって、ちゃんとは発音できてへんけど、伝えようという想いがあれば、コミュニケーションは成立してるんやし✨
手話とておんなじやん
ということで
せっせと、NHK みんなの手話を見て、学んでおります

幸いアウトプットの機会も、頻繁に障害者スポーツセンターに出入りしているワタクシには、覚えた手話を試す機会も多いかと、思いきや…
ずーっと顔馴染みだった、聴覚障害の卓球仲間のおばちゃんまでも、最近めっきりお見かけしなくなっちゃって…

まぁ、手話自体そんなに簡単には習得できるものでもないですし、ゆっくりコツコツ楽しみながら身につけていきますわ

確かにチョキも上手につくれない私が手話でコミュニケーションが図れるのかと疑問符はつくけれど…でもね
英語と同じで、相手の言うことがわかれば、あとは、なんなとできるでしょ?!たとえ英語で返せなくても
だからね「どーせ、できひんし!」と諦めてしまわずに、できることだけ抽出していけば、障害の人生も豊かになっていくと、ワタクシは信じていますわ~ブログで全文を読む
2017年05月12日 12:04
よそさまの献立拝見から垣間見る、豊か暮らし!
 ( らぶさんのプロフィール)

夫に付き合って立ち寄った本屋で、
たまたま見つけて、思わず買ってしまった
「茨木のり子の献立帖」

なんだか人の献立の帖を覗き見するのが好きみたい
以前に買った「沢村貞子の献立日記」も、手書きで走り書きされたノートが掲載されていて、
忙しい中でも、丁寧に暮らす心意気が感じられ、私も献立を記録しようと
10年日記とは別に、5年日記帖を買い、今年から、三度の食事の献立を記録しておりますが…来年の今頃は、去年の献立を参考に悩まずにパパッと立てれていてば、記帳している成果はあるといえるでしょうけれども…果たしてそううまくいきますやら
献立のみならず、先輩方の忙しいながらもおろそかにしない暮らしぶりを垣間見ると、マンネリ化しつつある暮らしに、パッと気持ちのいい日差しが差し込んでくるような気分になりますわ
沢村貞子さんは、大女優。茨木のり子さんは、詩人。
どちらも、忙しい職業をかかえる兼業主婦
そして、お二人とも、お金には不自由していない環境下でも、
お手伝いさん任せにはせず、あくまでも自分の手で暮らしを作っていこうと試行錯誤しながら、それでも手が回らない部分を、上手くお手伝いさんに助っ人として、助けてもらってる感じが、
障害者で主婦の私の生き方の、指南書で有るようにも思えてくるので、余計にこの本を、魅力的に感じるのかもしれません
主婦でなくても、なにかと手助けが必要な障害者が、主体的に生きていくためのバイブルにもなると思いますわ
私の心のバイブルであり、絵本のように心が躍る書籍です

ブログで全文を読む
2017年05月11日 18:17
ラブのヒカリノアトリエ♪
 ( らぶさんのプロフィール)
前回、新しい楽譜�「ヒカリノアトリエ」を頂いてから、3週間ほどレッスンがお休みで…
そして本日やっと、
待ちに待ったレッスン日でした
その間、先生のお手本動画だけを頼りに、自習練習に励み…
穴が開くほど見たおし、悪戦苦闘する間に3週間が経ち…
なんとか見よう見まねで、一通り叩けるようになりまして、ルンルン気分で迎えた本日�
練習の成果を先生に初披露�
すると
「楽歩ちゃんもっと複雑に改良してみようか�」ということで


ホッとする間もなく…およよこんな感じに改良されました
Wow✨
こうして、この一週間もまた密度の濃ィーい、楽しくてハードな七日間になりそうですなー


ここ最近のワタクシ、捨てる靴下を手にハメテ、あちこち細かい部分の拭き掃除をすることに快感を覚え、これまで以上に時間のやりくりに四苦八苦しているのだけれど、まだまだ主婦業も極めたいし、ドラマーも楽しみたいし、そのためには、やっぱり体力も維持&増強せなあかんし、卓球のテクだって、まだまだ上を目指したいですもの✨✨✨
あかん、ほんま時間が足りひん���
パーマン、ちょっとコピーロボット貸してくれる
いやいやコピーではなく、ここはもう一つ性能が良くなった、健常者バージョンの自分をコピーしてくれるマシンが欲しいですわね��
とかなんとか、ヒィヒィヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ! いいながらも、この脳性まひの身で、厚かましいほど、やりたいことがてんこ盛りの毎日が送れるってシアワセですもの\(^-^)/
すべてを、大いに楽しんじゃいましょうよ大量の防腐剤を、心の中に忍ばせすぎてるのかしらん 
ブログで全文を読む
2017年05月10日 10:57
主婦業は楽しいお仕事よーん♪
 ( らぶさんのプロフィール)

主婦歴17年
ロクに花嫁修業もせずに22歳で新妻になり、
習うより慣れよ
の精神で、まぁまぁ、そこそこコナセルようになったものの、
そこそこできるレベルに達した今だからこそ、
家事全般、苦手意識の高いお裁縫に至るまで、学び直して見ようとということで、

只今、家事全般、基礎から学び直し中でございます

何気にやってたことも、「そういうことやったんか」と知らなかったことがわんさかありますもの
身につけた知識を、手まめに、めんどくさがらずに動くことですわね  主婦の基本はやっぱりココ
その手まめのムダをいかに省き、めんどくさいことをトコトン楽しめるか が最大の分かれ道なんだと再認識致しましたわ
だいたい脳性まひのワタクシが、そこそこキレイをキープしようと、お掃除に励むだけで、あっという間に半日が過ぎ、そして、家族に、あっという間に汚されるという日々の営みを、虚しいと思えばモチベーションは下がる一方ですが、
汚さないように促したり、汚したら、各自さっと拭き取れるしかけをしておいたり、それも一つの主婦の采配力と捉えれば、こんなにやりがいのある仕事はないと思えてくるので不思議ですね~✨✨✨
献立のレパートリーも増やしていきながら、栄養のバランスも考えて献立を立てようと、今更ながら、お料理にも力を注ぎ、さらに忙しくなるワタクシ
レシピ本をキッチンの一角に置くことに

流しの脇に置いてるレンジ台の下に、レシピコーナーを設置


我が家には食器棚というものはありません
置くスペースがないから!というだけの話なのですが
どこに食器を仕舞っているのかというと…
平皿や小皿、ご飯茶碗等はすべて流し台の引き出しの中に置いていて、
大皿は、このレンジの下の棚に置いています

キャセロールや、耐熱ガラス皿など重いものは、取り出しやすいこの位置に収納しています 
あと使用頻度の高いラップも、ここの隙間に収納

そして、100均の突っ張り棒と、キッチンクロスで、ゆる~く目隠ししておけば、埃もそこそこシャットアウトできますし、見た目もそこそこOKでしょ

雑誌などに出てくるような、見た目が美しく整理が行き届いている風には見えないおうちだけど、そこに立てば動き回らずに、最小限の体力で用事が完結するという点においては、優秀なシステムになっております
まだまだ障害のママや主婦の方の人口は、圧倒的に少ないですが、それよりもさらに少ないのは、障害のママや主婦の方が、初めから諦めてしまって母業や主婦業を他人任せにしてしまってることが、ワタクシにはもどかしくて仕方ありません
障害があっても、体力がなくても、家事が楽しめるってことを、今後も追究していきたいと思ってまーす

ブログで全文を読む
2017年05月03日 09:10
美しいものを 欠点をかけがえのない魅力にするために!
 ( らぶさんのプロフィール)

活字中毒のくせに、忙しさにかまけてロクに新聞も読まない私のために、
会うたびに、私の好みや関心事に合わせて、選りすぐりの新聞記事の切り抜きを渡してくれる友人がいます!
この間、頂いた切り抜きの中に、花森安治氏の新刊の広告も入れてくださっていて、
花森氏の大ファンなのに、新刊情報を知らなかった私
いつもは必ず図書館で、まずは借りてみてから、これは!と思うものだけ購入する派の私なのに、
今回は、その切り抜きをみた瞬間、これは!とビビッときたので、即Amazonで検索&ポチッとしたのです

もうすでに、花森氏の関連本はセレクト済みなので、内容が重複してたり、新鮮さにかけるかもしれんなー?!ちょっと焦っちゃったかしら~???と思ったりしてたのですが、なんのなんの!最初の一ページから、私のハートをわしづかみにしたこの本は、私にとってサイコーの一冊ですわ�⤴️⤴️
花森ファンには、間違いなく永久保存版に値します

【個性とは欠点の魅力である】

このデザインの中に、この言葉は私の心のど真ん中にストーンと、力強く届きました
これって欠点の数だけ、あるいは障害のハンディがあればあるほど、出し方次第でそのハンディや欠点は、その人のかけがえのない魅力になるということでしょ
この本、私にとっては一生もんやん!
自分の本棚が、大好きな書籍で埋まっていく瞬間の幸福感は、たまりませぇーんあぁ!シアワセ��
こまめに、新聞の切り抜きを手渡してくれる友人に感謝ですわ\(^-^)/
どんなに文明が発達して、今以上に情報化社会になろうとも、友達や人伝に頂く情報は、何より活きていますわよ✨

ブログで全文を読む
2017年05月02日 11:49
脳性まひでも卓球は楽しいですわよーん。もっとスポーツを楽しもう♪
 ( らぶさんのプロフィール)

すでにご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、私は、不随意運動が特徴の言語障害が伴う 「アテトーゼ型」 というタイプの脳性まひ者です

 

脳性まひと一口にいいましても、「型」によっても全然出てくる症状が違うんです

 

まぁ、「型」に限らず、繊細な「脳」がダメージを食らって「脳性まひ」になっているので、そもそも重い軽いに関わらず、厄介な障害だということは断定できます

 

ましてや、不随意運動というのは、「いまこの瞬間、ゼッタイ動かんといて欲しい!」と指令がくればくるほど、大喜びで暴れだし、身体の持ち主でさえも翻弄されてしまうのですから、試合や大舞台に滅法弱く、もはやメンタルの問題だけではなくなってくるのが、脳性まひというイキモノなのですから、選手としてお見かけできなくて当然なのですが...

 

しかしですよ

そんなイキモノでも、ヒト科である以上、競いたい、体を動かしたい、いい汗かきたい!っていう欲求はあるんです

 

なのに、なぜ脳性まひ者のスポーツ人口が少ないのでしょう。

 

中でも 「アテトーゼ型」 で日常的にスポーツをしている人は、ほとんどいません。

 

障害者スポーツセンターなどの施設が、全国に整っていないという点も否めないでしょうけれども...

 

でもね私の住んでいるところには、幸い障害者がスポーツできる施設があり、有難く利用しまくり、障害者としての恩恵を享受しまくりの日々なのですが、

 

そういう施設でも、あまり脳性まひ者の方をお見かけしないんですよね〜

 

みなさん、どこでストレス発散なさっておられるのでしょうね

 

バチを振り回してドラムを叩くのも、ストレス発散にもってこいですよー なーちゃって

 

 

話を卓球に戻して...

ワタクシなんてね、まだまだサーブもロクスッポ出せないくせに、卓球の面白さにハマりまくって、

 

エイヤーっと、

 

障害者スポーツセンター主催の「選手育成コース」に申し込んでみたら...

 

 

えっうそやん 無駄にセンター通い歴が長いからか

 

半ば、お情けで入れて頂け、ただいま必死で受講中の身でありまーす

 

12回完結型の初級コースを、たぶん6回以上は受講した、卓球歴2年のワタクシ...とはいえ、

 

下回転の球を、ラバーに引っ掛けながら、相手コートに押し戻す...などと言われましても、ほんまになんのこっちゃ、さっぱりわからんかったのに、

 

根気よく教えてもらえれば、なんとなーく、それなりに、「なんか独特の返し方やね」と言われようとも、ちょっとずつ、できるようになってくるから、

 

ますますのめり込んじゃうのよね〜〜〜

 

みんななんらかの「障害」を持った方たちの教室とはいえ、脳性まひとは比べもんにならないスピードでみなさん、新しい技を吸収していかれるので、

 

厚かましいワタクシでも、なんかすんません的な感情に苛まれることもありますが、

 

たぶん、それは私が作り出している感情であって、案外自分が思うほど、相手や周囲から、迷惑がらていない気がします。

 

むしろ大事なことは、そういう経験させてもらったことによる喜びや感動を、活かしながら生きていく。そいうことを自信につなげて、活き活きと生きていく

 

どーせできひんし。

迷惑かけるだけやし。

やりたいけど、やめとこ。

 

では結局、フラストレーション溜めまくりになるので、知らず知らず、周りや家族に迷惑をかけることになってしまっているかもしれませんよ

 

とりあえず、アテトーゼだろうが、ラブトーゼだろうが、やりたいと思ったことは、とりあえずチャレンジしてみることをオススメいたしますわ〜

 

チャレンジしたい想いが、一つ一つの困難を解消してくれるはずです

 

あなたの中の新たな世界が、きっと広がるはずですわ

 

人生は、楽しみまくってなんぼですからねっ

 

 

ブログで全文を読む
2017年04月30日 11:51
第5回 LOVE&KEY も、お陰さまで大盛況でしたッ!
 ( らぶさんのプロフィール)

第5回LOVE&KEYは、2017年4月22日に京都市障害者スポーツセンターさんの会議室をお借りして行いました

 

いつになく盛りだくさんの内容で、これまで以上に、バラエティーにも飛んだお話の数々が拝聴できました

 

 

今回も、静岡、奈良、大阪、京都府下などなど、遠路遥々ありがとうございます

 

毎回、遠方からもお越し下さり、本当に嬉しく思います

 

皆さま方の発表を拝聴しながら、数日前に読んだ新聞記事に

 

 

発見の妨げになるのは、無知からではなく、既知である

 

と書かれてあったことを実感した次第でございます

 

結局は知っているつもりのこと、すなわち偏見が、真実を見る目を覆い隠してしまうのですね…

 

 

そんな、当たり前のことを再認識するとともに、やはり障害を理解してもらうためには、障害者自らが表現する努力も必要なんだ!と確信しましたわ

 

これからも細く長ーく続けていく所存ですので、参加してみたいけれど躊躇されている方も、リピーターさんも大歓迎です

 

是非ともご参加下されば嬉しいです

 

また次回開催の準備が整い次第、ご案内致しますね

 

 

今回は、痙直型脳性まひ者の治療にあたり、

 

ほぼ痛みで寝たきりだった少年を、普通の生活が送れるまでに回復させた

 

鍼灸師の先生も、ご参加くださったので、会が終了後も、

 

時間が許す参加者が、先生を囲んでの、意見交換会を行いました

 

 

有意義な時間を共有させていただき、ご参加下さった皆々様、遠路遥々ありがとうございました\(^-^)\(^-^)\(^-^)/

 またお会いできますように

ブログで全文を読む
2017年04月27日 22:25
もっと増やしたいな〜♥アテトーゼのドラマー集まれっ!
 ( らぶさんのプロフィール)

先日、ワタクシと同じタイプのアテトーゼ型・脳性まひで主婦の方から、

 

お片付けのご依頼を頂き、行ってきました ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪

 

 

しっかりと手も、お口も動かしながらのお片付けの作業中、

 

ドラムの話題で盛り上がり、

 

楽歩ちゃんがやってるなら、私もチャレンジしてみたいと仰るので、

 

さっそく我が師匠・高阪先生にお願いして、体験レッスンをしていただきましたッ

 

 

ワタクシも同席させていただき、先生と出会った頃のことが懐かしく思い出されました

 

ドラムを習いたい一心で、見学にいくものの行く先々で、やんわりと断られ続けるなか、

 

凝りもせず、しらみつぶしに体当たりで教室を尋ね続けるある日...

 

受付で、いつものように『障害はあるけれど、習わして欲しい!』と交渉中に、

 

たまたまレッスンを終えてきた高阪先生に、

 

まるで救いを求めるかのように、受付で対応して下さっていたが

 

『あの先生、この方がドラムを習いたいとおっしゃって来られるのですが...』

 

(どうしましょう先生助けてくださーい)と、いわんばかりの目だったのですが...

 

なにやらワタクシに重大な障害がありそうだと察知しても、高阪先生は、顔色を変えることなく、さらりと

 

そんなん習いたい言うて来たはるんやから、習わせてあげたらエエんちゃうん?! ん?なんで! あっ、オレが担当しよか?ということで、あっさり交渉成立

 

あのとき先生の「オレが担当しよか?」という一言がなければ、

 

私は、おそらくドラムをあきらめざるを得なかったでしょうね

 

にしても... 当時の私は18歳。先生はまだ20代。

 

【練習すればなんとかなる!】って先生も、熱血でアッツアツな勢いで、ワタクシも、まだまだ脳性まひ者のひよっこでしたから【そんなに脳性まひは甘くないっ】てことを、伝えきれず...

 

テキストの最初のページに載っている「正しいステッィクの握り方」で、私たちは悠に3ヶ月は費やしたような記憶があるのですが、

 

いまや、私がステックをサポーターで括り付けて演奏するスタイルが、

 

すっかり定着してしまった先生にとって、

 

脳性まひというものは、画一的な指導では無理なのだということが、自然とインプットされている様子でしたわ

 

私とはまた違った独特の握り方をする彼女。

なんとか普通の持ち方に修正しようとする彼女に、

 

先生は、最初に持たれた握り方でいいですよたぶんそれが一番叩きやすいスタイルやと思うんでと指導されている姿を目の当たりにして、ワタクシはなんだか、急に懐かしさとともに、先生と私の試行錯誤の歴史の深さに、感慨ふけってしまうのでした

 

彼女も、すっかり高阪先生とドラムの魅力に取り憑かれた様子。

先生もあまりに楽しそうにレッスンを受けている彼女に、既存の月3回のレッスン体系ではなく、月1コースを開設できるように交渉して下さったのですが...

 

彼女の住む地域の最寄りのバスが1日に5本しか運行していない不便さに加え、さらにバスと電車を乗り継いで、教室まで遠路遥々1時間半、片道でかかってしまう距離だということもあって、残念ながら習うことは断念されました。

 

あまりに残念がっておられたので、お近くのドラムスクールを、お探ししましょうかと提案してみたものの...

 

もぉ死ぬほど楽しくて、ドラムを習うなら、高阪先生以外、考えられないとの返答が返ってきましたわ

 

そのことは誰よりもワタクシが一番、感じていることなので、痛いほどお気持ち、お察しいたします

 

ワタクシも、ついにアテトーゼ・ドラマー仲間ができるとウキウキしていたので、とてもとても残念でなりません

 

 

かく言うワタクシも、のほほーんと習ってきたようで、じつは様々な試練を乗り越え、

 

家族の理解も得つつ、根気よく教え続けてくれる先生と巡り会えたから、今こうしてドラムを続けていられるのです

 

そのことに感謝しながら、さらなる向上を目指して、今日も練習あるのみっですわ

 

 

先週から、「べっぴんさん」の主題歌だったミスチルのヒカリノアトリエを、穴が開くほど先生のお手本動画を見ながら練習中〜〜〜

 

超〜たのしい

 

マーチングの軽快なリズムは、ついつい時間を忘れて練習に没頭してしまい、久々に、水ぶくれを作ってしまいましたわ

 

たいぶ体にリズムが馴染んできた感じで、手応えはバッチリ〜〜〜

 

あぁ、次のレッスンが待ち遠しい

 

ホントいくつになっても、時間を忘れるほど没頭できる何かがあるって幸せなことですわね

ブログで全文を読む
2017年04月23日 17:40
怒濤の1ヶ月でございましたわ!
 ( らぶさんのプロフィール)

今までで一番長く感じた春休み

 

ワタクシは記憶の飛びまくった、怒濤の日々を過ごしておりましたッ

 

義務教育である中学から、高校へと移る節目の春休みって、部活も無ければなにもない!受験勉強からも解放された子どもたちにとっては、まさにパラダイスなんでしょうね

 

 

 

お友達が泊まりにきてくれたり、息子は最後の最後まで中学時代をenjoyしまくって新学期を迎えたようですわ

 

そして迎えた入学式

 

 

近頃は夫婦揃って、子どものセレモニーに出席するのがメジャーな中で、我が家は相変わらず昭和な一家なもんで、結局、今日もお一人様での参列

 

この桜の木の下でのツーショットも、親切な保護者の方がお撮りくださったものなのです

 

馴染みのない場所でも親切にしてもらえる母親を横目に息子は、冗談混じりに...

 

たぶん皆から、あの人、障害者やのに女手一つで育てたはるわ思われて、色々親切にしてくれはるんちゃうおやじはほんまに、そこんとこわかってるんかいな~と、

 

仕事はお休みなのに勉強会だのなんだのと、家族の予定は省みず好き勝手に生きる昭和な感じの父親と、

 

どこにいっても親切にしてもらってる、自由人な母親を目の当たりにし、

 

障害者の妻を持つ自覚に欠ける父親をいじってるのか、

 

それとも、障害者の自覚に欠ける母親にあきれてるのか、

 

いずれにしても、あなたもユニークな感覚の持ち主になっちゃってるわね

 

まぁ、しゃーない、私らの子やもん 許せよ〜〜〜

 

 

 

ブログで全文を読む
2017年03月26日 18:47
ついにドラマーデビュー!
 ( らぶさんのプロフィール)

脳性まひのドラマーの初デビューは

❮スガシカオさんのProgress♪❯





脳性まひの私をここまで叩けるように、指導するのは並大抵ではございませんわ!

師匠の髙阪先生にカンパーイ!!

やっぱりドラムはサイコー\(^-^)/

ブログで全文を読む
2017年03月18日 20:13
朝日新聞「障害者の出産 なお偏見」に、楽歩ビビル!
 ( らぶさんのプロフィール)

朝日新聞とバリアフリー雑誌CoCoLifeに、驚くべき記事を発見




ほんまか~~~

「障害者の出産 なお偏見」って、いつの時代の記事なのと突っ込みたくなる

息子を育てて15年。私が「障害者の母」として、辛い思いや苦労を感じることなく、ただ母としての喜びだけでこられたのは、とても理解ある先生方や、保護者の方々に恵まれてきたからなんだろうなーと、しみじみ思う今日この頃

でも、障害者のママさんが、異様に少ないことは確かなようである!

先日、4月からお世話になる息子の進学先に、「母親が車椅子なので、入学式など車で行かせてもらっても良いか?」と、言語障害のある私に代わって、祖母に問い合わせてもらったところ、折り返しお返事しますとこのと。

そして数時間後…

「先ほど、車椅子のお祖母さまも入学式にご出席とのことで、お問い合わせいただいた件なんですが、やはり、そのような対応はさせて頂けないんです…」と。

爆笑しそうなのを必死でこらえ、

「いやいや、車椅子が必要なのは、母親なんです。母親が障害者なんです」と説明。

すると…

「なるほど、お母さまが車椅子に乗っておられるので、お祖母さまが、運転なさってのご来校ということでしたか、失礼いたしました」って

もうあかん笑てしもた

ちゃいますちゃいます!
おばあちゃんはあくまで、楽歩の代弁者なだけなんですって!!!

聞くと、なんとまぁー
古い歴史を誇る学校なのに、いままでに一人も母親が障害者という前例がなく、駐車スペースの確保については、お時間くださいとのこと

驚きの事実やでと思いつつ、バリアフリーが浸透してきた現代では、臨機応変に即対応しようとしてくれるところが、障害者も生きやすくなったもんや~なんて一息ついてたら、

「そうしましたら、校内の段差、全てにスロープをお付けした方がいいですよね」って…、

ちょ、ちょっと待って!

「あのぉ、電動車椅子に乗ってるといいましても、立ったり歩いたりは一応できるんです!」と、さらに混乱させる発言をしてしまう。


だんだんオペレーターの人が気の毒になってくる。


卓球もしーいの、ドラムも叩きいーの、車は飛ばしやのくせに要領よくポリスの目を盗むゴールド免許所持者が、ひと度、身一つになれば、信号が青の間に(点滅を含めても)渡りきれへん障害者像を電話で伝えるのは、かなりの神業でしょ?

手っ取り早く、面接に伺いたい衝動にかられたけれど、その後、駐車許可も無事に降りたことだし、待ちに待った新たなる新天地で、再び障害者の母デビューしてこよう!!!(*^▽^)/★*☆♪

偏見なんてもんは、思い込みで発生してしまうと思うんで、まずは、こういう母親も、そしてそういう母親に育てられた子も、こんなに人生を楽しんで生きているっていうのを理屈抜きで、感じてもらうことが一番なのですから

お騒がせしてきますわ

ブログで全文を読む
2017年03月16日 19:37
息子の卒業式!
 ( らぶさんのプロフィール)

息子の卒業式


低体温のワタクシ、春になりきらないこの季節に正装しなきゃならない、卒業式は超苦手!
ましてや本日、あられが舞っている季節外れの冬型の気候の中、意を決して息子の卒業式へ乗り込む(@^^)/~~~



予想通り、公立中学の体育館は極寒❄️

寒さ対策は万全だったものの、式が予想外に長くて、尿意を止めるツボを押しまくっても、トイレに行く以外に道はない!という状態に追いつめられ、しかたなく中座することに。



ただでさえ電動車椅子で目立つ私は、迂闊にもあろうことか、出入口から真反対の一番端にいたもので、トイレに行きたければ「楽歩の花道か?!」っていうぐらい晴れがましい保護者席の最前列の通路を、抜けていかなくてはならない!!

後ろの通路は三脚や、座れない保護者で埋まっていたのですもの( *´艸`)

卒業式という厳かな雰囲気の中を、車椅子のモーター音をサーーーと轟かせてまでも、息子の卒業式よりもとにかく己の膀胱の支配から卒業したい一心でぇ…

えーい!花道通って行きましたわよ~ *゚A゚)…

だから寒すぎるねんて!!

たまたま横に座っていた小学校から一緒のお母さんに、「一人じゃ晴れがましすぎるから、一緒に行こう!」と巻き添えにして、なんとかもらさずに事なきを得たのでした!!!

こんなときには、公衆トイレだって、なんなら河原でもありがたい状態で、初めて中学校のお手洗いをお借りする。

校内にはエレベーターも完備されているバリアフリーな公立中学なので、もちろん身障者用のお手洗いも完備されてるらしい。

が時すでに、もう限界を超えていた私は「一応歩けるんで!とにかく一番近いところにィ~!」と普通のお手洗いに案内してもらう

すると公立とは思えない設備のよさに圧巻Σ(゚∀゚)。

普通のお手洗いの中に引き戸式の広いお手洗いがあり、なんと音姫までついていて、しかもウォームレット♪凄い!快適すぎるーーー


障害者の母にとって、この上なく素晴らしい環境だったのだと、卒業式の終盤に気づくのでしたッヾ(*´∇`)ノ

そして、すっきり解放感の中、体育館に戻り、蛍の光を熱唱~

保護者の方々にしかバレてない…と思いきや、「楽歩、途中で抜け出したやろ?」と遥か前方に座っていた息子にも、電動車椅子のモーター音で、中座したことがバレていました!Σ(;゚∀゚)ノ



息子は無事に中学課程を修了\(^-^)/

お騒がせな親子が、皆さま方の暖かい見守りによって、義務教育課程を終えましたわ~

オメデトウ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

ブログで全文を読む
2017年03月03日 15:12
「好き」にトコトンこだわる贅沢な暮らし♪
 ( らぶさんのプロフィール)

 

先日、上京した際にSNOOPY MUSEUM TOKYO へも足を伸ばしてきましたの

 

 

楽歩が上京する!という情報を聞きつけて、埼玉県在住の親友が、わざわざ会いに来てくれて、弾丸ツアーがさらに盛り上がりました

 

 

散々、ガールズトークをした後...


 

SNOOPY cafe でも、「ハッピーダンス」を注文し、ペロリ

ここでもちゃっかり、コースターと紙ナフキンは、持参していたファイルに挟んで、お持ち帰り 


大好きな花森しゃんのイラストに挟み込むようにして、ダイソーの額縁に入れてみました
ワタクシにとっては、サイコーのインテリアでございま〜す

もちろんタダのものばかりではなくショップで購入したものだって、もちろんありますよ

なかでもお気に入りは、このコミックの原画でございます!


これを、ニトリさんのお値段以上の額縁にいれると…

ジャーン

向かって左側の壁面がSNOOPYのコミックで、右手の額縁が花森しゃんのイラスト(暮しの手帖増刊号の表紙画)
好きなモノたちに囲まれて暮らすって、なによりの贅沢ですわ〜

花森しゃんの展覧会でも、頂けるリーフレット類は全て見逃さずにGET
展覧会の売店にて、額入りの表紙画が、福沢諭吉さん数枚価格で販売されていましたけれど、それを買う余裕がなくっても全然平気
最近は、カラーコピーも驚くほど綺麗にとれますし、その気になればいくらだって自分だけのインテリアを演出できます
例えば…1月のカレンダーの隅に描かれた花森しゃんのイラストも…

切り抜いて額に入れれば、ホラ

立派なオブジェになって、インテリアになるんです

花森しゃんのいうところの、「お金をかけるから、おしゃれできるのではなく、絶えず手間暇を惜しまない努力する手だけが、いつの世も美しいものを作り出す」という名言と通じるところがありますわ
たぶん
暮らしを大切にすることと、整理収納ってとても密接な気がします。
整理の根本は、自分の【好き・嫌い】を把握しているかどうかにかかっていると言っても過言ではないですし、心地いい暮らしを作っていくにも、この“自分の【好き・嫌い】”の ものさしがないと、いくら良質なオブジェやインテリアを組み合わせてもうまくはいきませんもの。
私の場合【SNOOPYと昭和と花森安治】という一見バラバラに見える好みであっても、「好き」という接点で繋がれば、まったく違和感のない、むしろ自分にとって、なんとも居心地のいい空間になってしまうから不思議です
みんなと違うことを恐れずに、自分だけの「好き」をトコトン追求して、素敵な空間をあなたのおうちで実現してみてくださいね

ブログで全文を読む
2017年02月25日 12:05
世田谷美術館「花森安治の仕事」展
 ( らぶさんのプロフィール)

世田谷美術館で開催されている暮しの手帖初代編集長の「花森安治の仕事」展に行ってきました
 

京都から東京まで約500Km
だったら、こだまだって3時間で行けるのに、出費を抑えるべくで片道5時間の、一泊2日の弾丸ツアーを決行

絶対行きたかったんですものなにがなんでも

 

 

 


世田谷美術館は、セントラルパークを彷彿とさせる砧公園の一角にあって、とても素敵な美術館でしたわ

花森しゃんの命日が、ワタクシの生まれた日なんです
知れば知るほど、花森しゃんはサイコーの物書きであり、「伝える」ことに命をかけて生き抜いた人で、ワタクシも障害者の端くれとして、【人々の障害者に対する偏見や差別は解けてきて暮らしやすくなったとはいえ、まだまだ社会的弱者という壁は厚く、そう簡単には破壊できそうもない。】とあきらめずに、ペンの力で戦い続けようと心に誓ったのでした

はるばる京都から車を飛ばしてきた甲斐がありましたわ

ワタクシの期待以上の興奮と感動と刺激とパワーをもらえて、

もぉー、消化不良を起こしそうなぐらい、私にとってはパワースポット的な場所でございました

ブログで全文を読む
2017年02月20日 10:55
第5回【LOVE&KEY】開催のお知らせ
 ( らぶさんのプロフィール)
みなさーん、お待たせ致しました
◆第5回【LOVE&KEY】開催のお知らせ◆

●日時● 2017年4月22日(土)13:30〜16:30
●場所● 京都市障害者スポーツセンター 会議室①
●参加条件●15分の発表をお願いします。
※申込み多数の場合、発表者を当日くじ引きで決定し、外れた方は次回に持ち越し、視聴のみでご参加いただくこともありますが、全員発表準備は必要です。 ※障害の種類や有無は問いません。
●申し込み方法● こちらの「お申込みフォーム」 よりお願い致します。
※お問い合わせも、こちらのフォームより承ります。

●会費● 500円(当日徴収させていただきます)

 *******************************
発表したい自分の感じたことや体験などを共有したい その気持ちがあれば、人前で話すのが苦手でも大丈夫 難しく考えないで楽しみながら、いっしょに場数を踏んでいきませんか (発表が苦手でも、言語障害があっても問題ございません)
皆様からのお申込みを、どしどしお待ちしておりますわ
開催の様子は、過去のBlogをご参照くださいませ о(ж>▽<)y ☆ ブログで全文を読む
2017年02月12日 22:01
めんどくさいは素晴らしい!羽仁もと子家計簿
 ( らぶさんのプロフィール)

婦人之友の家計簿は、日々のお金の出し入れを書き留める当座帳と、各項目ごとに記帳していく家計簿の2冊で構成されています。
なので手強そうに感じるのですが...

実際、まぁまぁ手強くて(笑)、予算は1年間で組まなきゃならないので、最初の予算組みに手こずるものの(大晦日に四苦八苦しながら予算表を完成!収入と支出の予算がなかなか一致せず…途方にくれましたorz)、つけていくメリットをすぐに実感できる家計簿なので、自然とモチベーションも生まれ、婦人之友特有の項目の内訳も、すぐに覚えてしまいますわよ(Amazonから届いた家計簿を初めて見たときは、複雑な仕組みに感じられ、あまちゃん主婦が本格的な家計簿に手を出してしまったことを激しく後悔しましたョ)
なんせ脳性まひなもんで、字を書くスピードは亀よりもノロイ私にとって当座帳は、レシートを丸々書き写す...という決死の闘いを繰り広げて、日々記帳が成立しているといっても過言ではないので、決して楽ではないのですが(汗)、


これまで家計簿の良さがわからず、なんとなくつけ続けてただけの落第主婦から、ようやく家計簿のイロハと、記帳するメリットが実感としてつかめてきました!わずか1ヶ月ですごい成長ぶりでしょ
いまどきスマホで、レシートを読み取って自動集計してくれるものや、レシートを貼っていくだけのラクチン家計簿が主流の中、なかなか2冊組みの家計簿に、世の忙しいマダム達が手を出すはずなどないのは百も承知ですが、あえて言わせて下さい(笑)
めんどくさいことにこそ、生活をラクにしていくヒントが散りばめられているのです
ラクをすることも身につけなきゃ、脳性まひという障害を抱えて世の中渡っていけないワタクシでさえ、最近しみじみ「ラクすること」と「工夫を凝らす」ことは全く違うことに気づき始めました
ラクをすると、いつまで経っても基本が身につかないので、工夫なんてできっこありませんね〜〜
私の家計簿の場合ですと、基本が身についていないのに、ラクすることばかり追い求めても、結局は、意味のない時間を費やしていたことになりますもの
婦人之友社の家計簿は、そんなめんどくさい中に、無数の大事なエッセンスが沢山詰まっているようですわ(^o^)/
ラクをすることと、工夫を凝らすことは似て非なることなのでしょうね‼️
たぶん…
めんどくさいと思っちゃうのが人間だからこそ、
こまめに「めんどくさい」ことを処理していく術を身につけるのが、
実は一番、ラクで賢い生き方なのかもしれませんね
きっと、そのためのキーワードが、「溜めない」「サボらない」「まめにコツコツと」なのでしょう
婦人之友にすっかりハマり、創業者である羽仁もと子氏が開校した「自由学園生活工芸研究所」が製作する割烹着まで買い、婦人之友を隅々まで読んで、めんどくさがらない「まめ主婦」を目指しつつ、密かに「スーパー障害者まめ主婦研究所」を立ち上げ、日々、楽しく研究中なのでしたブログで全文を読む
2017年02月08日 12:30
町田貞子さんの実例写真が載っている貴重な書籍☆
 ( らぶさんのプロフィール)

明治生まれで生活評論家の町田貞子さんの整理学や家事の哲学が大好きで、これまで文字のみで整理の方法が書かれた町田さんの書籍を数多く拝読してきましたが、ご時世の違いによるものか、全く実例の写真が載っていなかったんです(せいぜいイラストのみ)
いくら時代が今とは違うといっても、お亡くなりになられたのは1999年と最近なので、「実例として写真が残ってないわけないやん!」と諦めの悪さと探究心に火がつき、探しまくって、
ついに古いお住まいと建替え後の新築の写真が載っている書籍を突き詰めたものの…
京都府下全域の図書館には蔵書されておらず
一冊は、数ヶ月かかったけれど、運良く古本屋で見つけ、もう一つは、大阪府内の図書館にあるという事実を突き止め、お借りしてきました

わーいやっと念願叶った
いずれも、昭和40年代に刊行されている書物なので、昭和好きというのも手伝って、この2冊は私にとって、まさに家事へのモチベーションを高めまくってくれるミラクル書籍
大阪の図書館からお借りしている「家事整理のヒント」は、なかなか古本屋にもない古書なので、カラーコピーか、スキャナーで取り込んじゃおうかとたくらんでいるところでございます( ◔ ౪◔)⊃━☆゚.*・



ときどき己の執着心の強さと強靭な忍耐を呪いたくもなるけれど、この無駄な探究心が私の毎日に潤いを与えてくれているんだから、大いに先人たちの賢くて合理的な知恵を引き継いで、さらに工夫を加え、進化した障害者像を打ち出していきたいものですわ〜〜〜
そうそう新しい…といえば…ワタクシ針仕事が、からっきしダメで、長らく諦めの境地で暮らしておりましたが、最近のミシンはかなり進化しているという情報をキャッチしまして、ただいま本気でミシンの情報と洋裁の基本を、脳性まひ者でも、安全で楽しく学べる方法を、開拓中でございます
追って、実践レポートもお伝えしていきますわ


お楽しみにブログで全文を読む
2017年01月29日 14:57
対象者でも通知なし!障害基礎年金の「子の加算」について
 ( らぶさんのプロフィール)

以前から、ワタクシ障害者の年金制度について疑問を抱いておりました。
年金額を減少しなくちゃいけないぐらい財政難ならば、働いていても受け取れる「障害基礎年金」そのものを廃止して、働ける状態にある障害者は、その体力や能力に応じた就労環境設備に、税金を使うべきなのでは?と、常々不満を感じていたワタクシでしたが、(と思いつつ、現状で頂けるものは頂いておこうと障害基礎年金を受給する身であります)
そんな中、つい一昨日、晴天の霹靂に見舞われました!
日頃のワタクシが抱えていた年金の不満以前の問題として、制度が改正されても、対象者にハガキ一枚さえ通知がこぬという異常事態に気がつくのでありますっされど毎年、〔障害に変わりはないか?〕という「障害基礎年金」に関する現状通知する書類は、律儀に送られてくるのに、新たに導入した制度については、対象者に知らせないって、どんだけせこいねん安倍ジャパン
こっちは、無期懲役…現状の医学じゃ死ぬまで脳性まひのまま過ごさないけない者に毎年、報告義務を課しておいて、ごく稀に改正された制度を知らせないって、ほんまに正気の沙汰ですか
担当して下さった労務士さんが、ものすご〜く申し訳なさそうな感じが、誠に気の毒でございましたが、おちおちしてられない国であることだけは確かなようで…、自分がしっかりしないと
で、新たに導入された制度とは…
障害基礎年金を受給している者が、子を持った場合、その子どもが18歳になるまで、受給額がアップされるという「子の加算」制度が、平成23年度からスタートしていたらしいのです。
一昨日、たまたまSNSで、「子の加算」を申請したという投稿を目にして、コレってまさか…ワタクシも…対象者ではと、ネットで調べてみても、なかなか有力なページがヒットしなくって…
夜が明けるのを待って、社会保険事務所に駆け込んだところ…ビンゴだったのでございました
もうね、ショックの勢いを利用して、社会保険事務所から区役所へ、必要な書類を揃えて、再び社会保険事務所へ。その日のうちに申請を完了させましたわ

僅かな失効金は発生するものの、5年は遡って申請可能ということで、なんだか救われた気はするものの…やっぱり卑怯さは否めませんね〜

今回さらに驚いたのは、たいていワタクシが知らないことも窓口に聞きに行きば、すぐに「そんなの常識ですよー」的に即答して下さるのに(それはそれで悔しさが募るのですが…)、この度は専門家である労務士さんでも、何度も資料を取りに行ったり、別の労務士さんに聞きに行ったり、一筋縄ではわからない感じでしたわ

とりあえず、定期的に日本年金機構のホームページや、社会保険事務所に「障害年金ガイド」をもらいに行って、自らチェックしないと ダメってことですね〜

ブログで全文を読む
2017年01月26日 10:02
元気で活発な障害者は損をする、公共機関のおかしな割引制度
 ( らぶさんのプロフィール)

18歳2ヶ月で運転免許を取得してから、マイカー移動が便利すぎて、滅多に公共機関を利用しなくなったワタクシが、先日、梅田駅周辺に用事があり、約20年ぶりぐらいに、阪急電車に乗車

ワタクシが公共機関を利用していた頃は、一人での乗車時にも、障害者割引は適応されていたのに、今は介助者が同伴じゃないと割引されなくなっていて、マジで驚く

介助者同伴でも、駅員によるスロープサービスなどは、一人の時と同じように受けられるので、普通に考えた場合、電鉄側にとって、エレベーターや車内の乗車率を考えたとき、障害者が単独行動してくれた方が助かるはずですし、年金の受給額も減少している財政難の我が国で、少しでも障害者が元気な方が、国にとっても有難いはずなのに… なぜですか
ちなみに、JRも長距離(=新幹線)以外は同じ割引システムです
なぜ介助者同伴ならば、障害者割引が適応されて、一人で行動する活発な障害者には適応されないって、おかしいでしょ
同じ身障者手帳の同じ等級でも、介助者の有無によって変わり、ましてや単独行動する者は障害者とは見なされないって、まったく障害者の身になって考えられた制度ではありませんわね

百歩譲って、身の回りのことができる障害者を障害者と見なさないならば、このルールを企業にも適応させて、障害者枠なんてものを飛び越えた雇用率の増加や、お給料などの見直しを図って頂きたいものですわ

梅田でのご用は、脳性まひの友人が、ただいま妊婦さん真っ最中なので、美味しいランチを食べながら、ワタクシの15年前の記憶を手繰り寄せ、より安全な出産方法の検討や、妊婦や出産後の安全な移動手段の確保について、延々語って来ました!

今から思えば、神経質すぎる行き過ぎた慎重さはあったなーと思うものの、やはり障害者を抱えての妊婦の10ヶ月間や出産、乳幼児の子育てって、一通り経験した今でも、なかなかリスキーな橋を渡って、大変な道のりを潜り抜け、かけがえのない母親の喜びや苦労を手に入れたんだなぁーとつくづく思うのでした
出産って、五体満足で健康な人でもリスキーな命懸けのイベントですもの
そりゃ、脳性まひのお母さんには、前人未到のアドベンチャーワールドに繰り出すようなものですわ
でも
案外、なんとかなるものですわよ〜〜〜(^-^)/

安産になりますように

ブログで全文を読む
2017年01月16日 17:42
年賀状は住所録に活用しましょ!
 ( らぶさんのプロフィール)
今日からお年玉つき年賀ハガキの当せん引換日が始まりましたね猶予は7月までなので、慌てて交換しに行かなくてもいいのですが、ワタクシ「年賀状」をそのまま「あいうえお順」に並べて、ガムテープで止めて、それを最新住所録として使うので、当せんしているハガキは早く交換してしまいたいのです

というのも…お手手が不自由な私が、事あるごとに、一枚一枚年賀状をめくっていたら、時間がもったいない!と思いまして(^_^;)…
たぶん、こういう一見めんどくさい先手作業が、障害者の主婦を支えているのでしょう
ちなみに...
年賀状住所録を作るときには、最後に喪中ハガキもあいうえお順で加えておくと便利ですよ
翌年の年賀状の一言添えのときに『過去の自分』にありがとうって毎年のように思いますわーブログで全文を読む
2017年01月08日 20:08
カレンダーの表紙も素敵なインテリア♪
 ( らぶさんのプロフィール)

去年の秋に見つけて、ヒトメボレで即買いした花森安治氏のカレンダー

表紙の絵は、暮しの手帖の増刊号のもの
これだけ大きく印刷してくれていたら、額に入れれば、表紙だけでも十分元取れちゃう
と即座に計算したわたし…
でも、なかなか額を買いに行く時間が取れず、このままじゃ、表紙をめくって保管することになっちゃう⁉︎早く買わなきゃ
と迎えた、去年の大晦日の前日…
つまり、12/30にようやくニトリで、予算にもぴったりな額をGET

コレ売ってたら、絶対買っちゃうよーーー
カレンダーの捨てる表紙には見えないでしょ
ちなみにカレンダーの1月のデザインは、趣のある雪景色☃️
表紙よりも、小振りサイズになるけれど、これらの花森氏の作品も、活かし方を考えなきゃ、そのまま故紙にしちゃうのは勿体無いから、飾るだけでない活かし方もこれらじっくりと考えていきたいと思います
楽歩の2017年の抱負は…
主婦力を極めることと、脳性まひの限界を探りながら、ワクワクが止まらない一年を過ごし、そこから得たことを社会に還元していけたらいいなーと思っております

とりあえず、24年目の10年日記に加え、今年から羽仁もと子氏が考案した厳格なる家計簿(2冊)と、献立日記もつけることに致しました
物理的に手がかかる育児期から、この春から高校生になる息子を持つ母親の役割は、とにかく教育費が跳ね上がるので、これまで以上に上手な家計のやりくりと、成長期のお腹を満たしてやることに尽きる気がします(๑•̀ ₃ •́๑)‼
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します❣️

ブログで全文を読む
2016年12月18日 10:16
保存袋のリサイクル革命!【洗ってフリージング】
 ( らぶさんのプロフィール)

食材用保存袋って、多くの主婦の方は、おそらく洗って、乾かして、また再利用されていますよね
えっ?! 使い捨てですって   まさか…

ワタクシ昭和っ子ですので、使い捨てがどうも苦手で
でも乾きが悪い上に、どう頑張ってもキッチンが雑然としてしまいます。
過去、ワタクシも様々な方法を試みてみました
目立たないように、マグネットを使って、冷蔵庫の側面に貼っておくなど試行錯誤を繰り返してきましたが、見た目はクリアできても、肝心のスッキリ乾くという点は、いずれの方法でもクリアできませんでした
友の会のスーパー主婦の方々は、ジッパー袋を破かないように、くるりとひっくり返して、乾いたらまた、ひっくり返すという作業を惜しみなくしておられ、主婦の鑑だと尊敬しますが…
なんせワタクシ…お手手の不器用な脳性まひ者の、一応1種1級というお墨付きの障害者ですので、1回のリサイクルで、2回もひっくり返すとなると、ビリビリに破れ、リサイクルどころではなくなる可能性も大なんですよね
そこで
ひっくり返さず、そのままの状態で洗って、周りだけササッと拭き取ったら、冷凍庫へポイっとしちゃうだけ
思い出したときに、取り出して、水滴が凍った中身をシンクでパッパと落とせばOK
いま一押しのワタクシのオススメ法ですわよ〜〜〜

ブログで全文を読む
2016年12月16日 23:52
スプーンもロボットの時代!?
 ( らぶさんのプロフィール)

ついに「ロボホン」なる携帯も登場したぐらいに、電子機器類の発展には驚くばかりだけれど、

この動画は、単に便利グッズの紹介VTRに留まらず、障害があっても食事は楽しむものであり、障害は克服するべきものではなく、いかに共存しながら、普通の暮らしを楽しんでいくか?を映し出しているとワタクシ爽やかな感動を覚えました

でも...日本ではこういう考え方は、まだまだ浸透していないのよね〜

ブログで全文を読む
2016年12月08日 23:25
新聞紙ってほんまに便利!
 ( らぶさんのプロフィール)

最近、ゴミ箱に新聞紙で折った箱を in するスタイルがお気に入り
フライングタイガーで買った洗面所のゴミ箱
洗面所のゴミって以外と、細かいものや水分を含んだものも多くて、直に捨てるには…リーズナブルなタイガーの商品といえど、庶民には抵抗がございます!
かといって、これにビニールを被せると、せっかくのお気に入りのゴミ箱も台無しに…
そこで�
ジャン

新聞紙で折った箱を in 
見た目もgoodで、ゴミの日もラクちん

そしてキッチンでは…

ホーローのカップに、洗面所よりもひと回り小さいサイズの新聞BOXをセットした生ゴミ入れが、とっても便利なんです

このカップは、観葉植物が入れられていた器なんで、少し大きめ
水分もしっかり含んでくれるし、新聞紙だけで使っても十分なのですが、なんせワタクシ、お手手が不器用な脳性まひ者なもんで、取っ手付きのがっちりしたこのホーローと組み合わせることで、すっごく便利になります(•̀ᴗ•́)و ̑̑ 
ホーローは、ワタクシの好きなテイストなのでテンションも上がりますしね


一家団欒の時や、暇なときに折っておきます
紙なので、こんなにコンパクト

新聞紙も、折り紙も、サイコーに最強なアイテムですぞ〜(*≧艸≦)
BOX以外にも、新聞紙で窓ガラスを拭けばピッカピカだし、野菜も包めるし、4つ折りサイズにカットしておいてギトギトの食器を拭き取るのに使ったり、新聞ってほんまにエエ仕事してくれますよ

ブログで全文を読む
2016年12月08日 23:25
新聞紙ってほんまに便利!
 ( らぶさんのプロフィール)
最近、ゴミ箱に新聞紙で折った箱を in するスタイルがお気に入り
フライングタイガーで買った洗面所のゴミ箱
洗面所のゴミって以外と、細かいものや水分を含んだものも多くて、直に捨てるには…リーズナブルなタイガーの商品といえど、庶民には抵抗がございます!
かといって、これにビニールを被せると、せっかくのお気に入りのゴミ箱も台無しに…
そこで�
ジャン

新聞紙で折った箱を in 
見た目もgoodで、ゴミの日もラクちん

そしてキッチンでは…

ホーローのカップに、洗面所よりもひと回り小さいサイズの新聞BOXをセットした生ゴミ入れが、とっても便利なんです

このカップは、観葉植物が入れられていた器なんで、少し大きめ
水分もしっかり含んでくれるし、新聞紙だけで使っても十分なのですが、なんせワタクシ、お手手が不器用な脳性まひ者なもんで、取っ手付きのがっちりしたこのホーローと組み合わせることで、すっごく便利になります(•̀ᴗ•́)و ̑̑ 
ホーローは、ワタクシの好きなテイストなのでテンションも上がりますしね


一家団欒の時や、暇なときに折っておきます
紙なので、こんなにコンパクト

新聞紙も、折り紙も、サイコーに最強なアイテムですぞ〜(*≧艸≦)
BOX以外にも、新聞紙で窓ガラスを拭けばピッカピカだし、野菜も包めるし、4つ折りサイズにカットしておいてギトギトの食器を拭き取るのに使ったり、新聞ってほんまにエエ仕事してくれますよブログで全文を読む
2016年12月07日 20:51
アンティークとルピシアとバトンドールとドラムと楽歩と♪
 ( らぶさんのプロフィール)

時間術の達人によれば、「目の前のことに集中している限り、忙しくは感じない。だって身体は一つ!」とのことですが、いくら埋め尽くされた予定のことを脳裏から消し去る努力をし、目の前のことに集中しても…
やっぱり、師走ですもの!
忙しいっちゅーねん
日々、全力疾走しながら、さらに強化合宿にでも参加しているぐらいの疲労感が続いております
でも、楽歩は…こんなにクタクタで…昼間ほとんど家にいなくても…
というより、こういうときこそ、模様替えでエネルギーチャージを図りたくなり…
夜更けから、家具の衣替え❣️
【before】

イマドキのメタルラックから、幕末期にタイムスリップしてみました

【after】

そして、リビングの一角にくつろぎのコーナーも、明治維新のイメージでしつらえ、最近の私の寝不足の原因にもなっている超〜お気に入りのコーナーに

昼間だけでなく夜まで、出歩く不良主婦な私の師走は、まだ始まったばかり‼️
ぶっ倒れる訳にはいかないので、ルピシアの紅茶を飲んで疲れを癒し中〜(*≧艸≦)

ルピシア最高香りがたまりません

美味しいお菓子と、家具の衣替え&お片づけのお陰で、なんとか今年いっぱい全力疾走する気力を奪い返したぞい
明後日、福祉系の大学の授業協力で、インタビューを受けることに
ドキドキ
アウェイ感満載の脳性まひの楽歩で、本当に授業に役立つようなインタビューがとれるのか⁈…インタビューされる身でありながら、大学側の不利益をリアルに懸念してしまうワタクシなのですありま〜す
とりあえず明日はドラムのレッスンなので…
熱いビートでテンションを高めてこようと思ってま〜す

ブログで全文を読む
2016年11月29日 22:05
脳性まひの方々たちの前で、初の楽歩トーーク♪♪♪
 ( らぶさんのプロフィール)

enじょいんと様の講演会にお招きいただき、大阪発達総合療育センターで人生を楽しむ極意!〜障害があっても、楽しいものは楽しい!〜の演題で、お話しさせていただきました

 

豪雨の中...

こんな日に限って脳性まひの方々が聞き手の講演会だったので、もしや私一人っきりだったら、完全に“劇団らぶ”やんか… (。・ε・。) …どないすんのよ〜とドキドキしながら会場入りしてみれば...
足元の悪い中でも、たくさんの方々が聞きに来てくださっていました\(^o^)/

親御さんのみで遥々聞きにきてくださったり、小学生のお嬢ちゃんまでも、身を乗り出すようにして耳を傾けて下さり、私自身が有意義な時間を過ごし、幸せいっぱいになりました

 

準備段階でパワポを製作中に、「ラブパワーサイクル」などのスライドの小タイトルに、息子には失笑され、夫にはほんで最後に、パワーストーンとか壷を販売するんやろと突っ込まれる始末...

 

会場が大阪市内だったので、高速の運転だけはどうも苦手な私は、どんな道でも運転と車庫入れが苦手な夫に、本日は運転してもらいまして、ワタクシの講演中は近くのファミレスで待機してもらっておりました。

私たち夫婦は何の違和感も持たず「ファミレス待機案」を、シンプル is ベストな方法だと受けとめていたのですが、会場の駐車場に着いたとき、ふとオカシナことに気がついてしまったのです

《なんで、ここまで来て、妻のトークを聞かないワケ?!》

 

なかなかの豪雨にも関わらず、ファミレスの駐車場に停める自信がないからと、約1km先のファミレスまで、折りたたみの傘を使い徒歩で向おうとする夫に、私は普通はこういう時って、ここまでついて来ていたら、妻のトークを聞くもんちゃうんといいましたら...

そんなん結婚してる時点で、壺を買わされたみたいなもんやのに、もうこれ以上、遠慮しておくですって(≧∇≦)爆〜

 

ワタクシ、壷など一度も販売した覚えはございませんが..........

 

 

 

そんなこんなの楽歩トーークにお付き合いくださった皆さま〜、本当にありがとうございましたッ☆(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

 

ブログで全文を読む
2016年11月25日 10:11
歩くよりはカンタン!私はドラマー♪♪♪
 ( らぶさんのプロフィール)
ただいまのドラムの課題曲【Stand by me】

足のリズムパターンがややこしくなってきて、練習あるのみ
苦戦しているとはいえ、それでもまだ、歩くよりはカンタンだと思える私は何
そういえば、死んだばーちゃんに、『あんたは足が悪いんやさかい、その足が目立たんように、ロングスカート履いて、髪の毛は長う伸ばして、綺麗になびかせて、座ってできるお琴でも習いなさい!』って言われてたケド…
髪はショートカットのワックス固め!(なびいていない…)パンツスタイルばっかりで、そもそもロングスカートを持っていない…ほんでもって楽器は、座ってできるドラムって
おばあちゃんごめんよ
でも、こんな楽歩でも時代のおかげで楽しく生きておりまっす
おばあちゃん、どうか愛想を尽かさず、これからも見守り続けてね
ブログで全文を読む
2016年11月25日 09:36
「障害があっても楽しいもんは楽しい!」講演会の準備♪
 ( らぶさんのプロフィール)

今週末の講演会の準備


人生初の、脳性まひ者の方々が聞き手の講演会なので、なんか畏れ多くてドギマギするけれど、楽歩は楽歩
障害以前に、このキャラは隠しようがナイ!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ジでいくしかないやんジで
ちょうど「ラブパワーサイクル」という項目のスライドを作っているときに息子に覗き見されて、私のキャラを十二分に理解しているであろう息子にも、この見出しに失笑されてしまったーーー
免疫力のある夫でさえ「楽歩の目覚め」というスライドのタイトルに『ますます楽歩力がパワーアップしてるやん!』という突っ込みを受けてしまいました
ほんまにジのままで、大丈夫かしらん⁈ 
覚悟を決めて、愛の爆弾を投下してきますっ

トークは苦手な楽歩の運命やいかに

ブログで全文を読む
2016年11月16日 22:42
しげさんの “京暮らし” から得たもの!
 ( らぶさんのプロフィール)
先人の知恵ってほんまに有難い!さっそく知恵の一部を試してみる


動きにくくなっていた木戸にロウを塗ると... 
日を追うごとに馴染んできて、嘘みたいに、開け閉めが軽くできるようになってくる。魔法だわ
イマドキのスプレーの油は、吹きつけた瞬間は快適でも、日ごとに逆戻りしちゃうのにね
しげさんは、「ロウソクは便利なんでっせ!」と人にプレゼントしたくなる気持ちが、私にもわかってきましたわ
この本によれば京都の人間は、ほかせへん(=捨てられない)質が多いのだとか
私もまさに、その質みたいで…(σ・∀・)σ笑
でも、しげさんの本を読んでから、米のとぎ汁、卵の殻、ぬか...今まで以上に大活躍しそうで、もはやほかせるものは何も見当たらない!!
元々、昭和好きの傾向にあるワタクシは、 しげさんに感化され、今日こんなものを購入しちゃう

洗って、天日干しでよーく乾かしてから…
さっそくイメージしていた使い方を試してみると…

良い水切りラックに

普通のイマドキのものより、しっくりくる感じが、とっても気に入ってまーす
キッチンにも、天然素材のものが私には、とてもほっこりとして、居心地がいいですブログで全文を読む
2016年11月15日 21:28
牛乳パックで仕切り直し☆
 ( らぶさんのプロフィール)

大抵のシステムキッチンの引き出しの間仕切りは、取り外し可能になっているのですが、我が家のものは、取り外せないタイプのようで...。(´д`lll)まじでぇ


備え付けの間仕切りは、無駄が多い上に、仕切り自体の厚みも分厚すぎで、もったいないことだらけ


そんな仕切りを取り外せないなんて...

不親切もエエとこですわ

 

どうせやったら、普通の四角い引き出しの方がどれほど使いやすいか...と、半ば、このゾーンにはサジを投げていたのですが、牛乳パックでさらに仕切ってみることに☆★☆★

 


 

しか〜し

腹立つことに、普通に牛乳パックを縦一辺と底を斜め切りしただけじゃ、高すぎて、引き出しがしまらへんがな。。。


もぉ〜、このシステムキッチンとは、ことごとく相性が合わへんみたいやわ

 

しゃーないので、わくわくさんの(私はノッポさんとゴン太世代なんやけどね!)工作タイムスタート

 

やっぱり仕切るって、ほんま大事やね


たかがこれだけで、ずいぶん作業効率が変わってくるーー


引き出しが閉まる程度に立てているから、すーっとハサミを持てて、超快適〜〜〜

 

たとえツギハギぐちゃぐちゃになってしまっても、テープを貼ってしまえばわからへんし、補強にもなってエエんちゃうやろか〜hahaha〜

 

使いやすくて、丈夫だったら、それで十分だと思います

 

牛乳パックって、本当にいろいろ使えて便利なので、アイディアが浮かべば、すぐに実行できるように、さんまの開きのごとく、牛乳パックを開いた状態でストックさせていま〜す

 

開いた牛乳パックは、簡易のまな板(またはまな板を汚さないための上敷き)としても重宝しますわよ

ブログで全文を読む
2016年11月09日 11:52
ちびちびスタンプは、まとめてポーチ収納に♪
 ( らぶさんのプロフィール)

お手手、不器用なクセにハンコ好きの楽歩

この度、手帳用に、ちびちびスタンプを5つ仕入れる

 

このコアな楽歩コレクションともいうべきハンコのラインナップ、素敵でしょ (*≧艸≦)

 

これら手持ちの化粧ポーチにひとまとめポーチ収納は、超〜便利!⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

 

持ち運びの利便性のみならず、ポーチ収納の魅力は頻繁に出し入れしても、定位置(引き出しの中や棚など)が、乱れずに美しい状態をキープできちゃうところもポイント高いですわლ(❛◡❛✿)ლ

 

ブログで全文を読む
2016年11月07日 11:30
障害者の才覚♪
 ( らぶさんのプロフィール)

今週末、夫は勉強会、息子は勉強に忙しそうだったので、お一人さまで岡崎へ。

 

京都最大級の文具フェスタへ行って、図書館へも立ち寄り、気になっていた超おしゃれなカフェ付きの本屋さんで気ままに時を過ごし、かなり充実したお出かけとなり、充電満タンなワタクシ

 

心でスキップしながら、電動車椅子でブァーンと で、車を止めていた場所まで戻ってくると、運悪く後方に接近車両がありました

 

このままでは車椅子を積み込むためのリフトが出せないため、とりあえず車椅子を乗り捨てて、車を前方へと動かしました


再びワンボックスカーから飛び降りるように降りて、乗り捨てた車椅子を積み込む作業を、「めんどくせぇなぁ〜」と思いつつ、粛々と行っておりましたら、

 

後車にはドライバーが乗ってらっしゃったようで、気が利かなくてごめんなさいと申し訳なさそうに壮年のおばさまが、こちらに歩み寄ってこられた。


最近の私は、障害者の才覚として、丁寧なお礼とともに

 

この人と袖を触れ合ってよかった

と思ってもらえるような、粋なコミュニケーションを心がけております


だけれども、困ったことに脳性まひというのは、目の前の作業を滞りなく完了させることに必死で、到底会話どころではないのでありますが...

 

それではあかんと極力、自分の気持ちや状況、車椅子の操作法などの情報を伝える努力をしておりますのでございます...


たぶん今までの私なら、

 

いいえ、大丈夫ですよ、ご親切にわざわざありがとうございます!

 

と丁寧に応対した後は、一心不乱に車椅子を積み込んで、いつの間にか、おばさまは立ち去っていたパターンだと思うのですが...

 

でも今日の私は、たどたどしいながらも会話をする努力をして、

 

おばさまも熱心に耳を傾けて、

 

なるほどね〜

 

それであなた、いつもこうやってお一人でお出かけになってらっしゃるの?

 

こういうリフトがあると、いいわね! やっぱり お高いのかしら

 

などと、私が車椅子を仕舞い込む間、ずーっと傍らで、私に答える隙をも与えず、黒柳徹子風にまくし立て、最後には満足気に、

 

それじゃ、お気をつけてね

 

と爽やかに、ご自分の運転席にお戻りになられたのでした

 


障害者として大事なのは、その場面でヘルプしてもらえたか否かよりも、気にかけてくださった心を受け止めて、その勇気に感謝し、

 

声をかけてよかったまた次も行動に移してみよう

 

と思ってもらえることだと思い始めた今日この頃

 

 

まさに、楽歩も歩けば棒にあたる!的な出来事でございましたッ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

 

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*

 

ノースカロライナ.comさんへの連載記事が更新されました

今月は視覚障害者ホームから転落事故についてでございます

 

ブログで全文を読む
2016年10月30日 23:48
第4回 LOVE&KEY も無事に開催♪♪♪
 ( らぶさんのプロフィール)

伝えたい想いを15分の持ち時間で発表していく、参加型交流会【LOVE&KEY】の日でございましたッ

 

第4回目の今日も、奈良や大阪、遠路遥々、関東からもお越しくださり、興味深いテーマで、様々な視点から、それぞれの熱い思いを語っていただきました

 

 

本日の発表のラインナップは

 

●私流人生の楽しみ方
●やる気がでるって、どんな時?
●健康でいることの大切さ
●私の電車の乗り方
●自分の時間の作り方
●脳性マヒとの、よりよい接し方

 

        でございましたッ

 

本日も興味深いお話がたくさん飛び出して、あっという間に終了となってしまいましたッ(*≧艸≦)

 

初参加の方以外は、その場のくじ引きで発表者を決める!という、これまた過酷なルールで運営しておりまして、今回は、ハズレくじを引き当てた私は、発表せずに司会進行役のみで済みましたが、発表する度に、こんなに伝えたがっているのに全然まとまらへん あーぁ、あたし全然あかんわー ほんまトークは苦手だと心からため息がでちゃうものですが、実はそういうジレンマこそが、一種の筋肉痛と同じ役割を果たしてくれているのではないかしら
障害があっても上手に生き抜くために、きっと必要不可欠なスキルなのではないかしら...との想いから、この会を主催しております(^-^)/


この度も、新たにみなさまとお目にかかれて、またちょっと自分の視野が広がったような気が致します

 

本当に、ありがとうございました

もちろんリピーターは大歓迎
健常者の方でもご参加いただけますので、お気軽にお試しくださいね

それでは、
またのご参加を、心よりお待ちしておりますわ

 

今日も遠方から、ご参加くださった皆さま方、ありがとうございました

 

またお会いいたしましょうね

ブログで全文を読む
2016年10月27日 13:52
TED:メイスーン・ザイード: 私には99の問題がある―脳性まひは、その1つに過ぎない
 ( らぶさんのプロフィール)

以前にも、この動画はご紹介しましたね

 

アラブ系アメリカ人のコメディアンであり、私と同じアテトーゼ型の脳性まひの彼女が、優美さとウィットで自身の目まぐるしい半生を語る、あの有名なプレゼンテーション・TEDです

 


この度、翻訳を手に入れたので、再投稿しま〜す

 

ワールドビジョンで見渡せば、こういう飛んでる障害者もいらっしゃるという事実は、楽歩のなによりの起爆剤であり、とても高揚しちゃいます

 

それでは、英語が苦手な方も、

私は脳性まひで、いつも震えていますと茶目っ気たっぷりに語り出す、メイスーン・ザイードの世界を、じっくりとお楽しみ下さい

 

 

 

こんにちは TEDWomenの皆さん! (喝采)

 

声が小さいですね。 こんにちは TEDWomenの皆さん! (大きな喝采)

 

私は、メイスーン・ザイードです。 酔っ払いではありません。

私を取り上げてくれたお医者さんは、そうだったようで、母のお腹に6回もメスを入れ、それも、それぞれ違う方向に切ったものだから、かわいそうな私は、お腹の中で酸欠状態になって、脳性まひを抱えることになりました。

お蔭で、ずっと震えています。 ほらね、疲れますよ。

歌姫シャキーラのベリーダンスと ボクサーのモハメド・アリを、

同時にやってる感じですから(笑)

 

脳性まひ(C.P.)は 遺伝でも、出生異常でもなく、感染もしません。

誰かが母の子宮に、呪いをかけたわけでも、両親がいとこ同士だったからでもないんです。まあ、いとこ同士ですけどね (笑)

 

脳性まひは、事故で起こるものなんです。ちょうど、私が生まれたときのように、最初にお断りしておきます。私に「感動」を求めないでください。皆さんも 私のことを 気の毒に思う必要はありません。というのも、長い人生、誰しも障害者になることを夢見ることもあるからです。

 

例えば、こんなときです。クリスマス・イブにショッピングモールに来て、駐車スペースを探して、あなたは駐車場を回っています。

そこで目に入ったのは 障害者用駐車スペース16台分。 あなたは、こう思うでしょう 「あー 神様 私に少しだけ障害をお与えください」 (笑)

それから、私は99個の問題を抱えていて、脳性まひは、その1つに過ぎません。もし 「世間の風当たりが、強い人選手権」があったら、金メダルが取れますね。

 

私は、パレスチナ人のイスラム教徒で、女性の障害者、さらにニュージャージー州在住 ときています (笑)(拍手)

自分はマシだと思えるでしょう。自信を持ってください。ニュージャージー州 クリフサイド・パークが地元で、本当に嬉しく思っているのは、地元と私の抱える苦難が同じイニシャル「C.P.」(脳性まひ)ということです。 それと、やろうと思えば、自宅から ニューヨーク市まで歩いて行けるのも最高です。

脳性まひがある人は たいていは歩かないのですが、私の両親は、そもそも 「できない」ことはないと信じていて、父の口癖は 「お前はできる 絶対にデキできる」でした (笑)

ですから、姉3人がモップがけをしていたら、私もモップがけをし、姉たちが公立学校に行けば、両親は、学校制度を訴えてでも、私を公立学校に行かせようとしたでしょう。オールAを取らなければ、全員が母にスリッパで、ひっぱたかれました (笑)

 

5歳のとき、父が歩き方を教えてくれました。父の足の上に、私のかかとをのせて、ただ歩くだけです。もう1つ 父が使った戦術は、私の前に1ドル札をぶらさげて、追っかけさせることです (笑)

私の内なるストリッパー精神は、とても強くて― (笑)

幼稚園の初日には、王者の風格で歩いていました。ぼこぼこに殴られた王者のように 子どもの頃、町にはアラブ人は6人だけで、それも全員が私の家族でした。

今やアラブ人は 20人になりましたが 全員が私の家族です(笑)

私たちがイタリア系でないことに、誰も気付いてないようです (笑)(拍手)

これは9・11テロ以前の話で、政治家がこぞって 「イスラム教徒は嫌いだ」を 選挙スローガンにする前のことです。一緒に育ってきた人たちは、私の宗教は気にしていませんでした。ただ、とても心配されたのは、ラマダンのとき私が餓死しないかということでした。いつも言っていたのは、私はたっぷり脂肪があって、丸3ヶ月は何も食べなくても、平気だから夜明けから日没までの断食なんて、お茶の子さいさいだ。ということです。

 

私はブロードウェイで、タップダンスを踊ったこともあります。 そうブロードウェイです。すごいでしょう(拍手)

両親は理学療法の費用を、ねん出できず、代わりに私を、ダンススクールに行かせたのです。ヒールでダンスできれば、当然ヒールで歩けますからね。私はジャージー出身で 流行に敏感ですので、友だちがヒールを履いていれば、私も履きました。

友だちが、夏休みをジャージー海岸で過ごせば、私は海岸では過ごしませんでした。

私が夏を過ごしたのは、紛争地帯です。というのも両親は―

もし毎夏、パレスチナに行かなければ、私たち姉妹はマドンナになってしまう...と恐れたからです (笑) 夏休みには、たいてい父が私の病を治そうと奮闘し、私は鹿のミルクを飲み、背中にカッピングをし、死海につかりました。当時、水が目に染みてヒリヒリし 「効いてる 効いてる」と 思ったのを覚えています (笑)

でも、私たちが見つけた魔法の治療法は、ヨガでした。言っておきますが とても退屈です。でも ヨガを始める前は立っていられない、スタンドアップ・コメディアンだった私が、今は逆立ちも、できるようになりました。

両親のお蔭で、私は何でもでき、叶えられない夢はないと確信しました。

私の夢は、昼ドラ『ジェネラル・ホスピタル』に出演することでした。

差別是正措置の恩恵を受け、大学に進学し、アリゾナ州立大学(ASU)から、結構な奨学金ももらいました。 私は、優遇対象の全条件に当てはまったからです。私は、演劇学部のペット キツネザルのようで、皆に好かれていました。勉強が苦手な子の宿題も、一手に引き受け、私がオールAだったばかりか、助けてあげた子たちも、オールAでした。

私が 『ガラスの動物園』の シーンを演じるたび、教授たちは涙しました。

でも、私が役をもらうことはありませんでした。ついに4年生のとき、大学で 『ジャクソンでは皆、ゆっくり踊る』 という演劇をすることになりました。脳性まひの女の子に関する劇です。 私は、まさに脳性まひの女の子なので、もう大騒ぎしました。「ついに私も役がもらえるわ。脳性まひだもの。ついに自由よ!ついに自由よ!全能の神よ。私もついに自由です!」と、役はもらえませんでした(笑)

シェリー・ブラウンが、その役をすることになりました。私は、演劇学部の学部長のところに駆けつけ、誰かに飼い猫を撃たれたかのように、半狂乱で叫びながら理由を問い質しました。学部長が言うには、私がスタントをできないと思ったからだと。私は食い下がりました。「私ができないんだったら そのキャラクターもできないはずよ」 (笑)(拍手)

私は、この役のために生まれてきた。と言っても過言ではないのに、その役を脳性まひでない子が演じるなんて...大学生活は人生の縮図でした。

ハリウッドでも、健常者の俳優が、障害者を演じるという浅ましい歴史が繰り返されています。

 

卒業後、私は地元に戻りました。初めての女優の仕事は、昼ドラのエキストラの役でした。夢が叶いつつありました、というのも 私は確信していたからです。すぐに「食事客、その2」から「変わり者の親友」に格上げされると。

でも実際は、背景の一部のまま、頭の後ろしか映ることはありませんでした。それで分かったのは、キャスティング責任者は、地に足のつかない、よそ者の障害者なんて使わないのです。完ぺきな人たちしか雇わないんです。

でも、例外がありました。子どもの頃よく見た、ウーピー・ゴールドバーグ ロザンヌ・バーやエレン・デジェネレス、これらの女性に共通していることがあります。 皆 コメディアンだったのです。ですから、私もコメディアンになりました。(笑)(拍手)

 

初めての仕事は、ニューヨーク市の有名なコメディアンの方々を、ニュージャージーに 車でお連れすることでした。最初にお連れしたコメディアンが、ニュージャージー高速道路を、脳性まひの小娘の運転で走っていると気づいたときの、 顔ったらありませんでした。

私は、アメリカ全土のクラブでショーを行い、中東でもアラビア語で行いました。いつも通りヒジャブも、放送禁止用語もおかまいなしに、私が、アラブ世界初のスタンドアップ・コメディアンという人もいます。

自ら一番を名乗るつもりはありませんが、女性はつまらないという、例のヒドい噂は知らないようですね。私たちのショーで死ぬほど笑っているのですから。

2003年に、私の腹心の友であるディーン・オベイダラと、私が立ち上げた― ニューヨーク・アラブ系 米国人コメディーフェスティバルは、今年で10年目を迎えました。 私たちの目標は、メディアにおけるアラブ系アメリカ人のネガティブなイメージを変えることです。同時にキャスティング担当者に、南アジア人とアラブ人は、違うことを教える目的もあります (笑)

アラブ人を「普通」にすることは、とっても簡単なことです。

障害者に押された烙印を考えたら、何てことありません。私は2010年に ブレイクし ケーブルテレビのニュース番組に、ゲスト出演しました。

『カウントダウン・ウィズ・キース・オルバーマン』です。

まるでプロムに行くような出で立ちで、会場入りすると、スタジオに連れて行かれました。コロコロ動くキャスター付きの椅子に座らされたので、ディレクターにこう目配せしました。「すみません 別の椅子もらえます?」 彼女は目が合うと 「5、4、3、2・・・」とカウントを始め、そのまま生放送に入りました。 私は前の机に、しがみつかざるを得ませんでした。生放送中に画面から転がり出て行くなんて、ありえませんから!

インタビューが終わる頃には、私は顔面蒼白でした。やっと来たチャンスを台無しにしてしまい、もう招待されることはないだろうと思いました。

でもオルバーマン氏は、また招待してくれただけでなく、レギュラー出演までさせてくれ 椅子も固定してくれました (笑)(拍手)

キース・オルバーマンと一緒に番組をして、面白いことを学びました。

ネット上では、人間はクズになるということです。子どもは残酷だと言いますが、私は、子どものころから一度も、からかわれたことはありません。でも、ネット上では 私の障害が、かっこうの餌食になりました。オンラインで、ビデオクリップがあれば こんなコメントが書かれています。 「おい こいつはヤク中か?」 「おい こいつは知恵遅れか?」

お気に入りは 「ガンビー人形の口したテロリストだ。かわいそう なぜ苦しんでいるの? 皆さん、彼女のために祈りましょう」

 

こんな提案もありました。私の経歴に、障害のことも追加したらどうかというのです 「脚本家、コメディアン、脳性まひ」とね。障害は、肌の色と同じくらい見てすぐ分かるものです。車いすの人が、ビヨンセの真似ができないなら、ビヨンセは、車いすの人の真似をできません。障害者は、最大の― はい ここで拍手をお願いしますよ。 (拍手) 障害のある人たちは、世界最大のマイノリティーですが、エンターテイメント界では、一番それが反映されていません。

お医者さんは、私は歩けないと言ったけれど、私は、こうして皆さんの前にいます。でも、ソーシャルメディアの時代に育っていたら、きっと、こうは行かなかったでしょう。皆さんと一緒に、メディアや日々の生活における障害者のイメージを、もっと良くして行ければと思います。ポジティブなイメージがあれば、ひょっとしたらネット上で憎悪の対象とされることも、減るかもしれません。難しいでしょうかね。一人の子どもを育てるには、村全体が協力しなければならないでしょうね。今まで山あり谷ありの道を、歩んできたお蔭で素敵な経験ができました。

レッドカーペットも歩きました。しかも、昼ドラ女王 スーザン・ルッチ 伝説のロレイン・アーバスと共にです。アダム・サンドラーと映画で共演できましたし、私のアイドルの― 素晴らしいデイヴ・マシューズとも共演しました。立役者として、世界ツアー 『アラブ・ゴーン・ワイルド』も敢行し、2008年民主党全国委員会では、ニュージャージー州の代表を務めました。

 

「メイスーンの子どもたち(Maysoon's Kids)」という慈善団体を設立し、パレスチナの難民の子どもたちに、私の両親がくれたようなチャンスを与える活動をしています。 でも、これまでで 一番素晴らしい瞬間というのは、もちろん、このステージを除いてですが― (笑)(拍手)―

一番素晴らしい瞬間は、蝶のように舞い、蜂のようにさす人のために、ショーをしたときです。そう パーキンソン病で私と同じように震える― モハメド・アリです (拍手)あのときだけは、私の父もライブショーを見に来てくれました。

 

私はこのトークを、父の思い出に捧げます。 (アラビア語)

 

私は、メイスーン・ザイード。 私ができるなら あなたも、できる (拍手)

 

ブログで全文を読む
2016年10月23日 12:45
☆キッチンに“ナルちゃんバッグ”☆
 ( らぶさんのプロフィール)

“ナルちゃんバッグ”とは...

皇太子「徳仁親王」が子どもの頃、お出かけバッグとしてお使いだったことから、“ナルちゃんバッグ”と呼ばれるようになったらしいです

 

今さら、持つに持てなくなったお年頃

 

でも捨てるに捨てられない、この“ナルちゃんバッグ”を、野菜ストッカーとして使ってみることに

この昭和感がたまらん!ええわ〜

ブログで全文を読む
2016年10月22日 14:56
“暮しの手帖”のある暮らし♪
 ( らぶさんのプロフィール)

キャーー!暮しの手帖 増刊号☆と思いきや...
 

 

これは、4世紀83号の暮しの手帖に付いていた付録のレプリカです

 


レプリカだろうとなんだろうと、花森安治の作品にかわりはない

 

だからセリアでインテリアイーゼルをわざわざ買って飾ってみる。

 

あたかも増刊号から読んでます的な愛読者の雰囲気を醸し出して、リビングの一角で楽しんでおります

ブログで全文を読む
2016年10月21日 13:56
めんどくさがり屋の夫と、片付け魔の妻との戦い
 ( らぶさんのプロフィール)

空中戦が勝負だと言われる、日々舞い込むダイレクトメールなどの郵便物


家族もちゃんと、その日のうちに処理してくれるなら、食卓の上や、キャビネットに仮置きしてもいいけれど、うちの夫は、超ズボラ!ぜったいムリです!そんな理想論は机上の空論もいいところ


そんなん郵便物の雪崩がおきても、まだまだ平気な人なので(もちろん私はダメな人!)、連絡帳方式をこの度、採用してみました〜

 

そこで、息子が小さいころ、絵本を立て掛けるのに使ってた、マガジンラックを、物置から引っ張り出し、テレビの隙間に置いて、読みかけの雑誌や、この夫のための連絡帳を差し込んでみました〜〜

 

 

連絡帳の中にハサミも入れておいてあげると、なお便利ですね☆

 

後ろの通路側はこんな感じ

 

めんどくさがり屋さんには、なるべく視覚に入るところに置きつつ、かつ片付けたがり屋さんの視覚の邪魔にもならない妥協点を見つけることですね

ブログで全文を読む
2016年10月20日 11:56
リビングにもよくあう無印良品のセロテープ台♪
 ( らぶさんのプロフィール)

無印良品のセロテープカッター♪♪♪


デザイン的にも良いし、程よい重量感で片手でも、スー、ピタッ、っとカットできて良いです。

 

100均で売られている可愛い柄のテープ用に、もう一台買い足しました。

 

リビングにも、文房具類は欠かせませんものね(*≧艸≦)

 

書斎ちっくにならないように、見せ方にちょっとだけ気をつかいます!

 

決して見せる収納が得意なわけではないのだけれど、見た目だけではなく、使い易さも考慮した収納にしようとすると、どうしても生活感がでちゃうのはやむを得ないですケド、脳性まひのアドバイザー楽歩は、果敢にもそこに挑み、日々、試行錯誤を繰り返しているところでーす

ブログで全文を読む

iness+ お薬 検索

お薬を調べる